北がまた「新型短距離弾道ミサイル」2発発射か 立て続けの示威で米韓演習に圧力 | RanQ [ランク]

RanQ



北がまた「新型短距離弾道ミサイル」2発発射か 立て続けの示威で米韓演習に圧力

Fb share Tw tweet
  • Thumb thumb illust 52
    Thumb thumb illust 52 testtestranq ステータス:ホワイト
    メディアが好きです。
  • 0
  • 37View

 【ソウル=桜井紀雄】韓国軍合同参謀本部は2日、北朝鮮が同日午前2時59分と3時23分(日本時間同)ごろ、東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)永興(ヨンフン)付近から日本海に向けて短距離の飛翔(ひしょう)体を2回発射したと発表した。高度は約25キロで、約220キロ飛行、最大飛行速度はマッハ6・9と探知されたという。北朝鮮によるミサイルなどの発射は1週間余りで3度目。

 韓国大統領府は、北朝鮮が7月31日に発射したものと「類似した飛行特性がある」とし、米韓当局が「新型短距離弾道ミサイルの可能性が高い」と分析していると明らかにした。ただ、北朝鮮は31日に新型多連装ロケット砲を発射したとし、写真も公開。主張に違いが生じている。

 北朝鮮は25日にも新型短距離弾道ミサイルを発射していた。日本政府は、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への飛来は確認されていないとしている。

 北朝鮮は、米韓が5日から予定する合同軍事演習に強く反発。7月25日の発射では、韓国への「武力示威」だと警告しており、立て続けの軍事的挑発で演習を中止や変更に追い込む狙いとみられる。トランプ米大統領が、短距離なら問題ないとの姿勢を繰り返し示していることが結果的に挑発を誘発している形だ。

 韓国の情報機関、国家情報院は1日、北朝鮮が今月中に再びミサイル発射など武力示威を行う可能性があると国会で報告していた。

Thumb thumb illust 52
メディアが好きです。
  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事