RanQ



地方競馬で八百長がはびこる!?

Fb share Tw tweet
  • Thumb yhtg
  • 3
  • 802View

事件の発端は「本日金沢9Rで八百長が行われます」という見出しのスレッドが、レース発走直前に立てられました。こういった関係者による“予想スレッド”が立つケースは過去にもよくあったが、ほとんどはガセだった。

しかし今回はその通りに!!

1 八百長を発見した理由

・通常はメインレース(この日は10R)の売上が最も大きくなるはずのところ、八百長犯のレースの売上が突出している
・単勝の配当が3連単馬券の配当を上回るような通常ではあり得ない現象
・4番が1番人気だった三連単のオッズが、投票締め切り直前に激変した
・激変後の三連単の投票上位を見ると、激変前に人気だった4番が除外されて買われている
・4番と2番の騎手が過去に、わざと負けようとしたように見える不自然な騎乗を繰り返している

スレッドを立てた人物の「金沢競馬八百長糾弾ブログ

2 八百長の目的

八百長の目的は一般的に金銭であるが、競馬においてそれを得る手段は馬券の購入です。

八百長犯の賭け金が大きくなる理由は、競走に交付される賞金以上の額を馬券で稼がなければ騎手や馬主にとって八百長を行うメリットがない事と、馬券がほぼ確実に当たるという保障があるためです。

実際の競馬では様々な種類の馬券が発売されていて、中でも売上の殆どを占めるのが三連単(1着2着3着を順番通りに当てる馬券)と呼ばれる馬券で、売上が大きいほど八百長によって得れる金額も大きくなるため八百長犯の馬券購入は主にこの三連単になります。

2011年半ばから現在まで120レースほど怪しいものがあるようです!!

八百長犯が、本来予測される売り上げを超えた部分に相当する大金を特定の騎手が乗った実力上位馬を除いた馬券に投じ、その馬券がほぼ確実に的中しているという事です。

3 金沢競馬は経営危機

金沢競馬は赤字続きで存続の危機に瀕しており、近い将来の廃止が検討されています。トップジョッキーの吉原寛人騎手が11年から大井や川崎といった南関東競馬にも参戦しているのは、そういった流れが濃厚のためでしょうか??

 

関係者の間で怪文書が流れたこともあったようです。もし金沢競馬が廃止となれば調教師や騎手、調教助手といった競馬に携わる多くの関係者が失業することになります。彼らにだって生活があるわけだし、職を失う前にひと稼ぎしておこうと考えても不思議ではありません。

 

通常、競馬において関係者が馬券を購入することは禁止されています。実際には誰がいつどんな馬券を購入したのかを厳密に調べることはできないです。

 

それこそ馬券購入希望者が信頼できる知人に頼んだり、人を介して購入すれば済むだけの話です。つまり騎手や調教師といった関係者が組織ぐるみで本気になって八百長をやろうとすれば、試みることは可能です。

4 大手マスコミも取り上げる

アサヒ芸能のネット版

毎日新聞

ネット競馬

 

金沢競馬八百長糾弾のブログ主がついに金沢地方裁判所に告発⇒不起訴


再び金沢競馬における八百長が活性化、地検のお墨付きを得て怖いもの無しの無法の競馬場へ

もしかして、78億円稼いだ人間も八百長情報など手に入れていたのか??必ずそうでは無いとは言い切れない金額を的中させていますから。

5 大井競馬でも八百長が出た!?

地方競馬でまた、八百長騒動がでています。大井競馬場で八百長があったと情報がありました。

多くの人の注目が集まる中央競馬ではそこまで大胆な八百長はできないと思います。それなりの技量のあるジョッキーでしたら、弱い馬を勝たせることはできなくても、強い馬を負けさせることはできます。調教師が調教で手を抜くことで、馬に本調子を出させないこともできますし。そもそも、地方競馬の馬は中央競馬に比べると全体的な能力が低いのは当たり前です。なおさらジョッキーや調教師の技量が結果に大きく関わってきます。

 

真実を調査して引き続き、情報を得て更新をしていきます。

Thumb yhtg

競馬歴:5年 競馬をギャンブルと思い:7年 好きな馬:実力がありながら、近走の成績から不当に人気を下げている馬 競馬場へは関東近郊へはいきます。よく行くのは平和島の夜に出没しています。ご飯がうまいんですいよ。川崎競馬の焼きそばもうまいんじゃ。

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事