Ranq logo



中学受験の塾選びのポイント!塾の選び方と特徴は?

Fb share Tw tweet
Thumb thumb illust 52
Thumb thumb illust 52 doreminote

ステータス:ホワイト

34View

 

 

中学受験で最大限効果をだすために重要なのが塾選びです。

中学受験塾を選ぶにあたって最大のポイントは『子供に合った塾を選ぶ+親にも合った塾を選ぶ』ということに尽きると思います。

そのためにやらなければならないことや考える必要があることをまとめてみました。

それぞれの塾には不得意・得意があります。例えば、『難関校が得意な塾』『子供に親身になってくれる塾』『中堅クラスの塾』などなど。また、先生の熱意も重要でしょう。

1つ質問しただけで、あふれるほど返答が返ってくる先生もいれば、こちらから相当つっつかないと引き出せない先生もいます。

これは、相性の問題です。こどもだけでなく親も自分にあった先生や塾を選ぶと、ストレスなくお付き合いできるでしょう。

1 中学受験塾を選ぶ基準は?親にも子にも合う塾がお互いにハッピー❕

中学受験塾を選ぶにあたって最大のポイントは『子供の気持ち』です!しかし、同時に大事なのは親の気持ちです!

 

なぜなら、中学受験を終えるまで通うのは子供だからです。子供がどうしても気に入らない場合は途中で転塾することにもなってしまいます。(実際、塾にどうしてもなじめず6年生の夏に転塾した同級生もいました)

 

 

●まずはたくさんの塾に見学に行く

 

さて、このことを踏まえてまずはなるべくたくさんの塾に見学に行きましょう。

できれば低学年のうちから見学に行くのが良いでしょう。もしよければ一度入塾してみるのです。実際に入ってみて合わなければ低学年のうちであれば軌道修正ができます。

子供は意外に同級生が通っているから、とか、先生が楽しそうだからとか、思わぬ理由で塾を選んだりもします。

個別・集団など様々な塾の体験に行ってみるとよいでしょう。個別指導が合っていたり、集団の方が好きだという場合もあるでしょう。

 

 

●家庭で求めていることと、塾の指導が一致する塾を選ぶ

 

塾に通わせるときに、『何を塾にカバーしてもらうか』をまずは明確にしましょう。

低学年のうちは勉強のペースを作りたいとか、まずは塾に慣れさせたいなどがあります。

また、ある程度勉強のできるお子様でしたら、宿題をだしてもらってとにかく量をこなしていきたい、家では勉強しないので塾が終わってから自習室で勉強してほしいなど塾に入れる目的があるでしょう。

その他にも、家ではできないのでせめて塾で勉強してほしい、家庭学習のアドバイが欲しい等々。

塾にどんな役割を担ってほしいのかをはっきりさせて、見学に行った際に自分の求めているものが満たされるのかを確認するとよいでしょう。

塾の先生と実際に話してみると、その塾の方針も肌で感じることができますし、その先生の考え方もわかります。

例えば、家での勉強のやり方を教えてほしいと思っているのに、塾の課題しか扱ってくれないのではこちらもストレスがたまります。

子供の感想と共に、親の考えも塾の方針や先生と当てはまるのかが大事です。

 

 

●実際の塾の評判も他のママに聞いてみる

 

きょうだいの上の学年の子が通っているママに実際通ってみてどうか、などの評判を聞くのもよいでしょう。

また、模試などがあれば、その校舎に受けに行ったときに先生やスタッフの雰囲気もわかります。子供を預ける塾の先生がイマイチだと、なんだか頼りないし不安になりますよね。

入塾前に、こちらの質問にしっかり答えてくれるかどうかもみてみましょう。

この先生にまかせれば安心!という気持ちが持てる塾を選びましょう。

 

 

●通う校舎の合格実績を聞いてみる

 

先生が頼りなさそうなのに、実績は良い・・・なんてこともあります。たまたまその年に優秀な子供が集まっただけかもしれません。

実績がしっかり出ている校舎を選ぶことも重要です。

自分の志望校にどのくらい合格者数がでているのか、志望校に近い偏差値の学校には入れているのかを確認しておくとよいでしょう。

 

2 進学塾と補習塾があるけど?どちらが良い?

塾には学校の授業をフォローする補習塾と中学受験を視野に入れた進学塾があります。

お子様の成績によっては中学受験自体を迷っていて補習塾から始めようか・・・という方もおられるでしょう。

やはり、この場合も実際の校舎に出向いて説明や先生の熱意を確かめることが重要です。なぜならHPに書かれていることと、実際の先生の熱意が異なる場合もあります。

実際にわたしも補習塾に説明を聞きに行きました。できれば中学受験を狙いたいが、その前段階として通わせたい、家庭学習のアドバイスもほしいと先生と話しました。

でも、先生はうちは受験を前提としてないので、家庭学習のアドバイスまでは・・・と言葉を濁されてしまいました。さらに、できる子はできるし、できないお子さんはやはりいらっしゃいますし・・・となんと他人事のようなコメントをいただきました。

HPには、成績アップのための学習プラン!と書かれていたのに拍子抜けしてしまいました。

実際の指導者や責任者の先生が親や子供に熱心に関わってくれないような気がしたので、個別指導の塾でしたが候補からはずしました。

このように、塾の先生の考え方も重要です。しっかり話を聞きにいきましょう。

3 中学受験塾選びの際に気になるポイント:最難関校を目指すには?

