発毛剤と育毛剤の違い・うぶ毛を生むのに最適な方法は? | RanQ [ランク]

RanQ



発毛剤と育毛剤の違い・うぶ毛を生むのに最適な方法は?

Fb share Tw tweet
  • Thumb thumb illust 52
    Thumb thumb illust 52 Pinryu

    ステータス:ホワイト

  • 1
  • 223View

 

 まず、結論ですが、

毛の無いところにうぶ毛を生やすのに育毛剤はまったく効果なし。

すでにある毛を育てて伸ばすのに発毛剤はたいへん効率が悪い。

となります。

 育毛剤を使えば毛がはえてくる。私自身も昔はそう思っていました。特に発毛剤という言葉は聞いたこともありませんでした。でも本気で毛を生やしたい、増やしたいときには、最善の方法をさがしますよね。

 ここでは、最も基本的な事項である、発毛剤と育毛剤の違いを簡潔にわかりやすくご紹介します。これで、自分にとって何がどのような順序で必要なのかを確認しましょう。

 

※ また最後に、育毛を促進させる重要なマッサージ方法のリンクもご紹介しております。

完全脱毛症の32人のうち32人全員がうぶ毛の生み出しに成功している方法です。

(最後の記事の所に詳しくご紹介しております)

1 発毛剤の目的・効果・副作用・おすすめ

 

~~発毛剤について~~

(1) 目的

 脱毛症が進行して、毛髪が無い、あるいは少ない状態から「うぶ毛」を生み出すことを目的に生産されたものが 発毛剤 です。したがって、毛髪が無い状態でいくら 育毛剤 を使用してもまったく効果はありません。この場合は100% 発毛剤 の力を借りる必要があります。つまり、ほとんど毛髪がない方が、まず「うぶ毛」を頭に生み出すことが目的の場合は必ず 発毛剤 の力をかりることになります。

 

(2) 効果

 〈第一段階〉 

 発毛剤を正しい方法で毎日使い始めていくと、早い人で2か月、遅くとも4か月ほどすると、頭に光をあてて鏡をのぞくと、なにか「うぶ毛」のようなものが見え始めます。初めは、うぶ毛なのかそれとも気のせいなのかがわからない程度ですが、頭皮が「ボーっと全体的に白いような感じ」の場合は、うぶ毛の可能性が高いです。こうなれば第一段階としては大成功です。

 〈第二段階〉 

 さらに1か月ほどすると、今度は明らかに「うぶ毛」を見てとることができるようになります。全体的に1~3mmほどの白い毛が頭皮上にみうけられれば 発毛剤 の使用は成功したと考えられます。なお、この時点で頭の前(額の上)部分よりも、頭上(頭のてっぺん)部分の方が先に「うぶ毛」がうまれてくるのが一般的です。前の部分にまだ毛が生えていなくても「失敗」したと考えたり、不安になる必要はまったくありません。1か月くらい遅れて前部分にもうぶ毛が生えてくる可能性は高いです。

 〈最終段階〉

 さらに1~2か月すると、そのうぶ毛が順調に伸びれば4~5mmまでになります。この段階で発毛剤の役目は終了と考えていいと思われます。発毛剤の役目は終了し、ここからは育毛剤への切り替えになります。

 

(3) 注意点

 1~3mmのうぶ毛が生えた後、そのまま 発毛剤 を使用するべきか、ここで 育毛剤 にきりかえるべきか、この判断は難しいです。私の場合はこの段階で 育毛剤 に切り替えました。とりあえず「うぶ毛」はその後も順調に成長してはおりますが、継続して発毛剤を使用した場合との比較ができないため、どちらの方法がよいのかは断定できません。まわりの育毛成功者の経験談も、ここの意見はまちまちです。また、育毛剤の中には「発毛剤と育毛剤の間くらいの働きをもつ」ものもあります(プランテルEXなどがそれにあたります)。

