仮想通貨Monetha モニーサとは??特徴や将来性を自衛官が考察 | RanQ [ランク]

RanQ



仮想通貨Monetha モニーサとは??特徴や将来性を自衛官が考察

Fb share Tw tweet
  • Thumb gatag 00012442
    Thumb gatag 00012442 manbow :) ステータス:レッド
    初めまして!manbowです!元陸上自衛隊 特殊部隊 出身になります。除隊後は東京大学受験を経験し、現在は起業家として修行している形になります。
    特殊部隊の経験と東大受験の知識を生かして、現在のトレンドなどの情報をわかりやすく紹介していきます
    最近は仮想通貨トレーダーとしての情報提供、読書が趣味なのでビジネス書で得た知識など。
  • 1
  • 702View

こんにちは!manbowです!

今回は仮想通貨モニーサについてのご紹介をしたいと思います!

この仮想通貨はいわゆる、Eコマース(電子商取引)に決済、いわゆるPayPalの仮想通貨バージョンしたものになります。

このコインがどのようにして、Eコマース業界に参入できるのか、メリットデメリットを考察していきたいと思います!

 

今の注目のアルトコインもも是非参照にしてください!

エイダコイン(ADA)とは??話題になる理由

仮想通貨iXLedger ( IXT )の説明書!

Factom(FCT)の買い方、基本情報をシンプルに説明します!

1 Monetha モニーサ(MTH)の基本情報!

 通貨名:Monetha

 通貨略号:MTH

 ICO公開日:2017年9月

 発行上限数:402,400,000 MTH

 承認システム:Pow(プルーフ オブ ワーク)

 公式サイト:https://www.monetha.io/

 ホワイトペーパー:https://ico.monetha.io/Monetha_WP_JP.pdf

 ソースコード:https://github.com/monetha

 Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xaf4dce16da2877f8c9e00544c93b62ac40631f16

 Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1978067.0  

 

 

 

2 モニーサ(Monetha:MTH)の特徴は??

まずモニーサはなんの為に開発されたのかと言うと、Eコマース取り引きをする際、”決済”をするわけですがこの決済をする際、基本的には第三者の決済期間、例えば有名どころだとオリコやSAISON(セゾン)、Paypalなどがあります。

ですが、この現在の決済システムというものはかなり非効率に稼働しています。

なぜかというと

クレジット決済を行なった際に、売り手がお金を受け取る為には10以上の段階を超えなければなたず、売り手にかなりの入金の時間がかかってしまいします。

しかも”たくさんの段階”を踏むということはその分だけ、人がいるので、人件費がかかります。この人件費を補う為に、手数料というものを支払わなければなりません。

 

このように非効率な”決済システム”の問題をどうにかしようとしたのが、このモニーサになります。

仲介者(クレジット会社など)を抜きにして顧客(我々)と販売会社を直接取引できるようなおかつ、今までより手間が掛からず、早く取引できるように実現を目指しています。

ではどのようにこの問題を解決していくかというと

 

1.決済や売上の受け取りに掛かる時間、手間の短縮

2.顧客が販売店を評価できて、その評価は変えられないで保存される

3.決済手数料が大体”2〜6%”から1.5%に抑える

 

 

3 モニーサ(Monetha:MTH)のロードマップ

 

フェーズ1:電子商取引と最初の信用格付け - 700万ユーロ

目標:完全な機能を備えた支払いゲートウェイを開発し、電子商取引商人を活用し、ETH通貨を受け入れることを可能にする
信頼レベルのプラットフォームのローンチ。
2018年初頭

 

 

フェーズ2:Ethereumベースのトークンを受け入れる完全な電子商取引ソリューション 1.7百万ユーロ


目標:Ether通貨だけでなく、Ethereumベースのトークンを受け入れて有効にする
加盟店はEthereum通貨を交換して通貨を換金し、資金を移転する
スマート契約ウォレット、リアルタイムアナリティクス、マーチャントのダッシュボードはこの段階で導入されます
2018年中

 

 

フェーズ3:クライアント+ロイヤリティプログラムのMontea Wallet +重要


分散された信頼と評判アルゴリズムの改善:3.5百万ユーロ
目標:完全に機能する分散型の信頼への重要な一歩を踏み出し、レピュテーションシステム:分散トラストとアルゴリズム改善
クレームの作成/解決のためのMonethaスマート契約ベースのモバイルウォレットと一緒に、評価の商人、レビューを書く    履歴を確認し、クライアントと商人の信用格付けなどが含まれます。最後に、ロイヤルティプログラムはこの期間中有効になります
2018年後半

 

 

