株やFxで使えるサイト群を個人的にまとめてみた | RanQ [ランク]

RanQ



株やFxで使えるサイト群を個人的にまとめてみた

Fb share Tw tweet
  • Thumb %e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc
    Thumb %e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc naruty ステータス:ホワイト
  • 1
  • 69View

 

どうも、なるてぃー(@narutyinv)です。

以前からちょいちょい勝ったり負けたりしていた株式投資やFxについて、

真面目に取り組む決心をしたのでよく使っているおすすめサイトをまとめてみました。

なお、完全初心者用の解説ページとかではなく、自分が市場分析などに用いている初級者以上向けのサイト達なので悪しからず。有名なものばかりなので知ってるサイトも多いかもしれません。

(半分自分用です。リンク集として今後も更新していこうと思います。)

投資に注力する決心をした背景もちょっとだけお話しますが興味ない方は目次2以降に飛んでください。

 

1 そもそもなんで投資をするのか?

多くの人が金融商品に手を出す理由は「資産を増やすため」です。資産が増えなければ投資する意味がありません。

一方で、「どれくらい増やせるか?」は「どれくらいリスクを取るのか?」と同義です。一気にお金を増やそうとするならば、失敗した際にそれと同等のダメージを負います。

つまり、資産を増やそうとすればするほどリスクを大きく取らなければならず、そこで失敗するとお金は減って「あぁ、投資しなきゃよかった」となる訳です。当たり前ですね。

僕は現在金融商品を扱うようになってから約1年ほど経過し、やっと「金融商品は『儲かる機会』の売買なんだ」と心の底から理解しました。言葉にしてみれば簡単ですが、アクションと結び付けようとするとこれがなかなか難しかった。誰だって株価や為替レートが上下するたびに一喜一憂するのはこの世界に入った人間が必ず通る道だと思います。儲かる機会の売買なら、損切額はその『機会を買う費用だった』と割り切れます。

こうして、一年間お金で「遊んできた」結果投資に向き合うマインドが醸成されたので、「じゃ、真面目に金融商品極めてみるか!」となりました。あと単純に年収が足りないです。おかね欲しい。以上余談でした。

2 株式投資(個別銘柄)で特に使うサイト

お待たせしました。以下は株式投資(個別銘柄)で特に使っているサイト達です。

ヤフーファイナンスや株探などは探せばすぐ出てくるのでその他サイトに放り込んでおくとして、実際に分析でよく使うサイトを挙げました。

株ドラゴン

http://www.kabudragon.com/

ケンミレ株式情報

https://www.miller.co.jp/

株価アルゴリズム

http://www.rizumu.net/

空売り.net

https://karauri.net/
 

だいたいこんなもんです。順番に解説します。

 

株ドラゴンは言わずと知れた銘柄選定サイトです。特に出来高急騰銘柄や年初来高値更新銘柄など勢いの強い銘柄を探したいときに役立ちます。サイト自体は簡素な作りですが実用性抜群です。

ケンミレ株式情報は押し目率ランキングが特に便利です。ランキングから個別銘柄をクリックすると、フィボナッチの反発ラインを感覚的に引いてくれるので使いやすい。投資の考え方など解説系も充実しているので無料コンテンツだけでも役に立ちます。

株価アルゴリズムはチャートシグナルから個別銘柄を取り出してくる際に株ドラゴンよりも役立ちます。各シグナルごとの騰落確率が載っているので、チャートの総合判断を行う上でも役に立ったりします。

最後に空売り.netですが、こちらは各銘柄の機関投資家空売りポジション状況がわかります。空売りポジションが増えてくるとどこかで決済買い圧力が働くので暴落or踏み上げ相場が起こるのかどうか?を判断する際に使えます。機関の動きは個別銘柄に大きな影響を与えるので貸借倍率と合わせて注意しておきたい重要情報です。

3 Fx(+日経先物とかの一部CFD)で特に使うサイト

では次にFx系も載せていきます。

日経225.jp

https://nikkei225jp.com/fx/

マタフ

https://www.mataf.net/en/forex/tools/currency-index

ザイFx

https://zai.diamond.jp/fx

 

とりあえずこの3つは鉄板ですね。順に解説します。

まず日経225.jpは為替チャートだけでなく、タブで切り替えれば日経先物やダウなどあらゆるものが俯瞰できて便利です。チャートなんかも載ってますが、トレード時はみなさん証券口座などのアプリでそれぞれ見ると思うのでおまけ程度ですね。それよりも大事なのは、Oanndaのオープンポジションや、経済指標、スケジュールなどが一覧でみられることです。オープンポジションの使い方はまた別の機会に解説するとして、相場分析する上で必要な情報がほぼ揃ってる印象を受けます。また余談ですが、ブラウザ上で動くので余計なアプリのダウンロードが無いという地味なメリットもあります。

次にマタフです。このサイトでは各通貨同士の”強さ”を比較することが出来ます。英語サイトなのでちょっとわかりにくいですが、上のリンクに張ったようにcurrency-indexの上から2つ目のチャートしかほぼ使いません。本記事はまとめサイトなので詳しい使い方はまた別記事で紹介します。

最後にザイFxです。こちらは投資雑誌「ダイヤモンドZai」のWeb版サイトです。自分で判断しきれないとき、アナリストレポートを眺める際に利用します。正直アナリストレポートなんて大体当てにならない気がしますが、その方々が投資家心理に影響して動く資金力を考えると案外馬鹿にならないこともあります。

まだたくさんありますが、どうせ多すぎても使いこなせないので残りはその他サイトに放り込んでおきます。

4 その他サイト(思いつく限り挙げてみる)

まずこの辺りのサイトは個別銘柄で調べれば必ず出てくるよねってサイト達です。

証券コードでググりましょう。特にヤフーファイナンス

ヤフーファイナンス

https://finance.yahoo.co.jp/

株マップ

https://jp.kabumap.com/

株探

https://kabutan.jp/

また、ヤフーファイナンスの中で株予報は特に理論株価やシグナルなど使える項目が多いのでお勧めです。アナリストレポートも活用しましょう。

株予報

https://kabuyoho.ifis.co.jp/

Fxだと羊飼いのFxが経済市場動向が見やすくて便利です。

羊飼いのFx

https://kissfx.com/

 

まだまだいろんな良サイトがあると思いますが、見つけたら更新していきたいと思います。

  • Fb share Tw tweet