※ 私の場合はこういった発毛剤と育毛剤の間のものを「中継ぎ役」ととらえて、発毛剤→中継ぎ役のもの→育毛剤 という順序で使用しました。現在は無事育毛剤にまでたどり着き、順調にうぶ毛が育っております(現在進行形)。

 

(4) 副作用

 よく「発毛剤には副作用がある」と書かれているものを目にします。実際に使用した方の感想にも、さまざまな副作用が報告されておりますが、一方で「副作用などまったくなかった」という意見の方も多く見受けられます。こればかりは実際に個人が使用してみないことにはなんとも言えないのですが、割合的に「副作用があった」といわれる方は「なにか痒いような気がする」といった、小さいものも含めて20~30%程度のようです。

 おもな副作用としては、頭皮のかゆみ、頭皮のかぶれというものが多く、なかには頭痛や性欲減退といったケースも見受けられます。ただし、発毛剤 にも 外用品 と 内服用 とがありますので、当然個々の 発毛剤 での副作用は違ってくるというのが実際のところで、発毛剤 を全てひとくくりに話をするわけにはいかないでしょう。

※ 外用品→頭皮のかゆみ、かぶれなどが口コミのほとんどです。

  内服用→口コミの中には頭痛や性欲減退といった重い報告も数パーセントみうけられます。

※ ちなみに私の周りの育毛活動を行ってきた人達32名の間では、「なにか痒くなった」が2名、「痒いといわれればそんな気がしないでもない」が3名で、あとの26名は「全くなにもなかった」という意見です(1名は発毛剤を使用しないでうぶ毛を生むのに成功していますので対象外)。

 

(5) おすすめ

 発毛剤 の種類はたくさんあります。全てのものを周りの知人の誰かが使用しているわけではありませんので、ここで紹介しないものがよくないというわけではありませんが、実際に育毛活動中である私や、育毛活動の知人達(すでに卒業している方も含めて)が使用したうえで、効果があったものがいくつかあります。なかでも特におすすめなのは

リアップX5 

です。おすすめの理由は、私自身と周りの知人16名がそろってこの リアップX5 で発毛に成功しているからです。医学的な根拠 ももちろんありますが、事実がまず何よりもの「おすすめするにあたっての自信」といえるわけです。

※ 知人の中には内服用を使用した方もおり、やはりこちらの効果ははっきりしていました。しかし多くの方はやはり性欲減退という副作用を怖がって、外用品から選択しているのが周りの実情です。私も内服用には抵抗があったため、外用品で一番評判の高いリアップX5を選びました。ただし、このリアップX5にさえ「まったくうぶ毛が生えてこなかった」という声もあるようです(ネット上の口コミにおいて)。

※ わたしの知人で知る限りでは17名中16名がリアップX5で発毛に成功しております。ただし、その16名は全て、後述する頭皮マッサージとセットで行った結果です。17人中の成功しなかった唯一の1名だけがマッサージを行っておりませんでした。もしかしたら、リアップX5ではなく、そのマッサージ方法がよいのかもしれません。リアップX5を使われる方は、ご紹介するマッサージ法と是非セットでおこなってくださいね。

※ リアップX5は第一医薬品なので簡単には購入できないという方もおりますが、私はドラッグストアで担当者と30秒ほどやり取りをして、それでおしまい即購入できました。何も面倒くさいことなどありませんでした。

 

(発毛剤の基本的な知識を知りたい方はこちら↓)

https://object-storage.tyo2.conoha.io/v1/nc_771af95e34cd4f14b29d6a265f7639b7/pro/uploads/ckeditor/pictures/23840/40526337_PW36_1_.jpg

発毛剤の基礎知識 成分・効果・副作用・種類

 

 

2 育毛剤の目的・効果・副作用・おすすめ

 

