和食には塩分が多い? 和食の以外な落とし穴 | RanQ [ランク]

RanQ



和食には塩分が多い? 和食の以外な落とし穴

Fb share Tw tweet
  • Thumb dsc 0122 2
    Thumb dsc 0122 2 Gains ステータス:レッド
    健康美容を中心に痒いとことに手が届く情報をお届けします。
  • 1
  • 244View

 

現在世界的に和食ブームですね。外国人がイメージする寿司や天婦羅に加え、私たち日本人が和食と言って思い浮かぶのは、ご飯に味噌汁、焼き魚、おひたしといったヘルシーな食事ですよね?

海外でも和食はヘルシーという認識があり、健康志向の人たちの間に急速に和食が広がっています。

確かに和食は脂質が少なく、脂肪の蓄積による生活習慣病を予防するという観点で見ればとても優れた食事なのですが、塩分という観点でみた場合はどうなのでしょうか?

 

↓血圧が高い方へ 特定保健用食品ヘルケアの公式ページを見てみる(ここをクリック)

ヘルケア 即定期

 

1 和食は洋食に比べて塩分が多い

和食は洋食に比べて塩分が多く、塩分を気にせずに和食を食べ続けると塩分を過剰摂取する事になってしまいます。

食塩の摂取量目安は男性が8g未満、女性が7g未満とされていますが、和食を中心に食べている人の場合、この目安を守る事はまず無理です。

和食は通常ご飯と味噌汁が基本となるため、味噌汁を飲む事によって多くの塩分を摂取する事になります。また、漬物や煮物などの塩分の多い食品が多い事、寿司や焼き魚など醤油をつけたりかけたりして食べる料理も多い事から、知らず知らずのうちに多くの塩分をとってしまっています。

日本人は、平均的に毎日10gを超える塩分を摂取していると言われています。

これに比べて洋食の場合は、パンにバターやジャムをつけて食べます。中にはバターをたっぷりつけて食べる人もいて、そのような人は塩分を多く摂取する事になりますが、通常はパンに少量のバターやジャムをつけて食べるので、そこまで多くの塩分を摂取する事にはなりません。

また、肉料理や野菜料理も、和食に比べると塩分が少なめですし、和食のように付け合わせに塩分の多い漬物が出てくる事もありません。

もちろん健康全般を考えた場合には洋食に多く含まれる脂質なども考慮しなければいけませんが、塩分に絞って考えると、洋食の方に軍配が上がります。

2 和食に含まれる塩分を減らすには

先ほども書きましたが、和食は脂質の摂取という観点で見ると、極めて優秀な食事という事ができます。

和食を食べつつ塩分の摂取量を減らす事ができれば、とてもヘルシーな食生活ができる訳です。

そのためには、漬物の量を減らしたり、味噌汁を飲む回数を減らす必要があります。

また、味付けも醤油を主体としたものから、辛み調味料や酢など味覚を刺激するものをうまく使って、塩分を減らす必要があります。

和食に小鉢で添えられる漬物は和食にとっては欠かせない構成要素です。この小鉢に塩分の多い漬物ではなく、例えばはちみつを加えて煮たさつまいもなどを入れる事によって、大幅に塩分を減らす事ができます。

冷や奴にも普通は醤油をかけて食べますが、おいしい豆腐はそのまま食べてもおいしいもの。豆腐専門店などでおいしい豆腐を買って、そのまま食べてみてはいかがでしょうか。

3 塩分の多い和食を食べるのは何が問題なの?

みなさんご存知だと思いますが、塩分の多い食事を摂ると、高血圧の原因となります。

塩分の多い食事を摂ると、血液の塩分濃度を一定に保つため、体が血液中の水分量を増やし、血圧が高くなると考えられています。

ただ、高血圧の原因は塩分の過剰摂取だけではないため、塩分の摂取量を減らしても血圧に変化がない人もいます。

しかし、この場合でも塩分の過剰摂取は控える必要があります。塩分の過剰摂取はナトリウムの排泄が慢性的に少なくなってしまう事があるためです。

また、糖尿病の人は血糖値が高いために血流量が増え、高血圧を合併する事があります。そのため、糖尿病の人には、血圧が正常値であっても予防的観点から食塩の摂取制限が行われます。

4 家庭で手軽に血圧をおだやかにするには

 

家庭で手軽に血圧をおだやかにするには、大手製薬会社のエーザイが開発したヘルケアがおすすめです。

ヘルケアは消費者庁から許可された特定保健用食品です。ヘルケアにはバリルチロシンを含むサーデンペプチドが配合されており、血圧の高めの人に適しています。

臨床試験で摂取開始から4週間で収縮期血圧がおだやかになる事が確認されています。

ここから購入いただくと通常価格5,756円のところ、定期コースにお申込みいただくと、初回購入に限って2,878円で購入する事ができます。また、2回目以降も10%OFFで購入ができます。

↓今すぐ特定保健用食品のヘルケアを購入する(ここをクリック)

ヘルケア 即定期

 

5 塩分を減らす工夫をして和食を楽しもう

私は和食が大好きです。こんなに繊細で素材の味を楽しめる料理は他にないですからね。

塩分の摂り過ぎさえ何とかすればまさに最強です。

もちろん醤油や味噌といった和食ならではの味を楽しみながら、それぞれの家庭で塩分以外の好みの味にアレンジした料理も用意する事によって上手に減塩して和食を楽しみたいですね。

Thumb dsc 0122 2
健康美容を中心に痒いとことに手が届く情報をお届けします。
  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事