小旅行気分でおでかけ花火大会5選 | RanQ [ランク]

RanQ



小旅行気分でおでかけ花火大会5選

Fb share Tw tweet
  • Thumb img 20180422 154958
    Thumb img 20180422 154958 yoshius ステータス:ホワイト
    旅行好き、グッズ好き。
  • 1
  • 87View

花火大会のシーズンですね。
花火を見るなら、ちょっと足を伸ばして日帰りで花火大会が楽しめる観光スポットに行ってみませんか。
東京からのショートトリップを楽しみながら花火大会に参加できるスポットを5箇所選びました。
 

1 大洗海上花火大会

東京から特急と大洗鹿島線を乗り継いで約2時間、自動車で3時間程度の大洗。
ここは会場が駅から歩いて10分程度。
会場のある広大な大洗サンビーチ海水浴場は昼間は海水浴が楽しめ、泳いでから花火という楽しみ方もOK。
とれたての海鮮料理が楽しめる食堂も町中にあります。

2019年7月27日(土)20:00~21:00
 

2 阿字ヶ浦海岸花火大会

こちらは大洗の隣ひたちなか市。
東京からは同じく特急とひたちなか海浜鉄道を乗り継いで約2時間、自動車で3時間程度。
周囲には阿字ヶ浦海水浴場での海水浴や那珂湊の海鮮料理の楽しめる料理店、さらに遊園地のあるひたち海浜公園もあって楽しさいっぱい。

2019年7月28日(日)19:00~20:30

3 水郷潮来花火大会

東京から自動車・高速バスで約1時間半の潮来。
初夏にはあやめで有名なこの街で夏は花火大会が開かれます。
水中スターマインが見もの。
霞ヶ浦の水辺をのんびり散策しながら花火の鑑賞をどうぞ。

2019年8月17日(土)19:30~20:30

4 鴨川市納涼花火鴨川大会

アクアライン経由で鴨川へは東京から1時間半。
美しい前原・横渚海岸で開かれる花火大会では名物の水中花火が水面に映し出されます。
前原海岸では昼間ステージイベントもあるので昼間からお祭り気分になります。
イルカで知られる鴨川シーワールドもすぐ。

2019年7月29日(月)19:30~20:20
 

5 熱海海上花火大会

東京から新幹線で40分、在来線でも1時間半の熱海。
7,8月はなんと7日も花火大会があります。
毎回最後を飾る大空中ナイアガラが目玉。
伊豆のビーチで泳いだり、箱根で海賊船に乗ったり、シャボテン公園などで楽しんだ帰りにも寄れるのが魅力。

2019年7月26日(金)、30日(火)、8月5日(月)、8日(木)、18日(日)、23日(金)、30日(金)
20:20~20:50

Thumb img 20180422 154958
旅行好き、グッズ好き。
  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事