ジブリ「ゲド戦記」無料視聴/フル動画/YouTube/デイリー/パンドラ | RanQ [ランク]

RanQ



ジブリ「ゲド戦記」無料視聴/フル動画/YouTube/デイリー/パンドラ

Fb share Tw tweet

スタジオジブリがお送りする大人気作品「ゲド戦記」。

今ならYouTube、デイリー、パンドラの代わりに下記から無料で視聴することができます!

 

▼30日間無料キャンペーンを今すぐチェック!▼

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

1 ジブリ「ゲド戦記」あらすじ

多島海世界”アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如人間の人間の住む東海域に現れ共食いを始めた。

それに呼応して、世界では様々な異変が起こり始める。世界の均衡が崩れつつあるのだった。

偉大な魔法使い、大賢者ゲドは災いの源を探る旅に出る。

やがて彼は、心に闇を持つ少年エンラッドの王子アレンと出会う・・・。

2 ジブリ「ゲド戦記」作品情報

製作年:2006年

製作国:日本

監督:宮崎吾朗

脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子

原作:アーシュラ・K・ル=グウィン

音楽:寺嶋民哉

3 ジブリ「ゲド戦記」登場人物

アレン(レバンネン)/岡田准一

本作の主人公のエンラッドの王子。真面目すぎる性格のため、世の中の暗黒についてまで心を悩ませてしまう。

心の均衡を失い、衝撃的に父を殺害してしまい、国を捨て失踪する。

 

テルー(テハヌー)/手嶌葵

本作のヒロイン。顔に大きな火傷の痕がある少女。両親に虐待された挙句、捨てられるという辛い過去を抱えている。

 

ハイタカ(ゲド)/菅原文太

アースシーの大賢人。世界の均衡が崩れつつある事を察知し、アレンと共に旅に出る。

 

テナー/風拭ジュン

ハイタカの昔馴染みで、彼の良き理解者。親に捨てられたテルーを女手一つで育てている。

 

クモ/田中裕子

永遠の命を得るために、禁断の扉を開いた大魔法使い。

ハイタカへの復讐心を内に秘めている。

 

ウサギ/香川照之

人狩りを生業とするクモの手下。

クモの力をかさに着て傍若無人に振る舞うが、実は小心者。

 

国王/小林薫

エンラッドの賢王であり、アレンの父親でもある。

国民のことを常に考える王にふさわしき人物だが、ある夜にアレンに刺殺されてしまう。

 

王妃/夏川結衣

アレンの母親。いつもアレンを厳しく躾けている。

 

女主人/倍賞美津子

都城ホート・タウンに住む元呪い師。

現在は模造品の生地を売っている。

 

ハジア売り/内藤剛志

ハジア(麻薬の一種)を売り捌く売人。

アレンに近づきハジアを売り付けようとするが、後一歩のところでハイタカに止められる。

 

ルート/飯沼慧

エンラッド国王の側近の老魔法使い。世界の均衡が崩れつつあることに焦りを感じている。

 

 

4 ジブリ「ゲド戦記」主題歌・挿入歌

主題歌「時の歌」/手嶌葵

挿入歌「テルーの唄」/手嶌葵

5 ジブリ「ゲド戦記」SNS上の視聴者の感想

ジブリ「ゲド戦記」を鑑賞した視聴者の感想をまとめました。

6 「ゲド戦記」の都市伝説

何かと都市伝説の多いジブリシリーズですが、「ゲド戦記」にはどのような都市伝説があるのでしょうか?

ゲド戦記の都市伝説を調べてまとめてみました!

 

・アレンが父親を殺したのは、宮崎吾朗(子)が宮崎駿(父)を超えるための表現だった

・ゲド戦記公開後、壮大な親子ゲンカへと発展した

・親子ゲンカは未だに続いている

 

いかがだったでしょうか?ゲド戦記の都市伝説は作品自体にある訳ではなく、その裏側にあるみたいですね。

都市伝説を知ってからもう一度見直してみると、いつもとは違う楽しみ方ができますね!

7 原作のゲド戦記との違い(ネタバレ注意!)

映画「ゲド戦記」は、アーシュラー・クローバー・ル=グウィンの同名小説「ゲド戦記」の全6巻のうち、第3巻の「さいはての島へ」をベースに作られています。

 

原作小説のゲド戦記とジブリ作品のゲド戦記の相違点をまとめてみましたので、ネタバレが嫌な方は飛ばしてください!

 

 

 

 

《原作の主人公が違う》

ジブリ版の「ゲド戦記」ではアレンが主人公の物語ですが、原作小説「ゲド戦記」ではハイタカが主人公となっています。

ハイタカの真の名はゲド、タイトルの通り、ハイタカの少年期から青年期の物語なのです。

 

 

《アレンとハイタカの出会い方》

ジブリ版「ゲド戦記」では父親を殺してしまったアレンが自国から逃走している道中でハイタカと出会いますが、原作では世界の異変をハイタカに伝え、知恵を借りるように国王に命じられてハイタカに会いに行きます。

 

 

《アレンは父親を殺していない》

ジブリ版「ゲド戦記」では冒頭でアレンが国王である父親を刺殺してしまいますが、原作にはこのような表現はなく、映画オリジナルシナリオです。

アレンが精神的に不安定だったのは、各地で異変が次々と起こり、その災いがアレンの精神にも影響したからです。

 

 

《テルーのキャラクター設定》

ジブリ版「ゲド戦記」では顔の左半分に火傷の跡があるテルーですが、原作では右半身に重度な火傷を負っています。

また、炎によって喉も焼き潰れてしまいテルーの唄も歌うことができません。

 

 

《影の意味》

ジブリ版の「ゲド戦記」では、ドッペルゲンガーのようにアレンを追い回していた影ですが、その正体はアレンの心の光です。

しかし、原作「ゲド戦記」では、影は恐怖や不安、憎しみ、傲慢さという心の闇が本当の正体なのです。

 

 

8 ジブリ「ゲド戦記」を無料で見るには?

「ゲド戦記」面白そうだから見てみたいけど、

どうせ無料で安全には見れないんでしょ・・・

 

そんなことはありません!

今なら無料で見ることができます!

 

実は「TUTAYA DISCAS」なら無料で見れちゃうんです!

と言っても、現在ジブリ作品を動画配信サービスで視聴することはできません。

TUTAYA DASCASに限らず、他のどの動画配信サイトを調べても無料で視聴することはできませんでした。

 

しかし、TUTAYA DISCASのDVDレンタルサービスを利用することで、無料で視聴することができるのです!

サイトに登録して、気になるDVDを注文すればTUTAYAが自宅までDVDを届けてくれるので、家から出る必要もありません!

返却の際も、遅延料金も発生することなく近くのTUTAYAに返すだけで手間もかかりません。

 

初回登録限定で30日間無料キャンペーン実施中なのでタダで視聴することができます!(※キャンペーンは期間限定なので注意してください!)

気になる動画を見終わった後に、キャンペーン期間内に解約すればお金がかかる事は一切ありません!

3分で終わる簡単な登録方法!

TUTAYA DISCASから「まずは30日間無料お試し!」をクリック

②名前とメールアドレスを入力

③クレジットカードの情報を入力

④無料キャンペーンの内容に同意する

⑤登録完了!

▼30日間無料キャンペーンを今すぐチェック!▼

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事