水害で避難勧告が出た場合の対策と行動とは | RanQ [ランク]

RanQ



水害で避難勧告が出た場合の対策と行動とは

Fb share Tw tweet
  • Thumb images
    Thumb images TAIT ステータス:ホワイト
  • 1
  • 59View

 

 

台風19号の影響に伴い、避難勧告が日本全国で出されていますが、こと台風に対する被害で最も懸念されるのは水害です。 関東地方をはじめ海抜ゼロ地域で、多数の住民が避難する際にどのように行動することがよいのでしょうか。
ここでは、水害対策の難しさと、準備物、避難勧告が出された場合の行動について記載したいと思います。

1 水害対策の難しさ

水害対策は、地震などの災害に比べて対応が難しいと言われています。それは自分の住んでいる地域に水害が及ぶ可能性があると分かっても、避難すればいいのか、それとも自宅に居た方がいいのか判断があいまいになりやすい特徴があります。水害時に提供される警告は、「指定された避難場所にはこだわらず、河川からできるだけ離れた場所や、建物の上層階など少しでも安全な場所へ避難し、無理な外出は控えてください」など、避難所へ行けばいいのか、それとも自宅の2階以上であればそこに留まっていればいいのかなど判断がしにくい情報が流れます。
人はよくわからない時には、考えることを止めてしまいます。 その結果、何もしないことになることがあり、これが最も危険です。また、状況が急変してから慌てて外に出て、かえって被害を受けることもあります。
 

2 水害に備えて準備しておくもの

では、水害に対策する際に、準備しておくものはどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、避難所に行く前に準備しておくものを記載します。
それは「厚手の着替え」や「タオル」です。また、これらをポリ袋に空気とともに入れてしっかり口をふさいでおいてください。
水害での一番の目的は防寒です。水でぬれた体に風があたると体感温度が下がるため、体温を維持しておくため必須の準備物となります。また、これらをポリ袋に空気とともにいれておくことは、万が一に冠水となった際にこれらをウキにして利用することができるからです。
 

3 避難勧告が出された場合の行動

すぐに避難所へ行くこと。これが重要です。
水害の場合、避難勧告は実際の災害が起こる前に出されます。地震のように発生後に出されるものではなく、人は実際に被害や痛みを伴う経験がなければ、状況を待つという思考をする傾向が強くなりますが、そうしている間にも状況は刻々と変化します。もうダメだと思って避難をしようとした際には、すでに外出ができない状況になっている可能性もあります。
避難所へ行けば、そこに集った人は多くいますし、災害の対策の備品や用品の他、情報交換や心の安定も得られます可能性も高くなります。

このように、水害の際の対策としては、思考停止ならずすぐに行動することが一番の対策になります。 行動を面倒がらず、また避難場所の把握は事前に行っておくことも重要です。

4 避難勧告が出された場合の行動

すぐに避難所へ行くこと。これが重要です。
水害の場合、避難勧告は実際の災害が起こる前に出されます。地震のように発生後に出されるものではなく、人は実際に被害や痛みを伴う経験がなければ、状況を待つという思考をする傾向が強くなりますが、そうしている間にも状況は刻々と変化します。もうダメだと思って避難をしようとした際には、すでに外出ができない状況になっている可能性もあります。
避難所へ行けば、そこに集った人は多くいますし、災害の対策の備品や用品の他、情報交換や心の安定も得られます可能性も高くなります。

このように、水害の際の対策としては、思考停止ならずすぐに行動することが一番の対策になります。 行動を面倒がらず、また避難場所の把握は事前に行っておくことも重要です。

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事