Ranq logo


勉強には休憩を挟もう!~集中を持続させ、短い時間で勉強を終わらせる!~

Thumb view img 7535
Thumb view img 7535
ヒデキ

ステータス:レッド

1
1463View

みなさんこんにちは!現役東大生のヒデキです!

受験勉強をしようと思っても、集中力がすぐ切れてしまって、

ぜんぜん進まなーい!

・・・なんてこと、あなたもありませんか?

 

自分も、大学受験に本腰を入れ始めたころは、本格的に勉強するのが高校受験以来で、

二年近くもブランクがあったものですから、最初のころはわりとすぐ集中が切れてしまって、

(こんなんで受験どうにかなるのか・・・?)と思っていました。

 

ですが、勉強はただ闇雲にぶっとおしでやるよりも、戦略的に休憩をはさんでいったほうが集中が続きます!

ということで、今回はその方法を解説します(^-^)

1 基本は50分勉強して、10分休む。

勉強は、ひたすらずーっと10時間もぶっとおしでやっていると、

最初の2時間を過ぎたあたりで、集中力がガクっと下がってしまうものですが、

 

ガソリン切れを起こす前に、適度に休憩をはさむことによって、集中を持続させることができます!

 

基本は、高校の授業のように、『50分の勉強をしたら10分休む』

というのがよいでしょう。

 

ただ、この時間には諸説あって、

『90分やって10分休憩するのがいい』だとか、『120分やって20分休憩するのがいい』だとかいう人もいます。

このあたりは、あなたの好みである程度変えてオッケーです!

2 時間はタイマーで計ろう!

時間はタイマーで計りましょう。

 

スマホを持っているなら、最初からタイマーが入っていると思います。

なければ、台所からキッチンタイマーをさっと借りてくるか、それでもなければ、百均で買ってきましょう!

3 『休憩時間10分』を守ろう。

この方法を実践するにあたって、何よりも大事な点は

 

休憩時間10分をしっかりと守ることです。

 

とても大事なことなのでもう一度言います。

 

休憩時間10分をしっかりと守ることです。

 

 

友達にラインを返したら話が弾んでしまい、30分経ってしまった・・・

休憩時間にちょこっとやったスマホゲーが楽しくて、ついつい勉強そっちのけでやってしまい、気づいたら2時間経ってた・・・

なんてことになってしまったら本末転倒です。

 

休憩時間終わりのタイマーが鳴ったら、即!勉強に戻るよう徹底しましょう!

4 休憩のあとは勉強する科目を変える

例えば、一日中ずーーーっと英語の長文問題を解き続けていたり、

一日中ずーーーっと世界史の単語の暗記をしていたりすると、

3時間くらいたったあたりから頭がオーバーヒートしたかのように疲れてしまい、集中できなくなってしまいます。

 

ところが!

 

勉強する科目を変えることで、これを防ぐことができるんですね。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!↓

現役の東大生が教える!勉強の集中力を保つには、科目をちょこちょこ変えよう!

5 「もうちょいやりたいんだけど・・・」と感じたら最高

時間がきて、休憩時間に入るときに

「もうちょい、あと少し、ここまで終わらせたいんだけど・・・」と感じたとしたら最高です!

 

今から休憩に入るわけですが、あなたの感じた(もうちょい勉強したいな・・・)という気持ちは消えないように意識しておいてください。

 

(う~ん区切りが悪いなぁ。すっきりしない。モヤモヤする勉強やりたい)という気持ちがあれば、休憩が終わったあと勉強を再開するときの心理的ハードルが圧倒的に低くなります。

 

まったく抵抗を感じることなく!

まったく『ダルい』『めんどくさい』

などと感じることなく!

 

スッと勉強を再開できることでしょう。

 

勉強は『始めてしまえばなんとかなるけど、始めるまでが気分が乗らなくて大変・・・』

みたいなところもありますので、

最初のところで障壁を感じずに済むのは極めて大きいメリットです。

 

 

この(勉強したいなぁ~)という気持ちを感じる経験を積むのは

やがて、『勉強が楽しい』と思える感覚を手に入れることにもつながります!

 

『勉強が楽しい』と思える感覚を手に入れることが、実は、成績をグンと伸ばす一番の方法なんですよ!

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/17/image.jpeg

勉強を楽しいと思うためには?~ゲームみたいに楽しいのが一番!~

 

 

 

以上、勉強の集中を持続させる休憩のとりかたの解説をしました!

あなたも、ぜひ早速やってみてください!

Thumb view img 7535

ヒデキ

東京大学の二年生。文科二類
現役のときから東大模試でA判定をとるも、
本番で0.2点足りず、もう一年、受験生をやることに。(悔しかった!)

そこからさらに力をつけ、秋の東大オープンで、文科二類を志願する1000人強の中で9位をとり
2016年に無事合格、晴れて東大生に。

今でもテスト期間に使っている私の勉強法を凝縮した本は
↓こちらからチェック!↓