次に来る仮想通貨はこれ! 今後に期待できる仮想通貨の紹介 | RanQ [ランク]

RanQ



次に来る仮想通貨はこれ! 今後に期待できる仮想通貨の紹介

Fb share Tw tweet

https://bittimes.net/wp-content/uploads/2017/07/bitcoin-torihiki.jpg

「今後注目のアルトコイン」として挙げられているのが次の7つ。

  • Ethereum(イーサリアム)
  • Ripple(リップル)
  • NEM(ネム)
  • Lisk(リスク)
  • Litecoin(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • モナコイン(Monacoin)

 

今回はこれらの仮想通貨について説明していきます。

 

関連記事:FXと仮想通貨の違いって何?

1 仮想通貨を安全に運用する方法


あなたはもうJubilee Aceを初めていますか?もし初めていないのであれば時代に乗り切れていないと言われても仕方ありません。

JUBILEE ACE(ジュビリーエース)とは総合的なアービトラージのビジネススキームを組んでおり、ビットコインを稼ぐことが出来るアービトラージプラットフォームで、理論上は負けなしの投資と言われています。

これは私にJUBILEE ACE(ジュビリーエース)を教えてくれた方の運用結果です。

日本円にして約91万円の利益を出しています。入金額が大きい分利幅も大きいですね。

 

ビットコインやリップルといった暗号通貨は大きく利益が出ることもあれば大きく損失を出してしまうことがありますよね。ただJUBILEE ACE(ジュビリーエース)は違います。一気に大きい利益を獲得することが出来ない代わりに必ず利益が出るようになっています。つまり損失がないのです。

dummy

私自身も仮想通貨でトレードしているよりも圧倒的にJubilee Aceで運用した方が稼げました。毎月確実に運用益が入ってくるのでおすすめです。

Jubilee Aceについてもっと詳しく知りたいという方はこちらの記事もご覧ください⬇︎⬇︎

▶︎Jubilee Aceって本当に稼げるの?

 

もしJubilee Aceを始めたいという方やJubilee Aceについての質問等がある方は⬇︎のLINE@にてご連絡ください。

友だち追加

 

 

2 Ethereum(イーサリアム)

時価総額ランキング第2位がイーサリアムという通貨です。

イーサリアムは2015年7月にリリースし、その直後はおよそ300円という価格でした。それが今や、なんと30,000円を超える通過になりました。ちなみにイーサリアムは、あのホリエモンが推していた通貨です。

 

イーサリアムは「スマートコントラクト」という技術によって、ビットコインではできなかった「契約」の管理を自動で行うことができるようになりました。それにより「契約」の確認や履行、その保存に多大なコストかけてきた不動産売買が、超低コストでできる可能性が出てきます。

 

ビットコインやリップルに比べてイーサリアムは穴場です。あまり有名ではないからこそ買いやすく今後に期待できるのです。

 

実はイーサリアムは、過去のビットコイン伸び率よりも早い伸び率で成長しています。

そのことを考えると将来的にビットコイン的存在又は、ビットコインを超える存在になってもおかしくないのです。

 

私は今後イーサリアムはビットコインを超えてくると思っています。

 

イーサリアムはGMOコインで取引可能です。

目次へ戻る

 

 

3 Ripple(リップル)

 

リップルは現在、仮想通貨の時価総額ランキングで第3位の通貨です。リップルは仮想通貨やFXなどをやらない方でも、名前だけは聞いたことがあるって方もいるんじゃないでしょうか。

 

リップルは2017年に入ってから異常に伸びました。それまでリップルは1円にも満たない通貨だったんのですが、50円付近まで上がりました。

 

仮想通貨で人気のあるビットコインには、弱点があります。

それは、送金に時間がかかってしまうことです。その弱点を解決したのがRipple(リップル)です。ビットコインですと、送金に10分以上の時間がかかってしまうことがありますが、リップルなら数秒です。

 

多くのサイトでも、リップルほど長期保有に向いている仮想通貨はないと絶賛されているほどです。きっと5年後10年後には10倍20倍にもなっているかもしれませんよ。

 

リップルはGMOコインで取引可能です。

 

目次へ戻る

 

4 NEM(ネム)

ネムは2015年にスタートし時価総額ランキング第4位の仮想通貨です。ネムもリップルと同様に、長い期間1円にも満たない通貨でした。それが今では20円以上になっています。

 

ビットコインは仕組み上、どうしても資本力が強いところに仮想通貨が集まってしまいます。しかし、ネムの持つ「Proof of Importance」いう仕組み上では、ネムに貢献した人、つまり多くの取引をした人が報酬を得られるようになっています。多く通貨を持っているだけでは駄目で、取引をしなければなりません。ネムのネットワークでは誰にでも平等な機会が与えられるのです。

