本当に悩んでいるときの相談窓口。自殺や死にたい気持ちになったら | RanQ [ランク]

RanQ



本当に悩んでいるときの相談窓口。自殺や死にたい気持ちになったら

Fb share Tw tweet
  • Thumb kokoro twitter
    Thumb kokoro twitter Kokoro ステータス:ホワイト
    哲学者
  • 1
  • 294View

こんにちは、こころです。

 

 

今すぐにでも、死にたい...。

 

 

そのような気持ちが、あなたの中でめぐったことはないでしょうか?

 

私も精神障害を患っているため、何度もそのように思ったことがあります。

しかし、家族や友達に話をできる状況ではない...。

 

そのようなときに、利用することができるのが

「いのちの電話」をはじめとする、電話相談室の窓口。

私も、ものすごく不安な状態になり利用しているときもありました...。

 

今回は、そのようなときに、電話やメッセージチャットで利用できる、

「自殺相談窓口」とも呼べるようなサイトをまとめました。

 

時間帯に寄りますが、時間が合えば今すぐにでも利用できますので

つらい気持ちを聞いてほしい、と少しでも思ったらご利用ください。

1 生きづらびっと

「生きづらびっと」は、テキストメッセージ式のチャットによって

対応してくれる、相談窓口です。

 

LINE相談時間は17:00~24:00(受付時間は23:30)の日・月・火・木・金曜日(水・土以外)。

私がまずここを挙げた理由としては、

「悩みやすい時間帯の夜になると自殺率が高くなる。その時に相談できる」

という大きなメリットがあるため、ここを1番目に挙げさせてもらいました。

 

うつ病をはじめとする精神疾患は、夕方から夜にかけて行動が活発になることが多いです。

他の電話相談窓口は勤務時間を考慮してか、夕方の17時前後に終了してしまうことが多く、

本当に必要な時間帯に相談できない...ということが多々ありました。

 

この「生きづらびっと」はその点を考慮してか、

1日の活動が終わる17時以降に受付を開始します。

 

さらに、「死にたい」という気持ちを口頭で伝えるのが心理的に難しい

という点を考慮しているのか、テキストメッセージでの対応をしています。

 

この「生きづらびっと」は、利用者の視点に立って本当によくできていると思います。

私も、何かあった時のためにLINEアカウントを登録しています。

 

「生きづらびっと」公式LINEアカウント

2 bond Project

「bond Project」は、20代以下の女の子の生きていく上での悩みに対応している、

電話回線やインターネット上のLINEでの相談窓口です。

 

受付時間は、16:00~19:00の火・木・日曜日。

どうやら男の子は利用できないみたいですが、上の生きづらびっとと違う点は

・女性だけの悩みを相談することができる

・より、女性特有の深い悩みを相談しやすい

という点にあります。

 

うつ病は、男性よりも女性の方が2倍かかりやすいと言われており、

自殺のリスクもそれだけ高いものであると推測されます。

 

女性だけの相談窓口を専用で設けることで、自殺以外の問題にも対応しやすい、

女性ならではの悩みも相談しやすい、という利点があります。

 

20代以下の死因の1位は自殺ですが、生きていく上での悩みは

自殺だけにとどまりません。

 

ここでは、電話でもLINEでも対応されています。

選択肢の多い相談方法も、女性だけに絞っているからこそできるのかもしれません。

「bond Project」公式LINEアカウント

3 cotree

「cotree」は、インターネット上で開始することができる

オンラインカウンセリングです。

cotreeではどうやら有料になってしまい、上記2つのNPOとは違います。

しかし、ここを利用するメリットとしてはサポートが手厚いという点にあります。

 

具体的には、

・60人以上いるカウンセラーを自分で選べる

・同じカウンセラーと何度もカウンセリングを受けることができる

・インターネット上でカウンセリングができる

という点にあります。

 

マッチング診断により自分に合うカウンセラーをヒットさせた後、

ビデオ・電話によるカウンセリングでリアルタイムで話すことができます。

 

1回、2500円(書くカウンセリング、メッセージ方式)からです。

この値段は、私が一時期クリニックで受けていたカウンセリングよりも

かなり良心的な値段設定に思えました(1時間7000円)...。

 

 

 

正直、自分は本当に困っているときにお金を払える余裕がないとは思うのですが、

何度も自殺したい、死にたい気持ちが続く場合はこのようなサービスを利用した方が

長期的に見て、改善につながる場合が多いと思います。

 

うつ病は非常に再発率が高い病気であり、1度希死念慮が発生すると

再発する確率は50%、2回目は70%、3回目は90%...のようにどんどん高くなります。

 

NPOの利用で気持ちが落ち着かない場合は、お金を払ってでも

このようなサービスの利用を検討した方が望ましいでしょう。

cotree いつでも、どこでも、安心できるオンラインカウンセリング

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事