営業を二度とやりたくない人へ 元営業の独り言メッセージ | RanQ [ランク]

RanQ



営業を二度とやりたくない人へ 元営業の独り言メッセージ

Fb share Tw tweet
  • Thumb 41ahqewvohl
    Thumb 41ahqewvohl mhhyr2000 ステータス:ホワイト
  • 3
  • 172View

このページを覗きに来ていただいている方にとって、『営業はとっても面白い仕事です!』

と言っても嘘に聞こえてしまうかもしれません。

 

でも、本来営業とはとてもやりがいがある仕事であるべきだと感じています。

 

私自身、某大手の広告屋さんで営業経験もあり、広告代理店へ営業としての出向経験、直販部隊での営業マネジメント経験など営業マンと携わることも自身でも営業をしていました。

 

正直辞めたいと思ったことはありますし、2回上司、出向時は社長まで辞めるといって面談も何度もしていただいた経験もあります。

 

そんな僕がどうして営業は本当に楽しい、というかやりがいがある!とモチベートされ、代わっていたのか、本当は営業にはどんなやりがいがあるのか?!についてこちらでまとめていきたいと思います。

 

少しでも営業という職種において困っている方の参考になればと思いますので見ていただけると嬉しいです。

1 営業が面白くないと感じる理由

まずはじめに、

 

営業が面白くないと感じる理由を上げていきたいと思います

 

・お客様に怒られるから

 

・ノルマや目標がある、達成しないと苦しい

 

・日々誰かと戦っている感じがする、別に一番じゃなくていいのに

 

・電話をかけるのが嫌だ、辛い、お客さんにも出てもらえないし同じような電話が沢山あって迷惑だろうし...

 

・営業がやりたくて入社したわけじゃない、勝手に配属された

 

・結果が出ない売れない話も聞いてくれない

 

たぶんもっとあるかと思いますが、こんなところで少なくともこの記事を見ていただいた方は該当するところがあるのではないでしょうか。

2 営業をやっていて楽しいと思う瞬間

今度は逆に私が営業をやっていて楽しいと思う瞬間を あげていきたいと思います。

 

・お客様に怒られることもあるが、成果が出た時は一緒に喜びあえる仲間になれる

 

お客様(社外の人)が仲間になる感覚は鳥肌ものであった記憶があります。

 

・ノルマ目標が達成した時はなんか分かんないけど気持ちいい、給与上がる

 

・別に一番になろうと思ったこともそんなにないけど、成績が上位になるとなんかどちらかというと楽しいと感じることもある。インセンティブ(お金)もらえる。結果嬉しいかw

 

・初めは電話をかけるのが嫌だけど、断られるのに慣れてくると逆に気持ちよくなる。逆にたくさん断られているからこそ、1回出てくれる電話がとっても嬉しくなる。さらにそこから話を聞いてくれたり、アポイントがもらえたり、契約に繋がるとその嬉しさは一入。

 

個人的に一番嬉しい?営業を経験して幸せだなと感じた事は、、、

・営業ができる=相手の話をちゃんと聞き理解することができる、相手にちゃんと伝えたい話を届け、理解してもらうことができる。結果として自分の思っている方向に誘導(導く)ことができる=人生において、人と出会い社会で生きていく中で、人とコミュニケーションをすることで人間は大人になり、そして死んでいく。その過程を生きる上で営業ができる能力があれば関わる多くの人をハッピーにできると思う。さらに、それがいろんな場面(※例えば、悲しんでる人をシンプルに即効で笑顔にできたり、好きな人をデートに誘えたり、母に怒られないように上手くかわしたり.etc)で能力が発揮できれば、自身の人生はもとより、関わる周りの人の人生までハッピーにでき、結果そういった人たちが増えていくと、結果日本は、世界は、幸せでハッピーな国、地球になるんじゃないかと思っています。真剣に思っていますよ^^

3 これからの記事の更新などについて

さて、今日は抽象的な内容を書いてしまいましたが、具体的な事に関しては、コメント等いただけるとそれに返信する形で書いていきたいと思いますし、記事自体も更新していければと思っております。どうか、営業が嫌いだったり営業という仕事をすることで病んで病気になったり、そんなつらい経験をされた方や今そうなってしまっている方に、少しでも楽になってもらえれば、少しでも楽しくなってもらえばと思いますので、今後とも読んでいただいたり、コメントいただけると嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事