おすすめ水の音、貸切りできる露天風呂 | RanQ [ランク]

RanQ



おすすめ水の音、貸切りできる露天風呂

Fb share Tw tweet
  • Thumb images
    Thumb images TAIT

    ステータス:ホワイト

  • 61View

 

 

箱根の小涌園にある、水の音(読み:「みずのと」)は、比較的リーズナブルな価格の人気が高い温泉ホテルです。新館と本館の両方に大浴場があり、また、中庭には3つの貸し切り露天風呂があり温泉三昧の宿です。
宿泊のプランも魅力的ですが、部屋と食事付きの日帰りのプランもあり、東京から少し贅沢にリフレッシュして帰ってくるにはおすすめの温泉宿です。

ここでは、そんな水の音の水の音で「貸し切り入浴」ができる露天風呂について紹介したいと思います。

 

1 貸し切り入浴施設の場所

貸し切り露天風呂の場所ですが少々わかりにくい場所にあります。
新館と休館の間に中庭があるのですが、この中庭の新館側の通路に中庭への入り口があり、ここから中庭にはいって露天風呂へ歩いていきます。

2 利用方法

お風呂を貸し切りとする利用方法はいたってシンプルで、中庭の入り口にかかってある札を反転させて「利用中」の面を表に出すだけです。反対に。これをちゃんとしておかないと、他の方が入浴中に入ってくる可能性があります。

中庭からお風呂への移動は、スリッパが用意されており、部屋履きからこちらに履き替えてお風呂まで移動します。

なお、お風呂は3つあり「黄葉」「紅葉」「はな樽」という名称がついています。「はな樽」だけ、その名の通り樽の形状で他の2つより狭く2人用のお風呂になります。

「黄葉」

 

「はな樽」

3 泉質について

水の音の温泉は、小涌谷温泉(新館)と宮ノ下温泉(本館)の2つの源泉を楽しめる
のですが、中庭の露天風呂は小涌谷温泉となります。小涌谷温泉は、単純泉(アルカリ性単純泉)で、無色透明、肌触りが柔らかく癖のない泉質なので、敏感肌の方でもかぶれたり、痒くなったりする可能性は低いと思います。
お湯はぬるめで、ゆっくりと過ごせます。
神経痛・関節痛・冷え性に効きます。

 

東京からであれば片道2時間程度で到着し、ゆっくり温泉につかって、食事をいただいて部屋でくつろぎながら帰ってこられる日帰りの温泉宿のなかでは、一番のおすすめとなります。

貸し切りの露天風呂をゆっくりと堪能したい方には、是非、一度訪れて頂きたい旅館です。

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事