これはあり?お米が入ったプリン?! | RanQ [ランク]

RanQ



これはあり?お米が入ったプリン?!

Fb share Tw tweet
  • Thumb images
    Thumb images TAIT

    ステータス:ホワイト

  • 25View

 

 

いま、仕事の関係でフランスに来ているのですが、日本にはまず、スーパーなどで一般には売られていないプリンがありました。(一見、ヨーグルトに見えますがバニラ味ののプリンです) これはとりあえず買うしかないと手に取ったのですが、実際に食したその味や風味について紹介したいと思います。

1 プリンとご飯

まず、この中身の写真ですがこれです。
このつぶつぶは・・・

お米です。

好みの問題、個人の趣味というレベルでは、例えばご飯にプリンをかけて食べる人がいるかもしれませんが、日本ではまずスーパーで普通に買えるような商品ではないはずです。
(後で調べましたが、日本でもライスプリンなどという名称でありますね)

ところが。フランスではこのように一般に商品化されています。フランスにおいて、お米は日本でいう小豆のような存在です。そうなると穀物という部類でもフルーツに近い存在なので、このようにプリンの中に入ってしまう食材になりえるのだそうです。
 

2 味や食感は、あえて言えば「雪見大福」

プリンというだけあって、味はクリーミー甘いのですが、中に入っているお米が、ご飯というより、お餅のように思えてしまう、いえ正確には脳がそう思ってしまう(?)ような感覚があります。


無理やり日本の食べ物に当てはまるとすれば、「雪見大福」に近いと思います。
もちろん、これは「雪見大福」のようにアイスではないのですが、味というか食感、食べた時になんだろうと思ってまっさきに思い浮かんだのが「雪見大福」でした。

3 ありかなしか

我々日本人にとって大半の人にとって「なし」になると思います。
この商品をご飯としても食べることもできませんし、デザートとして食べることも厳しいと思います。 これを日常で食べるタイミングはありませんし、あえてそれでも食べるとしたら”罰ゲーム”になると思えるほどです。

実はこの製品を出しているのメーカーはフランスでは老舗のヨーグルトメーカーで、ヨーグルトは抜群においしいのですが、このお米とプリンという組み合わせが、なかなか日本人に受け入れがたい組み合わせです。
小豆も日本では甘くして和菓子として食べますが、海外では小豆は塩で味付けをします。なので、海外からすれば、日本も小豆が入ったお菓子は相当の違和感があるようです。


国が変われば、同じ食べ物でも食べ方や味はここまで異なるかと思いながら。
もし、この商品を見かける機会があれば勇気をもって買って食べてみるのも、いい思い出になるかもしれません。

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事