Ranq logo



電気代を安くしたいときはどうすればいいの?

Fb share Tw tweet
Thumb thumb illust 52
Thumb thumb illust 52 G-Currency

ステータス:ホワイト

85View

 

電気代を安くしたいと思うタイミングは色々ありますね。

・引っ越しをして新しく電気を契約するとき

・電気の検針票を見て料金にびっくりしたとき

・家計をやりくりするのにいつもかかる費用を見直そうと思ったとき

こんなときに電気代を安くしたいと思いますよね。

でも、電気代を安くするにはどうすればいいのでしょうか?

今までよりも必ず電気代を安くできる方法をお伝えしたいと思いますので、よし、電気代を安くするんだ!という方は是非この記事を読んでみてください。

 

1 電気代を安くしたいなら安く電気を提供してくれる電気小売業者と契約

電力自由化という言葉を聞いた事はありますよね?

以前は一般家庭は住む地域によって一般電気事業者と言われる北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力のいずれかの電力会社と電気の契約するしか選択肢はありませんでした。

でも、2016年の4月に一般家庭に送られる低圧の電力に関しても小売自由化がなされた事から、これらの電力会社以外からも電気を買う事ができるようになりました。

もちろんそこには顧客を獲得するための価格競争が発生します。

電気代を安くしたいなら、この価格競争を利用しない手はありませんよね?

 

2 実際は電気代が安くならない場合も

 

実は旧一般電気事業者以外と電気の契約をしても、旧一般電気事業者と契約するよりも電気代が安くならない場合があります。

電気料金は、電気の流れる容量による基本料金、実際に使った電気に対する従量料金、その他電気を使う時間帯などによる特別料金などがあるため、どのような電気の使い方をするかによって異なるためです。

せっかく電気代の節約のために新しい電力小売業者と契約したのに、結局料金が高くなったのでは意味がありません。

新しい電力小売業者と契約するときは、あなたが電気をどのように使うか、使い方や使用量の試算をした上で契約をする必要があります。

おすすめなのがHTBエナジーです。

大抵の電力小売業者は電気の使用量が多くならないと旧一般電気事業者よりも料金が安くなりませんが、HTBエナジーは一人暮らしの人でも十分電気料金を安くできます。

もちろんあなたが実際に電気料金を安くできるかは試算してみる必要があります。

HTBエナジーのサイトで電気料金の試算ができるので、是非試算してみてください。

 

↓ここをクリックして早速電気料金を試算(1分で試算できます)

HTBエナジー

3 電気代を安くしたいなら家電を新しいものに買い替える

 

 

電気代を安くしたいなら、家電を新しいものに買い替えるのもよいです。なぜなら、家電の省エネ技術は年々進歩しているからです。

特に電気代を安くするためには言うまでもなく電気を多く使う家電を新しいものに買い替えるのが効果的です。

電気を多く使う家電の代表格であるエアコンを10年前のものから買い替えると1時間あたり約4円電気代が安くなります。

日中家に人がいるか、日中出かけて誰もいなかでも大きく変わってきますが、1日12時間エアコンを使って、夏と冬の半年だけエアコンを使うとすると、1年間で4×12×30×6=8,640円の差になります。

もちろんエアコン本体がどれだけ長持ちするかにもよります。5年くらいで壊れてしまうものもあれば、15年以上使えるものもあります。

使い方や個体差にもよるので何とも言えない部分ですが、こまめに掃除をして極端に温度を下げたり上げたりしないで丁寧に使い長持ちさせるのであれば、エアコンを買い替えて電気代を安くするのもありです。

薄型テレビも37型で10年前のものから最新のものに買い替えると1時間あたり3円電気代が安くなります。

1日4時間テレビを見るとすると、1年間で3×4×30×12=4,320円電気代を安くする事ができます。液晶テレビは10年~15年くらいもつと言われているので、これもどれだけ長持ちするかによりますが、解像度の上がったテレビを見れるという事も考えて最新のテレビに買い替えるのもありです。

4 電気代を安くしたいなら電気の節約をする

電気代を安くするためには、当たり前ですが電気の節約をするのも効果があります。

誰もいない部屋で照明やテレビがついたままになっているのをこまめに消したり、エアコンの設定温度を1度変えるだけでもだいぶ電気代が安くなります。

エアコンのフィルターにごみが詰まっていると冷房や暖房の効きが悪くなるので、エアコンのフィルターはこまめに掃除をする事が大事です。

それとトイレの便座にヒーターが入っているタイプの場合、ふたをきちんと閉めるかどうかでヒーターの消費電力が変わるため、ふたをきちんと閉めるだけで電気代が安くなります。

また、炊飯ジャーをずっと保温のままにしておかず、ご飯が炊けたらスイッチを切って、必要に応じて電子レンジで温めた方が電気代を安くする事ができます。

大事なのは、多くの電気を使うものから使用時間や使い方を見直す事です。そうする事によって効率的に電気代を安くする事ができます。

 

5 オール電化にすると光熱費は安くなるの?

オール電化にするとなるとそれなりの工事が必要となり費用もかかるので、これはこれから新築で家を建てる人以外にはあまり関係ないかもしれませんが、エコキュートや蓄熱暖房機を使って夜間の安い電気料金でお湯を沸かしたり暖房をしたりする事ができるのがオール電化のメリットです。

また、オール電化にすると、ガスの基本料金がかからなかったり、暖房に灯油を使っている場合は灯油を補充する手間もなくなります。

ただ、オール電化の場合は、夜間の電気代が安い代わりに昼間の電気代が高めに設定されています。また、エコキュートや蓄熱暖房機はガス給湯器や一般的な暖房器具に比べて導入時に費用も手間もかかるため、そこの部分も考慮に入れなければいけません。

あとは、災害時に停電が起きてしまうと何もできなくなってしまうというデメリットもあります。

昼間の電力使用量などを考慮した上でオール電化にするかどうか検討する必要があります。

6 電気代を安くする方法まとめ

・安く電気を提供してくれる電気小売業者と契約する

↓ここをクリックして早速電気料金を試算(1分で試算できます)

HTBエナジー

・家電を新しいものに買い替える

・エアコンの設定温度を調節したり無駄な照明を消したりの節約をする

引っ越しやリフォームが電気代見直しのよい機会になると思います。是非上手に電気代を節約してくださいね。

 

Thumb thumb illust 52

G-Currency

  • Fb share Tw tweet

    あなたにおすすめの記事