RanQ


小型ドローンのおすすめポイント まとめ

  • Thumb thumb illust 52
  • 196View

最近では小型のドローンが子供から大人まで人気で購入する方も増えて興味が出たという方も多いです。

でもドローンのことは何もわからないし「値段はいくらか」「操作は簡単なのか」といった疑問もありますよね。

そこでこの記事では小型ドローンについてのポイントを紹介します。

 

1 小型ドローンの値段はいくらか

1000円台のものからあり、比較的安い価格で購入することができます。

高いものだと10万円を超えるドローンもあり、それにはカメラ機能がつき動画を撮影できます。

初めてドローンを購入する方はまずは1万円代のものから購入して小型ドローンがどのような感じなのかを体験してみることが良いと思います。

価格が安いものだとすぐに羽が折れてしまったり、動きが不安定なものもあるので購入時には1万円以上のものを購入することが良いと思います。

 

2 室内でも飛ばすことはできるのか

基本的には小型ドローンは室内で飛ばすことができます。目安は手のひらに乗せることができるサイズの小型ドローンであれば、室内のリビングなど少し広めのスペースがあれば十分に飛行可能です。

なので雨の日、風が強い日などの悪天候でも天気に左右されずに小型ドローンを扱えます。

逆に室外で飛ばしたときに風の影響で小型ドローンの動きが不安定になり上手く飛ばないこともあるので、手のひらサイズの小型ドローンの場合は室内で飛ばすことがおすすめです。

室内でも夏はエアコン、扇風機の風の影響で動きが不安定になるものもあるので室内で飛ばすときはできるだけ風の影響を受けない場所で飛ばすと安定した動きになります。

3 操作は難しいのか

基本的な操作方法は「プログラミング」「コントローラー」による操作が可能です。

プログラミングで操作を行う場合は基本的にはアプリを使います。アプリは無料のものでプログラミングの火tが用意されていて説明を読めば初心者の方でも簡単に操作できます。

 

コントローラでの操作は誰でも自由に動かせるので写真、動画を撮りたい方はコントローラーでの操作がおすすめです。

コントローラーも本体を購入することもできますが、今はスマホのアプリを使うことで自分のスマホをコントローラーにすることも可能で、レベルの高い複雑な動きをする場合はコントローラーの購入が良いと思いますが、そうでないかたはスマホのコントローラーで十分です。

4 ドローンを扱う時の注意

安全に楽しくドローンを扱うために注意するポイントを紹介します。

 

①人に当たらないように十分なスペースを確保すること

②飛ばす前に部品がしっかりついているか確認すること

③外出先で飛ばすときは他の人に迷惑はかけないこと。

 

上記の3点は必ず守ってほしいものを厳選しました。小型といっても、ケガをしてしまうことがあるので

ドローンを扱う時にはケガやトラブルが起こらないように十分注意して扱いましょう。

5 ドローンはプログラミング学習にも使えます

操作についてのところでも書きましたが、初心者向けの方でもアプリ内に用意されている型を説明を読みながら組んでいくことで簡単に宙返りなどの大技もできます。

このように色々な動きをやっていく中で楽しみながらプログラミングを学習することができます。

プログラミングに興味があり、どのようなものか体験したい方はドローンを使ったプログラミング学習をしてみるのも良いと思います。