CoinExchange(コインエクスチェンジ)の登録・入金・使い方を徹底解説 | RanQ [ランク]

RanQ



CoinExchange(コインエクスチェンジ)の登録・入金・使い方を徹底解説

Fb share Tw tweet
  • Thumb thumb illust 52
    Thumb thumb illust 52 bitmon ステータス:レッド
  • 2
  • 1010View

 仮想通貨と言えば「ビットコイン」や「イーサリアム」や「リップル」などの主要なアルトコインが国内の投資対象としてメジャーになっていますが、特に仮想通貨後発組からの人気が高い『草コイン』というものもあります。草コインとは、まだ時価総額もそれほど高くなく、今後価格が爆発的に高騰する可能性を秘めている仮想通貨を指します。

一方で、信頼性も低く価値が0になってしまうリスクもあるので、ハイリスクハイリターンの投資にはなりますが、「一攫千金を目指したい!」「金の卵を誰よりも早く見つけたい」という方にはオススメです。

 そんな仮想通貨を広く取り扱っている取引所『コインエクスチェンジ(coinexchange)』について、登録方法から仮想通貨の購入の仕方まで解説していきます!

 

 

 

 

 

 

1 コインエクスチェンジって?

 コインエクスチェンジはアメリカに拠点を置く仮想通貨取引所です。世界的に人気の高い取引所であり、最大の特徴は『取扱銘柄数』です。その数なんと『500種類以上』と他の取引所とは比べ物にならない規模です。メジャーな仮想通貨から、見たことも聞いたこともないようなマイナー仮想通貨まで取り揃えています。草コイン愛好家からしたら天国の様な場所ですが、あくまで投資は自己責任です。

 コインエクスチェンジでは多数の仮想通貨を、5種類の仮想通貨建てで取引する事ができます。5種類の仮想通貨は、

・BTC(ビットコイン)

・ETH(イーサリアム)

・ETC(イーサリアムクラシック)

・LTC(ライトコイン)

・DOGE(ドージコイン)

になります。上からの4種類は国内の取引所でも多く取り扱われている銘柄でもあり、なじみがあるという方も多いと思います。その中に、国内ではなかなかみないDOGEという仮想通貨がありますが、日本で言うところの『モナコイン』の様な投げ銭要素のある通貨です。このDOGE建てでも仮想通貨を購入する事ができます。

 また、海外の取引所という事もあり、国内の取引所よりも取引所の細部が掴みづらいです。なので、セキュリティ対策として二段階認証は『必ず』設定を行いましょう。

2 コインエクスチェンジの登録方法

 登録までの流れについて見ていきましょう。まず、コインエクスチェンジの公式サイトにアクセスすると以下の様なページが表示されます。

 

 緑枠の『REGISTER NOW』をクリック(タップ)すると下の様なページに進んで行きます。

 

 

ここで、プログラム等による不正処理がされないかチェックしており、『私はロボットではありません』の左側のチェック欄をクリックして次に進んでいきます。

 上の写真のページに進んだら、アカウント情報を登録していきます。『メールアドレス』、『ユーザー名』、『パスワード』を設定していきます。この後に登録メールアドレス宛に手続のメールが届きます。キャリアメールだと迷惑メールで弾かれてしまう可能性が高いので、無難にGmail等のフリーメールを利用する事をおすすめします。また、パスワードは安全性を高める為に、少々長めのものを登録しておいた方がいいかもしれません。これに限らずですが、他人に推測されやすい単調なパスワード設定は避けましょう。

 入力項目を全て埋めたら、緑枠の『登録』をクリックしましょう。
 

 

そうすると、Register(登録)の表示がされるページに飛びます。ここに、先ほど登録したメールアドレスが表示され、確認URLが記載されたメールが届きます。

 

今回はGmailを利用した画像で紹介していますが、上記のようなメールが来ますので、URLをクリックしましょう。

 

 

 

 これでアカウントの登録は完了になります。この時点から入金手続きに入ることができますが、ここで事前にセキュリティ設定を行いましょう。ご覧の様に登録は非常に簡単にできてしまいます。国内の取引所や海外の大手取引所では身分証明書の提示などを行い厳格な登録審査を行っている事が多いです。簡単に登録ができるからこそ、自分自身でセキュリティを高める必要性があるのです。

 青枠の『Deposit Coins』から入金操作に移ることができますが、上の『Account Settings&Security』をクリックしましょう。


 

3 二段階認証の設定方法

 

 すると、上の写真のページが表示されます。一段目の『Password』は上記の登録手続き時に設定したものから変更をしたい場合のみクリックしてください。今回はセキュリティを高める為に、『二段階認証』の登録を行います。二段目の『Manage Google Authenticator』をクリックしましょう。尚、三段目の赤枠で囲われた『Lock Account』ボタンは、アカウントの利用を停止させてしまうものなので、絶対に触らない様に注意しましょう。

 

※二段階認証とは?