 

この世界観に惚れたファンはネムを保有し続けるため、例えばリップルなどに比べると比較的価格が安定している印象です。長期保有にはうってつけです。

 

目次へ戻る

 

5 Lisk(リスク)

リスクは2016年前半にスタートした仮想通貨です。

 

そしてリスクの時価総額ランキングは、18位。時価総額が高い仮想通貨は「人気があり安心」という側面はありますが、今後のポテンシャルを考えると時価総額が低い通貨も魅力的です。

リスクはプログラミング言語にjavascriptを採用することによってイーサリアムよりも開発が簡単になると期待されています。また、サイドチェーンを用いることでネットワーク拡大と開発の柔軟化が期待できます。このようにイーサリアムと似た特徴を持ちながら、より優れた面もあるというのがリスクの特徴です。

 

現在、リスクの開発者がより、リスクを認識されるようにマーケティングや広告に力を入れています。つまりブランド力を高めています。

 

リスクは、これから益々、大きな改革を行なっていくことでしょう。仮想通貨としての存在価値も大きく高まることが見込まれています。そして、リスクの価格も高騰していくものと思います。

 

目次へ戻る

 

6 Litecoin(ライトコイン)

ライトコインは2011年の10月にスタートした通貨です。ビットコインの次に世に出た仮想通貨です。開発したのは元Google社員です。約3ヵ月で約8倍にまで上げています。

 

ビットコインのプログラムをもとにして開発された通貨です。したがって基本的な仕組みはビットコインと大差ありません。

基本的にはビットコインに追従していく傾向のある通貨です。ビットコインが長期的に伸びていくとお考えであれば「買い」の通貨ではないでしょうか。

 

 

目次へ戻る

 

 

7 BCH(ビットコインキャッシュ)

ビットコインから分裂して生まれたのが、このビットコインキャッシュ。ビットコインと同じ2,100万枚の発行枚数となっていて、8月1日に誕生しました。

 

ビットコインはブロックの生成に10分という時間がかかるため、ブロックが作られる量と取引される量が追い付かなくなってしまったのです。そこで、ブロックの大きさを大幅にアップして、中に詰め込める取引のデータ量を増やそう!という案が提案されました。

そして誕生したのが、このビットコインキャッシュです!

 

ビットコインはひとつのブロックサイズが1MBとなっていましたが、ビットコインキャッシュの場合は8MBとなっています。大幅にブロックサイズが大きくなったことがわかりますよね!

このおかげで取り引きにかかる時間も少なくなり、スムーズな取り引きが可能になりました。

 

また、ビットコインキャッシュはビットコインと違ってSegwitは実装されていません。Segwitが実装される前にハードフォークが行われたためです。

それまでビットコインのマイニングを行って稼いでいた人たちは、ビットコインにSegwitが実装されることに反対していました。これは、Segwitが実装されてしまうとそれまでマイニングに使っていたASIC Boostというマイニング機器が利用できなくなってしまうからです。

 

要は、ビットコインにSegwitがついちゃうと稼げないからやめてくれ!ってことですね。

でも、ビットコインは取引の遅れが出てしまうためSegwitの実装に入りました。そこでマイナーたち(Segwitに反対した人たち)によって作られたのが、このビットコインキャッシュというワケなんですね。

つまり…マイナーたちにとってマイニングしやすいビットコインというところでしょうか。

 

ビットコインキャッシュもGMOコインで取引することが可能です。

 

目次へ戻る

 

8 モナコイン(Monacoin)

 

モナコインは2014年にスタートした「純国産」の仮想通貨です。年はじめには10円程度だったものが、年末には1,000円以上まで高騰しました。2019年に上場したモナコインですが、上場前後ではその価値が100%以上になった事でも有名になりましたね。

 

もともとは「投げ銭」といって遊び感覚で使用されていたモナコインですが、決算が90秒で出来てしまいます。ビットコインでも10分ほど掛かってしまいます。

大物トレーダーの方も既にモナコインを購入しています。

 

他の大物トレーダーの方も既にモナコインに目を付けています。モナコインは発行上限量が決まっています。人気が出れば出るほど価値が上がります。

安いうちに買っておくことをおすすめしますよ!

 

9 取引所GMOコインにしとけば間違いなし!

