Ranq logo


パントテン酸(ビタミンB5) 健康長寿に欠かせない

Thumb view 1570883644779
Thumb view 1570883644779 Pinryu

ステータス:ホワイト

健康・美容・育毛を中心に活動中です。
・健康では120歳まで元気に生きることが目標
・美容では70歳のときに50歳に見えることが目標
・育毛では日本からハゲを無くす会の自称会長です。
0 187View

 

「広くどこにでもある酸」という意味のギリシャ語に名前が由来するパントテン酸は、名前通り広く多くの食物に含まれているビタミンです(ビタミンB群)。しかしながら、そのはたらきは非常に重要であり、体のすべての細胞や組織が必要としている必須のビタミンになります。

ですから多量の飲酒などでパントテン酸が不足するような場合は、さまざまな機能に障害が生じる可能性があるため、注意が必要です。

では、パントテン酸のはたらきについて見ていきましょう。

1 パントテン酸とは

【 パントテン酸の基本 】

・かつてビタミンB5とも呼ばれていたパントテン酸は、ビタミンB群に含まれる物質で水溶性です。化学名は「パントテン酸」で、体内でパントテン酸に変わる誘導体にパンテノール(目薬などに含まれている)があります。吸湿性(肌の保湿などに有効)があり、酸・アルカリ・熱などで分解されやすい性質を持ちます。

・広く多くの食品に含まれ、食品中ではほとんどがCoA(コエンザイムA)として存在し、消化管内でパンテテインやパントテン酸に分解されて体内吸収されます。また腸内細菌のはたらきでも合成されますので、普通の食事をしている限りでは不足の心配はありません。ただし、アルコールやカフェインはパントテン酸を消耗しますので、お酒をたくさん飲む方などは注意が必要です。

・欠乏症の症状としては、手足の知覚異常、皮膚炎や脱毛、頭痛、末梢神経障害、副腎障害、体重の減少、成長障害、などがあります。

 

【 パントテン酸のはたらき 】

・パントテン酸のはたらきは、主に次の5つです。

(1)糖質や脂質の代謝に関与

(2)動脈硬化・心筋梗塞の予防

(3)免疫力の強化や解毒作用

(4)ビタミンCの補助作用(美肌効果など)

(5)抗ストレス作用

順に見ていきましょう。

2 糖質・脂質・タンパク質の代謝に関与

・パントテン酸はコエンザイムA(CoA)という補酵素の成分です。このCoAは糖質・脂質・タンパク質の代謝において補酵素としてはたらきます。つまりパントテン酸は体のすべての細胞や組織にとって欠かすことのできない必須ビタミンです。

・よってパントテン酸が不足するとエネルギー生産が滞るだけでなく、脂肪や糖質がたまりやすくなり、肥満体質につながっていきます。

3 動脈硬化・心筋梗塞の予防

・コレステロールには2つの種類があります。体の組織にコレステロールを送り届ける悪玉コレステロールと、組織からコレステロールを回収してまわる善玉コレステロールです。悪玉が多くなると、余ったコレステロールが動脈壁に付着して動脈硬化が起こりやすくなります。善玉と悪玉の数はそのバランスが重要なのですが、一般には善玉が多い方が心臓・血管の病気の予防になります。そしてパントテン酸にはビタミンCと同じように、悪玉コレステロールを回収し、善玉コレステロールの生成を促すはたらきがあります。そのため動脈硬化や心筋梗塞の予防にも効果があることになります。

 

4 免疫力の強化

・パントテン酸には、葉酸やビタミンB6とともに免疫に関与するタンパク質をつくるはたらきがあります。これによりインフルエンザなどの感染症に対する抵抗力が強まります。また、解毒作用にも関与しています。

 

5 ビタミンCの補助作用(美肌効果など)

・パントテン酸には細胞同士を接着するはたらきをもつコラーゲンの生成や、傷ついた皮膚の細胞の修復に必要なビタミンCを助けるはたらきがあります。これにより肌の健康や若さを保つ効果が期待できます。

・パントテン酸の誘導体であるパンテノールを含む軟膏はやけどの治療に用いられてきました。最近は紫外線による皮膚の炎症を防ぐ目的でもパンテノール軟膏が注目されています。またパンテノールを塗布することにより、頭髪の健康を維持する効果もあります。

 

6 抗ストレス作用

・人はストレスが生じると、副腎が副腎皮質ホルモンを生成し、血糖値を上げ、エネルギーを増やしてストレスに対抗しようとします。パントテン酸にはこの副腎機能を助け、副腎皮質ホルモンの生成を促すはたらきがあります。それにより、エネルギー生産が増えることになり、脳や筋肉のはたらきが活性化され、ストレスに対しての抵抗力が強化されます。ですからパントテン酸が不足すると、この逆の現象つまりイライラや不眠・倦怠感といった症状がでやくすなるわけです。

・ストレスにはビタミンC、E、パントテン酸の組み合わせが強力といわれています(米国の栄養療法家デービスが抗ストレス処方としているもの)。パントテン酸が抗ストレスホルモン生成を促し、ビタミンCがこのホルモンの分泌を活性化し、ビタミンEが酸素利用を促進して副腎を助けます。ストレスが強いときはこの3つのビタミンをサプリメントで摂取することが有効です。

7 パントテン酸の摂取について

・日本人の食事摂取基準2015では1日当たり成人男性5㎎、成人女性4㎎(50歳以上は5㎎)とされています。ただし、ほとんどの食物に含まれているため、普通の食事をしている限りでは欠乏症の心配はいりません。また、ヒトに毎日1.2gのパントテン酸を4週間投与しても副作用はみられなかったという報告もあり、過剰障害は特に知られていません。毒性の報告がないため、上限量は決められていません。

 

8 パントテン酸・その他

【 発見の歴史 】

・1933年に米国の生化学者R.J.ウィリアムス(有名なビタミン学者)により発見される。もともと1901年に米国のウィルディアスが酵母の成長因子を発見し、それをビオスと呼んでいましたが、R.J.ウィリアムスはビオスが複数の物質から構成されていることを明らかにしました。その中にある酸性の因子がパントテン酸と命名されたわけです。

・化学構造の決定や合成に成功したのは明国のジュークスです。彼は1939年に、ビタミンB1(1911年発見)でもB6(1934年発見)でもないひよこの皮膚炎予防因子を発見し、それがパントテン酸であることを明らかにしました。そこから化学構造の解明や合成などが導かれたわけです。

 

Thumb view 1570883644779

Pinryu

健康・美容・育毛を中心に活動中です。
・健康では120歳まで元気に生きることが目標
・美容では70歳のときに50歳に見えることが目標
・育毛では日本からハゲを無くす会の自称会長です。