Ranq logo


環境活動家グレタさんは、なぜ中国を批判しないのか?背後に中国共産党の影

Thumb view 75199781 10220399598077995 6834316875254464512 n
Thumb view 75199781 10220399598077995 6834316875254464512 n yocchan

ステータス:ホワイト

ニュース、トレンド、調べたこと、感じたことを書いてます。
食いしん坊のおっさんです。
318View

 

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリ(16歳)さんは、2019年9月23日に行われた国連「気候行動サミット」で

「あなた方は、その空虚なことばで私の子ども時代の夢を奪いました」

「あなた方は私たちを裏切っています」

といった怒りの演説をして、一夜にして時の人となりました。

この演説の中で、下記の5国は温暖化対策を講じておらず、子供達の人権が脅かされてると言うのです。

・ドイツ

・フランス

・ブラジル

・アルゼンチン

・トルコ

しかし、この中に、なぜか、世界一のCO2排出国の中国が含まれていない

 

本来、環境問題は、発展途上国や新興国に不利になるはずですが、中国の環境問題はどこもスルーします。

 

環境保護に物申すなら環境汚染大国の中国に直接言うべきですが、なぜグレタさんは中国を批判しないのでしょうか?

 

これだけでもグレタさんは大人の操り人形なのではないかと疑いたくなるし、もしそうであるならば一層 TIME誌の「今年の人」に選ばれる理由も薄っすらと見えてきますね。

 

グレタさんの国連演説の登壇を調整したのは中国共産党が主導する米国 環境保護 法律事務所「アースジャスティス」(Earthjustice)と法律事務所「ハウスフィールドLLP」(Hausfeld LLP)と言われています。

グレタさんをはじめ、子供たちによる非難声明は、この2つの法律事務所が準備しました。

「アース・ジャスティス」は、 沖縄ジュゴン裁判の原告側弁護士事務所です。

中国共産党の意思で、米軍による沖縄の基地移転を阻止するために活動しています。

アースジャスティスは中国に都合がよく、米国に都合が悪い活動を国内外で展開しています。

 

Thumb view 75199781 10220399598077995 6834316875254464512 n

yocchan

ニュース、トレンド、調べたこと、感じたことを書いてます。
食いしん坊のおっさんです。
  • あなたにおすすめの記事