Ranq logo


10円にはなんでギザ10があるのか?価値も紹介!

nagairen

ステータス:ホワイト

231View

財布から小銭を探していると時々フチにギザギザがついている10円玉を見つけますよね。何でギザギザがついているのか気になりますよね。そこで、ギザ10のルーツについて紹介したいと思います。

1 ギザギザのルーツ

明治時代初期の硬貨は金や銀を使っていました。

そのため硬貨のフチを削って金や銀を集めるものが多くいました。

そのため、硬貨の周りにギザギザを入れることで防止していました。

フチがツルツルだとすぐにばれてしまいますよね。

2 ギザ10のルーツ

もともとギザギザのある硬貨は高額硬貨を表す印でした。

現在では10円玉はそれほど額面の高い硬貨ではありません。しかし、現在の10円玉の製造が開始された19451年(昭和26年)当時、国内では10円玉が最高額硬貨でした。

それがギザ10が生まれたルーツだといわれています。

その後、国内ではインフレーションなどが進み1955年(昭和26年)には50円玉、1957年(昭和32年)には100円玉が製造されそれぞれにもギザギザがつけられました。

すると、ほとんどの硬貨にギザギザがついてしまいました。

全ての硬貨にギザギザがついているのは紛らわしいですよね。

そこで1959年以降の10円硬貨からギザギザが消されました。

3 ギザ10の価値は6万円!?

なんとギザ10はわずか7年しか製造されていないのです。

実のところギザ10の価値っていくらになるのか気になりますよね。

実はギザ10が発行された年によっては最大で約6万円の価値になるんです!!

年ごとのギザ10の価値を紹介したいと思います。

 <発行年>       <枚数> <査定額(使用済み)> <査定額(未使用)>

 1951年(昭和26年) 1億106万枚   約15円        約60000円

 1952年(昭和27年) 1億8633万枚   約11円        約18000円

 1953年(昭和28年) 4億6630万枚       約12円        約18000円

 1954年(昭和29年) 5億2090万枚   約11円        約18000円

 1955年(昭和30年) 1億2310万枚   約15円        約25000円

 1957年(昭和32年) 5000万枚      約11円        約40000円

   1952年(昭和33年) 2500万枚        約70円          約50000円 

最高額は1951年(昭和26年)のギザ10でした。なんと6000倍の価値がつくのですね。

しかし、未使用のギザ10でなければ高額になりません。なかなか未使用は持っていませんよね。

該当する発行年のギザ10があるかどうかぜひ財布の中を確かめてみてください!

 

  

 

nagairen