ステラ(Stellar)はRippleの兄弟!送金手段として特徴と可能性アリ! | RanQ [ランク]

RanQ



ステラ(Stellar)はRippleの兄弟!送金手段として特徴と可能性アリ!

Fb share Tw tweet
  • Thumb money kasoutsuuka virtual
    Thumb money kasoutsuuka virtual はんなり ステータス:ブルー
    資産運用と仮想通貨について記事を書いています。よろしくお願いします。
  • 2
  • 615View

仮想通貨で今有名な、ステラ(Stellar)についてご紹介します!

1 Stellar(ステラ)とは?

Stellar(ステラ)は、略号がXML(ルーメン、Lumens)の仮想通貨(暗号通貨)です。

2014年に初公開されました。

 

「ステラ 仮想通貨」の画像検索結果

 

 

初期はStellar(STR)とよばれていましたが、2015年に、アップグレードされたネットワークの立ち上げに伴ってLumens(ルーメン)へと改名され、通貨の略号もXLMに変更されました。

 

ステラは、ブロックチェーンを利用した銀行・決済システム・人をつなぐプラットフォームです。

迅速かつ信頼性の高い方法で、コストをほとんどかけずに資金を移動させることができます。

 

インターネットで誰もが電子メールを送信したり、ブログを作成することができたように、Stellarの金融プラットフォームでは、大きな手数料や手間をかけずに、簡単に送金、保存、受け取りができるようになります。

 

現在の金融システムは高価で複雑で、多くの人にとっては利用しづらいものとなっています。ステラの開発チームは、世界中の金融アクセスとリテラシーを拡大することで、個人が金融サービスに簡単にアクセスできるようになることを目指しています。

 

Stellar(ステラ)の開発当初は、リップルを基に開発されたので、ソースコードをそのまま利用していました。

2 Stellar(ステラ)の特徴は?

StellaR(ステラ)もRipple(リップル)も決済プロトコル・価値交換プラットフォームという面では同じです。

大きく違う点は、リップルが金融機関などの法人利用をターゲットにしているのに対し、ステラは個人利用を目的として開発されている点です。

 

仮想通貨ステラ(stellar)の決済システム

 

個人向け口座はすでに数百万口座開設されており、送金や決済を便利に行うことができます。XMLの総発行量が毎年1%ずつ増えていくなど、価格変動がなるべく抑えられるような設計もなされています。

 

また、Stellar(ステラ)の開発は、民間企業ではなく、非営利団体のStellar Development Foundationが担っています。非営利団体ということで、団体の透明性や安全対策、ガバナンスを重視しています。

 

3 仮想通貨ステラ(Stellar )が購入できる取引所・販売所

2018年3月現在、国内の取引所でステラを購入することはまだできません

 

従って、ステラを扱っている大手の海外取引所を3つご紹介いたします。

(引用:CRIPCY

 

Binance(バイナンス)は取り扱いペア数も200種類以上と非常に豊富で、ICOを終えたばかりの新しいコインも早い時期から上場することで知られています。

将来性の大きなコインを価格の安いうちに買いたいと考えている人は、Binanceで口座を作り、すぐに取引できるように少額でもビットコインを入金しておくことをお勧めします。

Thumb money kasoutsuuka virtual
資産運用と仮想通貨について記事を書いています。よろしくお願いします。
  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事