フェーズ4:分散型の信頼と評判システムの完全機能 - 5.5百万ユーロ

目標:このレベルの資金調達は、グローバル化された信頼を完全に発展させ、
両当事者がクレームを開始/解決できるようにする評判システム
グローバルな信頼率は「両当事者の真の信頼」を反映。これは、加盟店の信託率に重要な重みを与える。信頼システムアルゴリズムは、クレームとクライアントを容易にするために改善される
レビュー。モバイルウォレットバージョン2、モバイルアプリ内SDKなどの改善このフェーズでは商人のインターフェースが開発されます。
2019年の早い段階

 

 

フェーズ5:小売 - 7百万ユーロ

目標:分散型決済、信用、評判システムの開発と導入
小売商人のために。 Ethereumベースのモバイル支払いを受け入れる能力
優先通貨に交換します。上位層の小売商
インターフェイスを使用して、購入履歴、分析などを表示します。
2019年中頃

 

英語になってしまうのですがこちらのサイトにも記載されているので参照してください。

https://icobazaar.com/v2/monetha/roadmap

 

4 Eコマースの市場、ターゲットは中国 アリババ

モニーサがターゲットにしている場所は…、”中国”になります。

なぜ、中国なのか?

『アリババ』という企業はご存知でしょうか?聞いたことがある方も多いのではないでしょうか??

アリババはいわゆる、”中国版 Amazon”とも言われています。

詳しく述べると、話がそれるので、こちらの記事を参照にしてください!

中国のAmazon”Alibaba(アリババ)”とは。徹底解説します 出典 EC Orange)

 

話は戻しますが、現在の中国では『アリババ』という第三者を経由しなければ信用が得られにくい状態で、まだEコマース市場は整備されていません。

なので売り手などを信用する為に先ほど述べた、現状の決済システム を運用してしまうと、かなりの時間と手数料が発生してしまいます。

 

そこをモニーサが、顧客と販売者が直接取引できるなおかつ、時間も迅速、手数料もかからない、モニーサの技術を提供する根端なのです。

5 分散型信用評価システム (DTRS)がカギ!

モニーサの一番の特徴の一つになるのが、分散信用評価システム(Decentralized Trust and Reputation System)です。

今、現在のEコマース取引で、売り手が信用を得るのはかなりの労力が入ります。

しかも、先ほどの中国のEコマース市場の現状を踏まえて考えると難しい現状があります。

そこでモニーサは分散型信用評価システム(以下:DTRSとします)を導入してます。

これは、モニーサで取引が行われるたびに、ブロックチェーンにトランザクション時間(取引時間)、送受信用アドレスや、配送時間など

の””信用を蓄積するための情報””を記録するものとなります。

 

この””信用を蓄積する情報””をブロックチェーン上に記録してイーサリアムの技術、スマートコントラクトで逐次その取引者の信用度の格付けを自動的に行います。

ブロックチェーン技術は、例えば販売者が”後から評価の良いように変更、しようにも保存先がブロックチェーンなので、できません。

なので、透明性が非常に高いので、顧客や販売プラットフォームの会社(Amazonや楽天、アリババ)から見たら悪質販売者の心配が減ります。

6 モニーサ(Monetha:MTH)の購入できる場所

モニーサは現在国内の取引所ではありません。

海外の取引所のみとなります。この中でおすすめの取引所をご紹介します。

Binace

 バイナンスは中国の大手取引所になります。バイナンスのメリットをご紹介しますと

  1. 格安手数料をさらに半額に出来る(BNB払い)
  2. BTCのハードフォーク(分裂)したフォークコインが付与される
  3. 草コインがたくさんある
  4. メールアドレスだけですぐ登録出来る(5分かからず登録完了)
  5. セキュリティがしっかりしてる(二段階認証も搭載) 

 登録はここになります!

7 モニーサ(Monetha:MTH)の将来性

モニーサはEコマース(電子商取引)に大きな課題である”信用”の課題を解決できる技術を持っています。

現在、Eコマース市場はかなりの成長をしており、Statistaの情報によると、小売電子商取引は、2014年の世界売上高は1兆3.300億ドルで、2020年には4.058兆までに成長します。と記述されています。

約4倍まで成長しています。

しかも、今発展途上の真っ只中の中国にモニーサが進出するなら今後有望視をしても良いのではないか??と結論です。

 

自分も購入を前向きに検討してます笑

 

8 モニーサ(Monetha:MTH)のチャート

Thumb gatag 00012442
初めまして!manbowです!元陸上自衛隊 特殊部隊 出身になります。除隊後は東京大学受験を経験し、現在は起業家として修行している形になります。
特殊部隊の経験と東大受験の知識を生かして、現在のトレンドなどの情報をわかりやすく紹介していきます
最近は仮想通貨トレーダーとしての情報提供、読書が趣味なのでビジネス書で得た知識など。
  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事