【遊戯王】19年7月制限改定発表。今後の動きをファンデッカスが予想 | RanQ [ランク]

RanQ



【遊戯王】19年7月制限改定発表。今後の動きをファンデッカスが予想

Fb share Tw tweet
  • Thumb images
    Thumb images Yuki ステータス:ホワイト
    Perfect Promotion
  • 1
  • 318View

遊戯王、今期のリミットレギュレーション発表!!

 

 

こんにちは。普段、ファンデッキで遊戯王を遊んでいるゆーきと申します。

ついこの間、東京の某所に遊びに行ったらボコボコにされたので、

「そろそろいい加減僕も環境デッキを握らないとなぁ...」と

思い始めるようになりました。

 

正直、最近のこのゲームの環境デッキって、ものすごく安いですよね。

数千円で組めてしまうし、手札誘発モリモリでエクストラ、サイドデッキ込みでも

1万円以内で今期の最強デッキは作れてしまうと思います

(デッキにより差はあると思います)。

 

しかし、ポケモンカードやデュエルマスターズなどの他のカードゲームと比べたら

初心者の方が参入してきて始めるのには非常に優しいカードゲームであると思います。

 

今回は、発表されたばかりの19年7月~の制限改定について、

私の意見も踏まえて軽くまとめてみました。

1 リミットレギュレーション【19年7月~】

■新禁止カード

・トロイメア・マーメイド

・破滅竜ガンドラX

 

■新制限カード

・転生炎獣ガゼル

・超雷龍─サンダー・ドラゴン

・雷鳥龍─サンダー・ドラゴン

・レディ・デバッガー

・メタバース

 

■新準制限カード

・ABC─ドラゴン・バスター

・SPYRAL─ジーニアス

・ダーク・アームド・ドラゴン

・ダーク・グレファー

・ダイナレスラー・パンクラトプス

・TG ハイパー・ライブラリアン

・デビル・フランケン

・氷結界の龍 トリシューラ

・影霊衣の反魂術

・魔鍾洞

 

■新無制限カード

・E・HERO エアーマン

・真竜拳士ダイナマイトK

・餅カエル

・ルドラの魔導書

・神の宣告

・停戦協定

2 ファンデッカスの勝手な意見・予想

■新禁止カード

・トロイメア・マーメイド

→環境トップで猛威を奮っていた、オルフェゴールデッキにて

「オルフェゴール・トロイメア」をデッキから特殊召喚するために使われていました。

以前までは、「夢幻崩界イヴリース」を出す手段しかなく、

エクストラリンクの中継地点として使われることしかなかったのですが、

オルフェゴールデッキがあまりにも力をつけすぎたためこの規制は妥当ですね...。

 

・破滅竜ガンドラX

→先行ワンキルという、PVPゲームに於いて

ゲームバランスを大きく崩壊させたガンドラデッキのカードです。

ぶっちゃけ面白くなさそうなのでこのデッキのことはよく知らないのですが、

これも妥当だと言えます。

 

 

 

■新制限カード

・転生炎獣ガゼル

→環境上位の転生炎獣デッキにて、デッキから「サラマングレイト」カードを墓地へ送る

エンジンの役割を果たすカードです。これで転生炎獣は死にましたね...。

 

・超雷龍─サンダー・ドラゴン

→いるだけで相手のサーチを防ぐ、サンダー・ドラゴンデッキの切り札です。

このカードが制限なのは、サンダー・ドラゴンデッキにもかなり痛手でしょう。

 

・雷鳥龍─サンダー・ドラゴン

→手札から墓地へ捨てて除外されているサンダー・ドラゴンを特殊召喚し、

その後好きな枚数分マリガンできます。これも強すぎ。

 

・レディ・デバッガー

→召喚・特殊召喚成功時にレベル3以下のサイバース族をサーチします。

サイバース族は今期の要であり、だいぶ活躍していたと言っていいでしょう。

「サイバネット・マイニング」の存在もありますが、あちらは1枚手札を切るので

サーチした後にリンク召喚などにつなげられるこちらは優秀だと言えます。

 

・メタバース

→デッキからフィールド魔法をサーチ、もしくはそのまま発動します。

これはトップメタであった「魔鍾洞」があまりも強すぎたため、その起点を作る

「メタバース」を規制すべきとの判断だったのでしょう。

かなり妥当な考えで、このカードが3枚積めると「魔鍾洞」の枚数が倍になります。

 

 

 

■新準制限カード

・ABC─ドラゴン・バスター

→以前の制限改訂で「ユニオン格納庫」が無制限になったので、

ABCデッキも少しずつ規制が緩和されているようです。

正直、僕はこのデッキはよく知らないのですが効果を見ただけでもだいぶ強いと思います。

恐ろしい時代ですね...。

 

・SPYRAL─ジーニアス

→だいぶ前にヤバすぎた、「機械複製術」で3枚出てきて「SPYRAL GEARカード」を

そのまま3枚サーチできるSPYRALデッキのサーチャーです。

2枚でも、すごく回ると思います。

 