 二段階認証とは、名前の通り手続前の認証を二段階実施する事で安全性を高める仕組みの事です。二段階設定をしない場合は、ユーザー名とパスワードのみ分かっていれば仮想通貨の取引などを行うことができます。然し、パソコンやスマホがハッキングされた場合、アカウント情報が保存されていたりすると、そのままハッカーが仮想通貨の取引をできる状態になってしまい非常に危険です。二段階認証を設定すると、ユーザー名とパスワードの他に、利用者の利用端末でしか確認ができない乱数を入力しないと取引に移れません。その為、ユーザー名とパスワードが漏えいしてしまっても、資産が盗まれるというリスクを低減する事ができます。

 仮想通貨取引所で利用される二段階認証は、『Googlr Authenticator』というアプリケーションを利用して乱数を発行するケースが大半です。国内の取引所でも多く利用されている為、知らなかった人は今回を気に利用するようにしましょう。

 

 

 

 すると、バーコードと16桁の登録コードが表示されます。このどちらかの情報をGoogle Authenticatorに読み込ませる事で二段階認証の登録をすることができます。

 

 

 

 アプリケーションの検索で、『Google 認証』で検索をかければ当該アプリがヒットするので、必ずインストールをする様にしましょう。

 

※Google Authenticatorはこちらからインストールできます。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 アプリをインストールすると、登録済の乱数と『+(追加)』マークが表示されます。アプリをインストールしてから初めて利用する方は乱数の表示は無く、+マークのみになります。

 +マークをクリックすると、画面下部から『バーコードを読み取る』か『16桁の認証コードを入力するか』の二択を迫られます。ここでは、どちらの方法で進めていっても問題はありません。ただし、認証コードを利用する際は、『必ずコピー・貼り付け』をして入力しましょう。16桁という長さに加えて、英数字混在で大文字と小文字に区別もあるので、手入力は危険なのです。

 登録が完了すると、トップページに6桁の乱数が表示されます。この乱数は30秒周期で更新されるので、乱数利用時は毎回このアプリを開いて確認しましょう。

 

 これらの二段階認証の設定が完了すると、上の写真の様なメッセージが表示されます。このページを確認してから、入金・売買取引に入っていきましょう。

 

4 コインエクスチェンジでの入金・送金方法

 取引所で仮想通貨の取引を行うには、まず基軸となる仮想通貨の入金が必要になってきます。コインエクスチェンジでは。日本円の入金はできませんので、事前にBTC、ETH、ETC、LTC、DOGEの内のどれかをアカウント口座に送金していきます。DOGE以外の4通貨は国内取引所でも購入できる所が多いので、事前に購入しておきましょう。DOGEは国内での取扱いが少ない為、アカウント口座にBTCなどを入金してから、DOGEを購入していく様な流れになると思います。

 

具体的な操作方法ですが、ログイン後のページの右上にあるメニューボタンから『MY ACCOUNT』をクリックし、『Balances』をクリックします。すると、以下の様な仮想通貨の一覧が並ぶページに進みます。

 

 BTCを入金しようとする場合、画像の様に、BTC欄の右側にある『Actions』から『Deposit BTC』をクリックしていきます。

 

 

 

 登録したての段階では仮想通貨毎の口座アドレスが作成されていません。なので、緑枠の『Generate NEW Addres』をクリックしてアドレスの作成をしましょう。すると、二段階認証の時の様にバーコードと口座アドレスが表示されます。

 事前にBTCを準備してある口座アドレスから、バーコードを読み込むか表示されているアドレスを入力して送金をします。アドレスを入力して入金する際は、必ずアドレスを『コピー』して入力する様にしましょう。画面では一部を消していますが、数十文字の英数字の羅列になるので手入力だと間違えてしまう可能性が非常に高いです。

もしもアドレスを打ち間違えてしまうと、送金した仮想通貨は入金される事なく永遠に戻ってきません。送金元の取引所やウォレットのカスタマーセンターに問い合わせても戻ってきません。手続きの手間も簡単になるので、必ずコピーして入力しましょう。

5 コインエクスチェンジでの取引方法

 コインエクスチェンジのウォレットに入金できたら、やっと仮想通貨の取引をすることができます。トップページのメニューボタンから『Markets』をクリックすると以下のページが表示されます。

 

 

 上部にある『All Markets』をクリックすると基軸となる仮想通貨が表示されます。BTCをクリックすると、BTC建で取引ができる仮想通貨の一覧が表示されます。今回はBTCで取引を行うと想定してBTCをクリックし、一番上に表示されているPURAという仮想通貨を購入するとします。

 

 

 

 仮想通貨一覧の『PURA/BTC』をクリックすると、PURAのチャートや取引量などの各種データが表示されます。そして、下に進んで行くと上の画像の様な購入フォームが表示されます。ここで入力するのは、『Amount(購入量)』『Price(価格)』『Total(費用)』の3つです。価格はチャートを見た上で自分が取引したい希望価格になります。

そして購入量を決める事で最後の費用は自動的に計算されます。入力内容を確認したら、下の『Submit Buy Order』をクリックして購入完了です。

6 まとめ

 コインエクスチェンジの登録から入金、仮想通貨の購入までの流れはイメージできたでしょうか。初めて海外の取引所を利用するという方は、気持ち的に不安があるという方も少なくありません。この記事を見ながら基本的な操作に慣れていき、その他の機能などを徐々に試していくのが良いかもしれません。

 コインエクスチェンジの様に日本では購入できない仮想通貨を取引できるのは、リスクもありますが楽しいものです。実際に自分で情報を調べていくことで仮想通貨に対する理解も深まって一石二鳥ですので個人的にもオススメです!

 

 

 

 

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事