ビットコイン、ビットコインキャッシュの違いを調べてみた

ブロックチェーンと仮想通貨
ブロックチェーンと仮想通貨
仮想通貨マイスター

ステータス:ホワイト

4
3650View

2017年は仮想通貨元年とも言われています。

そうした中で急増したビットコインユーザーの取引によって、取引の遅延が目立つようになりました。取引の承認に30分以上かかることなどはザラで、それに伴って手数料の高騰も起こっています。

そうした流れもあり、ビットコインが分裂することになりました。
つまり、新たにビットコインキャッシュというこの問題を解決するものが生まれることとなったのです。

 

 

1 ビットコインとビットコインキャッシュの違いは取引データ

その後も紆余曲折あり、
結果として中国マイナー勢の意向が反映されたビットコインキャッシュ(BCH)が誕生します。まず第一の違いとして、

ビットコインキャッシュは基本的にビットコインの設計を残したまま分裂をしたコインなのでそう大きな違いは無いように思えます。しかし、その中での異なる点を紹介していきます。

異なる点1つ目が、
ブロックと呼ばれる取引データ格納庫のサイズです。

ビットコインが1MBでこの現在圧迫した格納データを分散・圧縮することにより、従来の2~4倍のデータを格納できるよう改良することができます。

これに対してビットコインキャッシュは、ビットコインが1MBであるのに対して、最大8MBまでデータが格納できるように設計されています。

2 ビットコインキャッシュは決済システムが優れる

ビットコインは暗号通貨であることに対し、

ビットコインキャッシュはこうした利点を持ち、決済システムを見据えている点に違いもあります。つまり、決済により適したフォーマットになっています。

 

3 思想の違い

もっとも大きな違いといえば思想の違いでしょうか。

ビットコインは、COREと呼ばれるビットコイン思想に基づいた開発者たちによって開発されてきた歴史があります。

ビットコインキャッシュはマイナー参加者がまだまだ少なくトランザクション(取引処理)の詰まり等が指摘されていますが、これからどうなるかまだまだ分からないコインです。

ビットコインキャッシュはビットコインから離反し、ビットコインと一部に銘打たれたコインですが、『お互いに関与しない』という取り決めもすでに交わされています。

つまりビットコインキャッシュは他のアルトコインと同じく、ビットコインとはまったく別のコインだということになります。そこにあるのはビットコインと似た設計だけです。

4 まとめ

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュですが、あまりビットコインという言葉に引きずられず考える必要があるのではないでしょうか。

アルトコインが生まれた、くらいの感覚で様子見をするのが良いかもしれません。

BCH配布対象のビットコインユーザーにとっては、これから配布されるBCHをどう扱うかがキモになりそうです。

 

5 仮想通貨の投資をするなら

 

仮想通貨の投資をするなら、仮想通貨の取引所を解説する必要があります。

仮想通貨の取引所の比較なら以下のサイトを見るのがおすすめです。zaif、コインチェック、GMOなどが一括で比較できます。

 

 


 

 

ブロックチェーンと仮想通貨

仮想通貨マイスター