SAPIX

最難関学校を目指すに外せないのがSAPIXです。

特徴は

●クラス分けが毎月ある。成績順のクラス分けがなされる。上位のメンバーは割と固定される傾向にある。

●宿題のプリントが山ほど出されるが、優先順位なるものがあり、親の仕分けが必要。

●漢字テストや算数のミニテストがあり、これも対策が必要。

●高学年になると、休憩なしの3時間ぶっ続けで授業がある。このため他の大手塾に比べて早く帰れる。塾弁がいらない。

●SAPIXの偏差値は低めに出る。これは母集団のレベルが高いためと思われる。高学年でついていけなくなって転塾する生徒もわりといる。

 

エクタス(栄光ゼミナール)

SAPIXは間口が広いですが、このエクタスは入塾テストで普通に落とされるようです。

また、塾の雰囲気はさすがに最難関をめざすだけあって、少人数制で自分のペースで問題を解いて自分でわからないところを質問に行く、というスタイル。

先生の雰囲気も独特だとか。

『しっかりやらないと開成いけないぞ!』と、子供たちにゲキを飛ばすとか・・・・

しかし、扱う問題は良問らしく、偏差値60以上のお子様には刺激的??偏差値高めのお友達は自分のペースで勉強が進められるスタイルが気に入ったらしく、入りたい!と母に言ったとか。

 

エルカミノ

こちらも高偏差値の小学生がターゲットです。入塾テストをまずは通らないと入れません。

小人数制で理数系専門の塾ですが、やはり好奇心を刺激する面白い塾だとか。勉強ができる子にとっては楽しいのでしょう。

先生との相性もありますので、体験授業をまずは受けてみるのがよいでしょう。

4 中学受験塾選びの気になるポイント!四谷大塚と日能研

●四谷大塚

四谷大塚は入塾テストはありますが、間口は広い塾です。

入塾テストに落ちても、何回もやり直しできます。

1回の授業時間は長めです。集団授業が苦にならないお子様がおすすめです。

テキストも最難関向けというよりは基礎プラスαレベルです。学校の授業がだいたいわかるお子様でもう少しレベルアップしたい場合にはちょうど良いレベル感でしょう。

そうはいっても、5年生終了までに小学校の全範囲を終わらせるようカリキュラムが組まれています。しっかり授業についていけるかどうか親のフォローも重要になってくるでしょう。

●日能研

日能研も入塾テストはありますが、幅広い層に対応しています。

日能研は6年生の夏休みまでに小学校の全範囲を終わらすようなカリキュラムで、他の進学塾に比べると少し遅めです。他の塾のように、ゴリゴリ量をこなす塾ではないので、私立難関校を狙うお子様には物足りないかもしれません。

宿題もやや少なめとのことです。

一方で、途中参加しやすいというメリットもあります。他の塾では受験が差し迫ってくると入塾を断られることもあるようです。

日能研は自習室があり、授業が終わった後も自分で勉強ができるようです。家でなかなか勉強できない子は利用できますね。

両塾ともに、SAPIXほどではないものの受験間近になれば、勉強漬けの生活になることはまちがいありません。雰囲気や授業を受けてみてお子様に合った教室を選びましょう。

5 中学受験塾の選ぶポイント:早稲田アカデミー

早稲田アカデミーは先生が熱心!のようです。

また一度見学に行くと勧誘の電話もしつこくウンザリするとか。

使うテキストは四谷大塚の予習テキストで、宿題は多めに出ます。

体育会系の雰囲気だとか。これも実際体験してみて、お子様の感想で選ぶのもよいでしょう。

6 中学受験塾選びに重要なのは親がどのくらいサポートできるか?どこまで塾にやってもらうか?

中学受験塾は受験したい学校のレベル別に合う塾を選ぶのはもちろんですが、親がどのくらいフォローできるかも重要です。

親のフォローとは宿題の管理や、勉強のペースを家庭で作れるかなどです。

もちろんこれらが必要がないほどできるお子様のいるかもしれませんが、多くの子はペースをつくってあげたり、一緒に付き添ってあげることが必要です。

多くの宿題が出されても、親が取捨選択をして子供に最適なものを与えることができればハードな塾を選ぶこともよいでしょう。

親も含め、勉強のペースをどうやってつくるか、その塾にあったペースで受験まで走れるかなどを考えて塾を選ぶことで、充実した中学受験生活が送れるでしょう!

塾をうまく利用していくことが重要です。

Thumb thumb illust 52

doreminote

  • Fb share Tw tweet

    あなたにおすすめの記事