ワキガの手術が怖い 手術した方がいいの?

Dsc 0122 2
Dsc 0122 2
Gains

ステータス:レッド

0
161View

 

自分は臭いと思われてるのかな?人と会うときにやっぱり自分の臭いが気になるな。

ワキガの手術をしたいけど、怖い。どうすればいいの?

そんなときはミラドライという選択肢があります。

ワキガの手術は怖いけど、ワキガをやっぱり何とかしたいと思っているあなたは、是非この先を読んでみてください。

 

↓ミラドライのボンボンで無料カウンセリングを受けてみる(ここをクリック)

ミラドライのボンボン

1 そもそもワキガってどんな状態なの?

汗を出す汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺は全身にある汗腺で、主に体温調節のためにあります。一方、アポクリン腺は脇の下や陰部などの限られた部分にしかありません。

アポクリン腺は動物にとっての仲間である事の確認や、異性を惹きつけるフェロモンのような役割を持っていると言われています。

ワキガで臭いに悩まされるのは、アポクリン腺から出る汗が原因です。アポクリン腺から分泌される汗には皮脂が含まれていて、この皮脂を皮膚にいる細菌が分解する事によって臭いが発生します。

ワキガには遺伝性が認められており、親がワキガであると子もワキガになる可能性が高くなる事が確認されています。

2 ワキガの手術って怖いの?

ワキガの手術にも色んな種類がありますが、脇の下を切開してアポクリン腺を直接取ってしまう皮弁法という手術が最も効果が高いと言われています。

ワキガの手術をした後には血腫ができる事があります。ほとんどの場合は血腫ができてもそのまま様子を見ても大丈夫なのですが、大きな血腫ができた場合は皮膚壊死を起こしてしまう事があるので注意が必要です。

また、痩せていて脂肪が少ない人の場合は拘縮という皮膚が弾力を失って関節を動かしにくくなる状態になる事があります。

中にはケロイドが生じる人もいて、ケロイドが生じた場合は再度手術をする必要があります。

手術後に痛みがあるかどうかは個人差によるところが大きく、手術後の痛みをあまり感じない人もいれば、手術後数日は痛みに悩まされる人もいます。

やはりワキガの手術は怖いですよね?でも、多少の痛みは残りますが、手術後の経過が順調に進む場合がほとんどのようなので、そこまで心配する必要はないように思います。

3 ワキガの手術が怖いと思ったときの判断基準

ワキガの手術が怖いと思ったときは、次の事を考えて手術するかしないかを決めるとよいと思います。

まずは、ワキガ用のスプレーなどで対策できる程度のワキガであれば、様子を見てみるというのも一つの選択肢です。自分でも臭いがかなり気になり、周囲の目線も気になるようであれば、手術を検討してもいいかもしれません。

次は、自分がケロイド体質かどうかです。怪我をしたときになかなか治らなかったり、ケロイドになってしまうような経験をしている人は、ワキガの手術には慎重になった方がいいです。

また、ケロイドはアレルギー疾患を持つ人に発生する確率が高いので、アレルギー体質の人は注意が必要です。

手術を怖いと思うのはみんな同じですが、手術をする事によってのリスクは人それぞれ異なります。

もちろん最終的には手術をする医師にきちんとリスクを説明してもらって手術を受けるかどうか決める事が必要なのは言うまでもありませんが、自分のワキガの臭いがどの程度気になるか、痛みを感じやすい体質かどうか、ケロイドができやすい体質かどうか(アレルギー疾患があるかどうか)を基準に考えてみるのがよいと思います。

4 ワキガの手術後に再発する事はあるの?

ワキガの手術は、アポクリン腺を除去するのが一般的ですが、アポクリン腺を全て除去してしまえば、再発する事はありません。

ただ、全てのアポクリン腺を除去すると傷跡が大きくなるため、傷跡を小さくするために切開する部分を小さくしようとしてアポクリン腺を取り残す事があります。

そうすると、取り残されたアポクリン腺から皮脂が分泌されるので、臭いが消えないという事になってしまいます。

つまり、ワキガの手術をしたのに再発をするという事は、アポクリン腺の取り残しがあるという事です。

そして、アポクリン腺の取り残しは少なくないようです。ただ、これは傷跡の大きさを気にしないので確実に全てのアポクリン腺を取り除いて欲しいと医師にお願いする事で、ある程度は防げると思います。

5 ワキガの手術が怖い場合はミラドライという選択肢も

ミラドライというのを聞いた事があるでしょうか?ミラドライとは、ワキガ治療を行う事ができる機器の事で、マイクロ波を汗腺に当てて汗腺を破壊する事によってワキガを治療します。

ミラドライによって照射されるマイクロ波は、皮膚の下にある皮下組織によって反射されるため、汗腺が存在する真皮深層で効果的に汗腺を破壊する事ができます。

マイクロ波の照射によって汗腺を破壊する仕組みのため、手術痕は残らないし、ダウンタイムも1日~2日程度というメリットがあります。シャワーも翌日から浴びる事ができます。