~~育毛剤について~~

(1) 目的

 現在頭上に生えている頭髪を太く長く丈夫にしていくことを目的に作られたものが 育毛剤 です。抜け毛を防いだり、生えてきた「うぶ毛」をより太く長く育てていくことが目的の場合は、この育毛剤 の力が頼りになります。したがって、抜け毛が気になりだした方、育毛活動でまず「うぶ毛」を生み出すことに成功し、次にその「うぶ毛」を育てたい方には 発毛剤 ではなく 育毛剤 の使用をおすすめします。

 

(2) 効果

 おもな効果は2点です。

 〈効果1〉脱毛症予防効果

 抜け毛が不安、あるいは先々に脱毛症が心配な方がその予防として使用する場合には、非常に効果があります。脱毛症が進行してしまう前に 育毛剤 を使用している方はまず 脱毛症にならないようです。遺伝性脱毛症を心配している方にはお勧めです。

 〈効果2〉うぶ毛の成長

 発毛に成功し、うぶ毛を生やした後に、その成長をうながす場合には 育毛剤 の力が効果を発揮します。私の場合は1~2mm程度になった うぶ毛 が育毛剤の力で現在5~8mm程度まで成長してきております。周りの成功体験者の話ですと、ここからが時間がかかるところで、2~3年と皆が口をそろえていっております。

 

(3) 副作用

 発毛剤に比べて、育毛剤での副作用はあまり報告がないようです。たまにフケが多くなった、頭皮がかゆくなった、逆に抜け毛が多くなった といった報告をあげるかたもいらっしゃるようですが、割合的にはわずかです。

 

(4) おすすめ

 私の周りの育毛成功者が使用してきた 育毛剤 はいくつかあります。いずれも有名なものばかりですが、そのなかでお薦めなのは 

  チャップアップ 

です。理由は私の周りの人たちが使用して、ほとんどの人が評価しているからです。ただし、チャップアップの使用に関しては、頭皮マッサージを行うのとそうでない場合とではかなり効果に差がでるようです。この後の方で頭皮マッサージについてご紹介しておりますので、興味がありましたら試してみてください。頭皮マッサージ+チャップアップの組み合わせはかなりお薦めです。わたしの周りでは、10人中10人がこれでふさふさになりました(2~3年かかるようですが)。



【 チャップアップ・公式サイトへ→ チャップアップ(CHAPUP) 】

(育毛剤の基本的な知識が知りたい方はこちら↓)

https://object-storage.tyo2.conoha.io/v1/nc_771af95e34cd4f14b29d6a265f7639b7/pro/uploads/ckeditor/pictures/23844/500_F_44245180_nJ2fMK4bQuZ2RUmRY9zZEpAMI7JKpbCS_1_.jpg

育毛剤の基礎知識 成分・効果・副作用・種類

 

3 発毛剤・育毛剤の力を引き出すためには

 発毛剤や育毛剤はただ使えば毛が簡単に生えてくると思わない方がよいと思います。それは、ネット上で「どの育毛剤もまったく効果がなかった」と言っている方が何人もいるからです。発毛剤と育毛剤は主役ですが、大切なわき役を添えて初めて主役が生きてきます。そのわき役として重要なのは

 ① 頭皮マッサージ   ② 育毛シャンプー

であると私は考えております。特に頭皮マッサージは何故かあまり知られていないようですが、育毛の成功率が格段に上がります。このマッサージがしっかりと正しく行われていれば、有名な発毛剤や育毛剤のほとんどが名前通りの結果を示してくれると思っております。興味のある方は、↓の記事を読んでみてください。

【関連記事:32人中32人がうぶ毛発毛に成功した頭皮マッサージに関する記事↓】

https://ranq-media.com/articles/15489/edit

また、育毛シャンプーも重要です。というより、市販の普通のシャンプーが「育毛」という点においてはマイナスのようです。頭皮が弱っている人は「頭皮対策」として育毛シャンプーを使用していないと、発毛剤や育毛剤の効果が十分に発揮されないように思われます。

【関連記事:育毛シャンプーについて↓】

https://ranq-media.com/articles/16553/edit

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事