RanQ



【堂村璃羽(どうむらりう)の歌詞や声がエモすぎる】プロフィールやお勧めの曲を紹介

Fb share Tw tweet
  • Thumb 1381271
  • 1
  • 218View

 

皆さん今Twitterを中心に話題になっている堂村璃羽さんをご存知でしょうか?

 

堂村さんを一躍有名にした曲といえばこちらですよね↓

 

 

「偽愛feat.たかやん」はセフレ関係の2人を歌った曲でこちらのツイートは1万リツイートと6.5万いいねが付きました。

 

このツイートのコメント欄には「最高の曲」「めっちゃ共感する」「声が最高」「歌詞がエモすぎる」など堂本さんの曲を称賛するコメントが目立ちました。

 

まだまだ、世間に認知度はなく情報も少ない堂村さんですが今回は堂本さんのプロフィールやお勧めの曲について書いていこうと思います。 

1 堂村璃羽の読み方は?本名は?年齢は?出身は?事務所は?

堂村璃羽の読み方

 

堂村璃羽さんの読み方ですがこちらは「どうむらりう」と読むことが本人のツイートから判明しました。

 

 またこちらのツイートから分かる通り堂村さんは以前は「少年D」として活動していたようです。

 

「少年D」として活動していたときは18歳で大学に通いながらニコニコ動画で生歌を配信したり ツイキャスやYoutubeを通して 歌ってみたを投稿し歌い手として活動していました。

その時の動画がこちら↓↓

 

堂村璃羽の本名は?

 

堂村さんはの本名は「堂村璃羽」ということが堂村さんのツイートから判明しました。

 

 

「堂村璃羽」が本名ということには皆さん驚いた様子で、コメント欄には「本名がこれなんてかっこよすぎ」などの声が目立ちました。

 

てっきり芸名かと思ってましたが本当にかっこいい本名ですね。

 

 

堂村璃羽の年齢は? 

 

堂村さんの年齢は現在20歳ということが堂村さんのツイートから判明しました。

 

また生年月日は平成10年1月12日です。

 

 

20歳という若さでこのエモい歌詞を考えられるなんて本当にスゴイですよね。 

 

堂村璃羽の出身地は?

 

堂村さんは兵庫県淡路島出身です。

 

堂村さんは大学に入るまで出身地の関西で生活していましたが、「少年D」として歌い手の活動から、オリジナル楽曲の制作活動へ路線変更し大学を2年で中退しました。

 

その後関西から東京に上京しました。

 

堂村璃羽の事務所は?

 

現在の事務所はRERAISEです。

 

こちらの事務所はTikTokを使ったマーケティングを中心に行い、人気クリエイターが所属するインフルエンサープロダクションになります。

 

堂村さんは現在YouTubeを発信拠点として、 主に、大阪・東京でライブ活動に専念しています。

 

実際のライブ映像はこちら↓↓

 

 

 

 

2 堂村璃羽のおすすめ曲は?

堂村さんの代表曲と最新曲を紹介したいと思います!

 

まずは先程も紹介した「偽愛feat.たかやん」です。

こちらの曲はセフレのもどかしい思いを歌った歌になります。(こんなに浅い解釈ですみません笑)

 

堂村さんといえばやはりこのようにおしゃれでエロい歌が特徴的ですよね。

 

また、同じようにおしゃれでエロい歌といえば「FAKE LOVE」が有名です。

 

 

堂本さんは有名な曲のRemixでも曲を出しています

 

Remixという曲は毎回賛否両論が寄せられ、原曲が有名であればあるほどRemixに求められるハードルが高くなります。

 

「水星 feat. たかやん (Remix) / 堂村璃羽」はラップ界で有名なtofubeatsさんの曲の代表曲をリミックスしたものになります。

堂村さんはこの高いハードルの曲を完璧にRemixしてその実力を見せつけました。

 

こちらの動画は高評価が約8000低評価が約150高評価がかなりの数で上回りファンの心を掴んだことがわかりますよね。

 

最後に堂村さんの最新曲(2019/06/13現在)を紹介します。

 

 

「もう疲れたよ」という曲はやりたいことがあるけど、簡単にそれはできないからこそ 妥協して安定をとる人々のもどかしい気持ちを歌った曲です。

 

堂村さんらしい共感しやすい歌詞になっています。

3 まとめ

今回は人気急上昇中の歌手堂村璃羽さんのプロフィールやお勧めの曲について書きました。

 

堂村さんの聞いてる人の心を射抜くように共感できる歌詞、おしゃれでエロい歌詞、聞いてる人をとろけさせるような甘い声。これから人気が出ること間違いないですね笑

 

これからも堂村さんの活躍に注目していきましょう。

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事