葉酸(ビタミンB9)の効果 健康には欠かせない

1570883644779
1570883644779
Pinryu

ステータス:ホワイト

390View

 

 

「造血のビタミン」と呼ばれる葉酸(別名ビタミンB9)はその名の通り血液との関係が深いビタミンです。また、ビタミンCやビタミンB12と合わせて摂取することが大切である、などともいわれています。

では、葉酸にはどのようなはたらきがあり、他のビタミンとどのような関係があるのかを見ていきましょう。

1 葉酸とは

【 葉酸の基本 】

・ビタミンB群の1つである葉酸は、「ビタミンB9」「ビタミンM」などとも呼ばれる水溶性の物質で、黄色結晶、弱アルカリ性で熱に安定、弱酸性で熱に不安定、また酸素や光に弱いです。化学名はプテロイルグルタミン酸(PGA)で、体内においてジヒドロ葉酸、テトラヒドロ葉酸という変換の後に補酵素として機能します。

【 葉酸の欠乏症 】

・葉酸はアミノ酸や核酸合成に必要な補酵素のため、細胞分裂がさかんなところに欠乏症が現れます。主な症状としては貧血・免疫機能低下・消化器官の機能異常(口内炎・舌炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・食欲不振・下痢)・悪性貧血などです。また、妊娠中の女性は葉酸の体内需要が高まるため、欠乏した場合には神経管閉鎖障害が起こり、重度になると命を落とす危険性もあります。

【 葉酸のはたらき 】

・主なはたらきは次の4つになります。 

(1)タンパク質と核酸合成の補酵素

(2)貧血予防

(3)胎児・乳幼児の発育促進

(4)心臓病の予防

順に見ていきましょう。

 

2 タンパク質・核酸合成の補酵素

●葉酸は核酸の成分であるプリン核・ピリミジン核の合成をおこなう酵素の補酵素としてのはたらきをもちます。遺伝子情報をもち、その情報に基づいて細胞を生成する指令を出す、いわゆる生命の根幹としてのDNAやRNAというのは核酸のことです。葉酸が不足すると核酸が合成されなくなるため、細胞の分裂・成長が妨げられます。つまり細胞の成熟に大きくかかわるビタミンなわけです。

●逆に、抗がん剤の仕組みには、この葉酸の欠乏状態を生じるようにして、細胞の成長を防ぐことにより、ガン細胞の増殖を防ぐといったものがあります。メトトレキセートという物質は代表的な葉酸拮抗物質であり、抗がん剤に使用されています。このことからも葉酸がいかに細胞の成長にとって重要なのかがわかります。

●また、腸管粘膜は細胞の入れ替わりが早いところです。したがって葉酸が不足して細胞生成が遅れると潰瘍になりやすくなります。口や舌も葉酸不足が早く症状に出るため口内炎・舌炎などの症状も生じやすくなるわけです。

3 貧血予防

●葉酸は、肝臓に含まれる悪性貧血予防因子(ビタミンM)がほうれんそうにも含まれることが示されたときに命名されました。ビタミンB12とともに赤血球の産生のはたらきをもつビタミンです。

●赤血球の寿命は約4か月です。ですから葉酸が不足すると、新しい赤血球が出来ないため、ビタミン12と同様に悪性貧血になるわけです。逆に言えば葉酸を摂取することが貧血の予防となります。葉酸不足による貧血が大人よりも子供に多いのは、成長のために葉酸が多く消費されてしまうからです。

4 胎児・乳幼児の発育促進

●妊娠中・授乳中の女性にとって葉酸は非常に重要です。葉酸はタンパク質・核酸の合成にはたらいて、発育を促進させます。ですから葉酸が不足すると胎児では神経管閉鎖障害(二分脊椎・無脳症など受胎後28日ごろで閉鎖する神経管の形成異常のこと)、赤ちゃんでは発育不全を起こしやすくなります。また女性の母乳の出にも影響があるとされています。

●ここで気をつけなければならないのは、胎児の神経管閉鎖は受胎後およそ1か月後つまり妊娠の判明よりも前になる場合もあるということです。ですから、妊娠の可能性のある女性は付加的に400㎍のプテロイルモノグルタミン酸(サプリメントなどに使用されている葉酸)を摂取することが勧められています。

●したがって、妊娠前の女性が葉酸を摂取しておくと、先天性奇形の可能性を軽減するといわれています。そのため米国では妊娠可能性のある女性には葉酸の摂取をすすめております。

5 心臓病の予防

●ホモシステインとよばれるアミノ酸の一種は、その血中濃度が上がると心臓病のリスクが高まることが知られています。葉酸はビタミンB12とともに、このホモシステインをメチオニン(これもアミノ酸)に変化させるはたらきを促進します。このことにより葉酸には心臓病の予防効果が期待されています。

●逆に葉酸やビタミンB12が不足すると、血中のホモシステイン濃度が上がるため、認知症や動脈硬化が起こりやすくなりますので、気をつけましょう。

6 葉酸の摂取について

●普通の食事をしている限り、葉酸の欠乏の心配はないとされています。ただし、妊娠中・授乳中の女性は葉酸需要量が増えます。大量の飲酒は葉酸の吸収や代謝を妨げます。アスピリンや避妊薬のピルを飲んでいる場合は腸からの葉酸吸収率が下がります。これらに該当する人の場合は葉酸を多めに摂取することがおすすめです。

●推奨量・・・成人男性・女性ともに1日あたり240㎍、とされています。また、大量摂取での健康障害が報告されていますので、耐容上限量が設定されており、1000㎍となっています。また妊娠期には+240㎍、授乳期には+100㎍が推奨量となっております。

●葉酸はビタミンB12、ビタミンCとともに摂取する必要があります。核酸合成にはビタミンB12の手助けが必要であり、赤血球産生にはビタミンB12とともにはたらきます。また葉酸が体内でそのはたらきを機能するためには活性型に変換されなければなりません。この変換のはたらきを持つのがビタミンCです。ですからビタミンCの協力は不可欠となるわけです。

●ただし、ビタミンCの大量摂取は葉酸の排泄量を増やします。1日当たり2g以上のビタミンCを摂取している方は葉酸の摂取量も増やさなければ欠乏症が心配となります。

【 葉酸を含んだ食物 】

(カッコ内の数字が含まれる葉酸の㎍です・単位は省略)

(注:全体のg量が違うため、ランキングではありません)

(1)鶏レバー40g    (520)

(2)牛レバー40g    (400)

(3)玉露一杯150g    (225)

(4)ほうれんそう80g  (168)

(5)ブロッコリー50g  (105)

(6)えだまめ30g     ( 96)

(7)味付け海苔5g   ( 80)

(8)焼きのり3g    ( 57)

(9)しゅんぎく50g   ( 95)

(10)アスパラガス40g  ( 76)

(ビタミンB12同様、味付け海苔は含有率は最大です)

 

7 葉酸 その他

【 葉酸の発見 】

●1944年、米国のスネルらは肝臓に含まれる悪性貧血予防因子(ビタミンM)がほうれん草にも含まれることを示し、これを葉酸と命名しました。1955年に、その化学構造が明らかになり合成にも成功しました。

【 葉酸の扱い 】

●葉酸は調理や長期保存による酸化でこわれやすいため、新鮮な野菜や果物を選んで摂取することが大切です。

1570883644779

Pinryu

健康・美容・育毛を中心に活動中です。
・健康では120歳まで元気に生きることが目標
・美容では70歳のときに50歳に見えることが目標
・育毛では日本からハゲを無くす会の自称会長です。