仮想通貨取引所おすすめはGMOコインです。

GMOコインはサイト登録者数No.1の仮想通貨取引所です。

 

FX取引高世界No.1のGMOグループだから抜群の信頼性があり、入会費・年会費・取引手数料が全て無料という面もあります。僕自身もGMOコインを使って取引をしていますが、GMOコインはスマホ一つで簡単に取引することが出来るので仮想通貨にまだなれていない方でも本当に使いやすい取引所となっています。

 

GMOコインは現在5種類の通貨を扱っています。

取り扱い通貨

BIPPoint

今後に超期待の出来るイーサリアムも取引可能なので、今のうちにGMOコインでイーサリアムを所持しておくといいでしょう。

 

GMOコインメリット

・全ての手数料が無料(現物やレバレッジ、FXなども)

・スプレッドが狭く損しにくい

・スマホアプリが初心者でもとても使いやすい

・セキュリティーが異常なほど強い

・いつでも電話対応してくれる

・レバレッジ10倍・追証なし

 

GMOコインのメリット最大のメリットは、

セキュリティーの高さです!金融商品取引業者水準のセキュリティ体制と、安定したサーバーを持っています。セキュリティーが高いからこそ多くの大口投資家が愛用しているのです。

 

コイ〇チェックのように仮想通貨が流出してしまうようなことがあったら大損ですからね!

 

GMOコインデリット

・時々入る買い規制

手数料無料ゆえ大人気のGMOコインですが、一時期は不満が集まっていました。それはビットコインが高騰した時に起きた「買い規制」です。GMOコインの保有ビットコインが足りなくなったことが原因と言われています。現在はビットコイン人気が落ち着いたこともあり、買い規制は起きていないようです!

 

 

 ビットフライヤーやコインチェックから

に乗り換える人か多いみたいです!

 

あなたもGMOコインが人気になりすぎて

口座開設が有料になる前に口座作ってみてはどうですか?

 

口座開設方法

GMOコインにアクセスする。 

②基本情報・口座情報を登録する。

③運転免許証などの本人確認書類をアップロードする。

④住所確認のために郵送されるハガキを受け取る

⑤銀行振り込みでGMOコインに入金し、取引を開始する。

 

口座開設はこちら⇩⇩⇩

 

10 仮想通貨ウォレットGinco が今激アツ!

みなさんは

『仮想通貨ウォレットGinco』ってご存知ですか?

実は今激アツの仮想通貨アプリなのです!

 

詳しく説明していきますね!

仮想通貨ウォレットGincoとは、スマホで簡単&安全に仮想通貨を管理できるモバイルウォレットアプリです。

ハードウェアウォレットは高価&難しそうだしという初心者の方や、パソコンを持っていない方、取引所はハッキングが心配だという方も、スマホで手軽に仮想通貨を管理することができます。

 

似たようなサービスでハードウェアウォレットがありますが、

ハードウェアウォレットは、3万円程度にも関わらずとても扱うのが難しいですが、

Gincoは無料アプリをダウンロード&インストールするだけで利用できます。

 

Gincoは仮想通貨の出金や入金を行えるだけでなく、

ウォレットとしても使えます!

(まだGinco決算できるお店は少ないですが、、)

 

仮想通貨元年と言われている2018年現在仮想通貨関連のサービスがとても充実してきています。

既にクレジットカードのように仮想通貨をウォレットとして決算できるサービスも少しずつですが、増えてきています。

今は無料でダウンロードできますが、仮想通貨決算が主流になってしまったらユーザーが爆発的に多くなってしまうので、有料化されるかもしれません。今のうちに無料ダウンロードしておきましょう!

 

仮想通貨ウォレットGincoインストールはpcではできないので注意してください。

 

仮想通貨ウォレットGincoインストールはこちら⇩⇩⇩

➤インストール(無料)

 

 

11 仮想通貨って何歳からOKなの??

株式の場合、
現物取引であれば未成年でも可能ということになっています。

 

手放しにOKというわけではなく、

親の承認を得て、
さらに親の責任の上で取引を行うということで
それが可能になっています。

 

また、FXに関しても
取引の方法によって年齢制限が設けられていることがあります。

18歳から可能なものも存在するようです。

どちらかというと、
多くの人が取引をするということに寛容な感じですよね。

 

では、仮想通貨はどうなっているのか?
ということですね。

 

仮想通貨に関しましては、
実は年齢制限が存在します。

成人になっていない人は
仮想通貨の取引ができないのです。

 

取引所の登録には、

マイナンバーカードや免許証の提示が絶対なので、

偽装は不可能です。

 

もしあなたが20歳未満なら

成人するまで、仮想通貨取引は、我慢しましょう!

 

 

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事