・ダーク・アームド・ドラゴン

→墓地に闇属性モンスターが3体いるときのみ特殊召喚でき、墓地の闇属性モンスターを

除外することでフィールドのカードを1枚破壊出来ます。

このカードは元々「黒き森のウィッチ」などでサーチできるので、

2枚積めるようにはなりましたが事故要因ともなりやすいでしょう。

 

・ダーク・グレファー

→以前の制限改訂で効果が近い「終末の騎士」が制限になったので、

闇属性モンスターをデッキから墓地へ送るこのカードも規制を喰らっています。

こちらは送る時に闇属性モンスターがハンドコストとして必要ですが、強いです。

 

・ダイナレスラー・パンクラトプス

→フィールドのモンスターの数が相手の方が多いと特殊召喚することができ、

「ダイナレスラー」モンスターをリリースすることでダメージステップ以外なら

フィールドのカードを1枚破壊することができます。

出てきたときから文句なしの汎用カードの1枚ですが、さすがに強すぎたのか

2枚までしか入れられなくなってしまいました...。

 

・TG ハイパー・ライブラリアン

→自分がシンクロモンスターのシンクロ召喚に成功したら、強制効果で1枚ドローします。

大量に展開するデッキでハンドを切らさないために出すことが多いですが、

このカードが2枚積めるようになったのは「ジャンク・ドッペル」などのデッキでは

非常に大きいと思われます。

 

・デビル・フランケン

→ライフを5000払うことでエクストラデッキから

融合モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚します。

出てくるモンスターは「異星の最終戦士」、「ナチュル・エクストリオ」など

ロック性能の高いモンスターが多いです。

このモンスターはステータスが低くサーチに恵まれ、機械族デッキなら

「ギア・ギアントX」でも持ってこますが、2枚積めるようになると

また嫌らしさ出てきます。

 

・氷結界の龍 トリシューラ

→シンクロ召喚成功時、相手のフィールド、手札、墓地のカードをぞれぞれ1枚ずつ

対象を取らずに除外します。これ2枚積めるのはスゴイですが、

正直枠があるデッキは非常に少ないと思います。

 

・影霊衣の反魂術

→影霊衣儀式モンスターの儀式召喚カード、墓地に存在し自分フィールドに

モンスターが存在しない場合にこのカードと影霊衣カードを除外して

影霊衣魔法カードをサーチできます。まさに至れり尽くせりの効果ですが、

儀式デッキの信用性と影霊衣の規制緩和が影響しているようです。

 

・魔鍾洞

→フィールドのモンスターの数が多いプレイヤーはモンスターの効果を発動できず、

攻撃宣言できなくなります。書いてあること以上に効果が強烈なカードです。

正直、禁止してもいいと思います。

 

 

 

■新無制限カード

・E・HERO エアーマン

→大昔のカードですけど、これ3枚積めるのはスゴイですね。

1ターンに1度の制限もなく、出てくるだけで「HERO」モンスターをサーチ、

もしくはフィールドの魔法・罠を破壊する効果、好きな方を選べます。

個人的には「ヒーロー・アライブ」も規制緩和して戻しても良かったと思いますが...。

 

・真竜拳士ダイナマイトK

→真竜デッキのサーチャーで、相手がカードの効果を発動するとデッキから

「真竜」永続罠カードをサーチするか発動します。

エアーマンもそうですが、どの時代もサーチャーは強いです。

 

・餅カエル

→相手が発動したカードの効果を無効にして、パクってこちらのフィールドにセットします。

非常に強力な効果を持ちますが、正直コイツを3枚積むデッキがあるかと言われると

そんなにないと思います。

 

・ルドラの魔導書

→手札・フィールドの魔法使い族モンスターを墓地へ送ることで2枚ドローします。

このカードが無制限だと、デッキの幅が広がるので面白いデッキが作れそうですね。

 

・神の宣告

→魔法・罠カードの発動、モンスターの召喚をライフを半分払って無効にします。

これ3枚積める時代が決ましたか...。神の警告も以前の改定で無制限になったので、

メタビートのバックがより一層強固になりそうです。

 

・停戦協定

→フィールドのモンスターを全て表表示にし、

フィールドの効果モンスターの数×500のダメージを相手に与えます。

バーンデッキの大きなダメージソースですが、このカードが3枚積めるようになっても

今の遊戯王のスピードに追い付かない可能性もあります。

3 個人的なまとめ

どうやら、KONAMIは今ある環境を一度きれいさっぱり流して

新しいテーマを売る気なのかもしれません...。

環境上位のサブテラーやオルターガイストなどには規制はありませんでしたが、

かなり妥当な規制はかけられていると思います。

 

来期、本気で優勝を狙う方は新規テーマカードの高騰も予想されるので

早めに情報をチェックした方がいいのかもしれません。

4 現在のリミットレギュレーションまとめ

遊戯王公式サイト リミットレギュレーション(19年07月01日~適応)

Thumb images
Perfect Promotion
  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事