エヌビディアのGPUで仮想空間が話題すぎて今や自動運転に欠かせないものに | RanQ [ランク]

RanQ



エヌビディアのGPUで仮想空間が話題すぎて今や自動運転に欠かせないものに

Fb share Tw tweet
  • Thumb 6243755632 img 3876
    Thumb 6243755632 img 3876 Dai ステータス:レッド
    なんとなくの会社員から脱却!平凡以下のカスが想像を具現化する
  • 1
  • 628View

1 仮想について認知されているのは?

現在最も仮想について認知されてると思うのが、『仮想通貨』なのではないか?2017年何人の人が億り人になったのか、何人の人がどれだけの所得税を納めたのか?ビットコインやNEMやリップルを含め法定通貨ではない通貨の総称を日本では『仮想通貨』と呼んでいます。一般的に紙幣や硬貨を法定通貨と呼び、インターネット上の中央集権的な管理権威を持たないのを仮想通貨『暗号通貨』と呼んでいます。仮想通貨はブロックチェーン技術により管理されており分散型台帳とも呼ばれもっと深いところまでありますが今回は『仮想空間』についてなので省略します。

人気ゲームのGTAも実は仮想空間によるモノになり、広い仮想空間では景色やリアルな街並みで常に事件が起きておりR18のゲームとなっているがそれはゲーム自体が非常にリアルに再現されているためである。このリアルというものが今後現実になっていくものになるのではないかと思う。前者の仮想通貨もデジタルデバイス上で実際には目に見えない仮想通貨として存在して、それを現実社会で決済することができるというものであり、旅行会社のH.I.Sや家電量販店のヤマダ電気などで現在も対応店舗が急速に拡大しています。

2 様々な検証実験が仮想空間で行われている

急速に発達するコモディティ社会でガソリン自動車が電気自動車にシフトしようとしていると同時に、AIやIotといったデジタルデバイスが自動車と常にリンクするようになり、ユーザーの最適化や自動運転技術の拡大へ大きく舵を切っており自動車社会は今『100年に一度の大変革である』とも呼ばれている。

この自動運転について実際に路上を走行しての実験には安全性の担保や責任問題などの観点から大きな課題となっているが、これを解決するのが仮想空間での『実証実験』だ。仮想空間であれば様々なシミュレーションが再現でき天候の状況(雨、晴)や渋滞などの交通環境を再現できると共に路上実験よりも遥かに多くの時間を使うことができる。

3 仮想空間でクリアしたプログラムを実走行

Googleはこの仮想空間で米エヌビディアのAutoSIMというGPUを使用しており、様々な環境下において条件をクリアした有望なプログラムを適用することでリスクを最小限に抑えることができるとしている。エヌビディアは半導体のメーカーでありGoogleやテスラ、トヨタなど5社がエヌビディアのGPUプラットホームを使用するとしている、今ノリに乗っている半導体メーカである。

Thumb 6243755632 img 3876

Dai

なんとなくの会社員から脱却!平凡以下のカスが想像を具現化する
  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事