任天堂の株価が急激に伸びている「2017年上半期」

Ttip4o9j
Ttip4o9j
みなもゆきひろ

ステータス:レッド

3
1363View

任天堂の株価が2017年6月26日時点で39,000の大台に乗り、凄まじい上昇の伸びを見せています。

これは2016年度のポケモンGOブームの熱狂以上というと実感が湧いてくルノではないでしょうか。

なぜここまで任天堂の株価が持ち上がったのか、時系列を追って見ましょう。

1 ニンテンドースイッチ発売前後

任天堂スイッチは3月3日に発売されました。

発売前の冬季には様々な情報がリークされましたが、ネット上での反応はイマイチ芳しくはありませんでした。

それも携帯式と据え置き機の利点を兼ね備えた構造がまだ受け入れられてなかったのが原因です。

12月からだんだん情報が増えるに従ってスイッチへの期待度は下がり、株価もそれに伴い勢いが低下しました。

 

さてここから3月に入り発売後、爆発的な上昇を見せます。

2 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドが空前の大ブームに

 

スイッチと同日3月3日にゼルダの伝説ブレスオブザワイルドが発売しました。

前情報ではこのような意見が多かったです。

・オープンワールドではゼルダの伝説の謎解き要素や面白い部分が消えてしまうのではないか

・任天堂にオープンワールドゲーが作れるのか不安

・FFの二の舞になる

ネット上ではこうした人の目を惹く批判記事ばかりが目に月ましたが、発売後は凄まじい勢いで手のひら返しが始まりました。

 

既存のオープンワールドとは違ったオープンワールドの革命、開発に様々な工夫を凝らした点など様々な点に注目が集められました。

これまでのオープンワールドゲームではメインストーリーとサブストーリーからなる構造(いわゆるお使いゲー)

この度重なるミッションに疲れ果てるユーザーが多い点が問題視され、ゼルダ新作では根本から変えて冒険や探検要素をより強調していきました。

 

その結果、全世界で爆売れ。ニンテンドースイッチが品薄になると共に株価もじわじわと上昇していきました。

3 任天堂E3 2017での発表

2017年6月14日にE3で期待の新作が発表されました。

E3への期待が高まるにつれ任天堂の株価が上がり、発表後も二週間ほど伸び続ける異例の好況となりました。

・メトロイド プライム4

・スーパーマリオ オデッセイ

・ポケットモンスターの新作

などなど、これまでファンに待望されてきたシリーズがたくさん発表されることに。

 

さらに7月下旬にはスプラトゥーン2や、2018年にオープンワールド化したモンスターハンター新作が出ることに

ビッグタイトルが勢揃いしたことにより任天堂の株価が更なる上昇を見せました。

4 任天堂のこれから

40,000円に迫る勢いの株価。

任天堂の株価がここまで上昇するのは2007年のWii発売以来です。

Wiiではファミリー層を丸ごと取り込むための販売戦略を取ったことにより業績を伸ばしました。

ニンテンドースイッチではおそらくDS以上のソーシャル性、シェアリング性を重視しつつ質の高いソフトを選び抜いています。

ソーシャル性を向上するにはソフトを乱立させるのではなく絞った方が、よりユーザー数を獲得し向上させ易いのでしょう。

任天堂の販売戦略がこれからどう変化するか、そしてWii発売当時の勢いに迫るのか。

非常に気になるところです。

Ttip4o9j

みなもゆきひろ