手術時間も片側30分程度なので、手術の半分程度の時間で治療が済みます。

6 ミラドライにはデメリットも

こう書くとミラドライは夢のような治療法に思えるかもしれませんが、もちろんデメリットもあります。

人によってはしびれが数ヶ月続く人もいますし、1週間~4週間しこりができてしまう人もいます。

また、汗腺を物理的に取り除く訳ではないので、マイクロ波の照射によって全ての汗腺を破壊できずに臭いが再発してしまう事もあります。

ここはマイクロ波を照射するという治療の特性と、ミラドライを扱う医師の技量不足によるところが大きいようです。

とは言え、切開をせずにワキガを治療できるメリットは大きいです。手術が怖いという人は、ミラドライも検討してみてもいいと思います。

7 ミラドライで治療するならボンボンがおすすめ

ミラドライでワキガの治療をしてみたい場合は、ボンボンでの治療がおすすめです。

丁寧なカウンセリングが評判なので、まずは無料カウンセリングを受けてみるのがよいです。

→ミラドライのボンボンの無料カウンセリングを予約する

料金も、ミラドライ特別限定プランは169,800円と明示されています。

※オプション料金は次の通りです

・ダブル照射 +75,000円

・トリプル照射 +95,000円

・ミラドライネクスト(照射を広範囲に行うもの) +95,000円

これらの金額が明示されていて、診察代や消耗品代が別途請求される事はありません。

8 ミラドライのボンボンの悪い口コミ・評判

・20代女性

施術を受けてからすぐは臭いがなくなりましたが、徐々に臭いがもとに戻ってしまいました。施術を受ける前に比べるとよくなってはいますが、金額を考えるとこの効果ではちょっと物足りなさを感じました。カウンセリングや先生の説明は丁寧で安心できるものでした。

・30代女性

メールで問い合わせをしても返事がありませんでした。LINEで連絡したらすぐ返事が来ましたが、メールアドレスでも問い合わせを受けているのであれば、きちんと対応をして欲しかったです。施術後は内出血もあり、痛みもありで夜眠れませんでした。

・40代女性

ネクストにしなかったのもあるのだと思いますが、汗腺全部に照射されていないようで、電車の中とかではやはり臭いが気になってしまいます。私の場合は麻酔が切れた後の痛みも結構あったので辛かったです。普通の手術は受けた事がないので分かりませんが、効果はやはり普通の手術の方が上のようです。

 

9 ミラドライのボンボンの良い口コミ・評判

・30代女性

施術のときは、麻酔を打つときにちくっとしたくらいで、その後は全く痛みがありませんでした。施術後は麻酔が切れると痛くなりましたが、翌日にはほとんど痛みもなくなりました。内出血防止シートのおかげで、内出血も少しですみました。施術後は臭いがまったくなくなり、電車やミーティングでも気にせずに過ごせるようになりました。

・30代女性

夏になると自分の臭いで憂鬱になるのですが、それがなくなくなりました。みんなとどこかに行っても常に自分の臭いが気になって何をやっても楽しめなかったのに、今はそんな事何一つ気にしなくてよくなりました。施術後は大きなしこりができて、思うように手を動かせませんでしたが、1週間くらいでよくなりました。

・40代女性

良い口コミが多かったのでここにしましたが、スタッフの方の説明も丁寧で、先生も分からない事に時間をかけて説明してくださいました。みなさん親切で、口コミ通りでした。施術後すぐに汗も臭いもなくなりました。2時間でこんなに変わるなんで、今まで悩んでいたのがうそのようです。みなさんにおすすめしたいです。

10 ミラドライのボンボン施術の流れ

 

カウンセリング

汗の量や臭いがどのくらいで、どのような悩みがあるのか、また、治療がどのようなものなのか、施術の流れはどのようなものなのかを専門のカウンセラーから詳しく説明してもらえます。

施術範囲のマーキング

脇の下のサイズ、発汗する場所を参考に個々人に適した位置にマーキングをしてマイクロ波をどこに照射するのかを決めます。

麻酔

麻酔テープを使用して麻酔の注射の痛みを和らげる処置をした後に麻酔の注射を複数ヵ所に打ちます。麻酔テープで事前の麻酔をしてあるので、麻酔注射の痛みも緩和されます。

照射

マーキングしたヵ所にマイクロ波を照射します。ミラドライには冷却機能がついているのと、麻酔措置をしているので、マイクロ波の照射中に痛みを感じる事はまずありません。

冷却

マイクロ波照射の後は冷却して痛みをとります。照射の翌日も痛みが出る事があるので、保冷剤を使用して痛みを緩和します。

11 以前皮弁法の手術をうけたけどミラドライの施術は受けられるの?

皮弁法の手術を受けても、アポクリン腺が残っている場合があります。皮弁法ではアポクリン腺を外科的に取り除くのに対し、ミラドライはマイクロ波の照射によって汗腺を破壊します。

つまり、皮弁法の手術を受けたにもかかわらずアポクリン腺の切除が不十分な場合は、ミラドライの施術によって、臭いが発生しない状態にする事ができます。

12 ワキガの手術が怖い場合にどうしたらいいかのまとめ

 

まず、制汗剤で何とかなる場合は制汗剤で様子を見てみるのもいいと思います。手術やミラドライにはそれなりの費用がかかるからです。

制汗剤で何とかするのが難しいレベルで悩んでいる場合は、皮弁法での手術かミラドライを検討する事になります。

手術は大きな傷跡を覚悟すればアポクリン腺を全て取り除けるので、臭いが全く気にならなくなる可能性が高いです。

ただ、皮弁法による手術を受けても、アポクリン腺の取り残しがあると臭いが再発してしまいます。

手術の直後は血腫ができたり拘縮の状態が発生したりする事があり、不安に思う気持ちは分かりますが、ほとんどの場合は自然ともとに戻るので、そこまで心配する必要はないと思います。

外科的に切開するのに抵抗がある人はミラドライを選択するのがよいです。

ミラドライは切開をしないため傷跡が残らないですし、手術に比べてダウンタイムも短くて済みます。

ただし、マイクロ波によって汗腺を完全に破壊できなかった場合には、臭いが再発してしまう事があります。

自分の今の状態に合いそうなもの選択して、是非臭いで周囲に気をつかう生活から解放されてくださいね。

 

↓ミラドライのボンボンで無料カウンセリングを受けてみる(ここをクリック)

ミラドライのボンボン

Dsc 0122 2

Gains

健康美容を中心に痒いとことに手が届く情報をお届けします。