RanQ



【テラハ半田悠人 Ami交際】Amiが惚れたイケメン半さんのモテるテクニックとは

Fb share Tw tweet
  • Thumb 1381271
  • 2
  • 551View

若者から人気の番組「テラスハウス BOYS&GIRLS IN THE CITY」に出演したイケメン建築デザイナー「半さん」こと半田悠人さん(30)と、歌手で元E-girlsのDream Ami(31)が交際していることが発表されましたね

半さんが誰なのか、テラハファンの皆さんは当然知っているでしょう。

この方は、完璧すぎるモテ男ですね。

 

テラスハウス内メンバーだけでなく、視聴者の心をも鷲掴みしていたと思います。

半さんが卒業するときは”半ロス”という言葉が生まれるほど、皆にとって絶対的な存在でした。

 

 

 

▼(期間限定)初回一ヶ月間無料キャンペーンをチェックする▼
 


FODに登録すれば、半田悠人出演のテラスハウスを今すぐ無料で見ることが出来ます。

 

<テラスハウスの内容>

「台本がない」という台本のもと、一つ屋根の下で複数の男女がシェアハウスする様子を記録したリアリティ番組である。番組からは家と自動車2台が用意されている。また共同生活でのルールは特に設けられておらず、メンバーは自然と恋愛に発展していくのである。

➡︎ <FOD>無料でテラスハウスを見てみる

 


さらに、新シーズン東京編を先行公開しています!ぜひこの無料期間にチェックしてみて下さい!
 

 

 

 

1 半田悠人のプロフィール

生年月日:1988年11月11日生まれ 30歳(2019年6月現在)

出身:神奈川県平塚市

学歴:2007年 神奈川県立湘南高等学校 卒業
   2007年 早稲田大学教育学部 入学
   2011年 早稲田大学教育学部 卒業
   2012年 東京藝術大学芸術学部建築科 入学

職業:建築デザイナー 【総合芸術制作会社デリシャスカンパニー 代表取締役】

 

Instagram

2 半田悠人 かっこよすぎる名言・名シーン集

”こういうね、うまくいかないみたいな時って絶対面白くなるから。”
 ”大丈夫、絶対成功する。”

 

これは26話の

帽子デザイナーの「大畑ありさ」さんが

帽子の展示会の準備で忙しくしている時に、

半田悠人さんに相談をのるシーンです。

 

ありさ「めっちゃ私、

やばいもう時間ないってなって」

 

半さん「こういうね、うまくいかない時って、

絶対面白くなるから 大丈夫。絶対成功する。」

 

ありさ、スタジオ、視聴者が心をわしづかみでしたね。

 

解決策をすぐに出せるくらいの能力のある半さんだからこそ言える重みのある発言ですが、

たとえ根拠がなくても、こうやって背中を押してもらえるだけで勇気がもらえると思います。

そして半さんはギラギラした物腰ではなく、パソコンを見ながらさらっと言えてしまう

 

もちろんありさは、その半さんの横顔を見ながら励ましを受けるわけです。

これ惚れない人いないですよね(笑)

 

 

 

 

 

”もうね幼稚園のころからずっとこういう道にすすもうと思ってた。

 一回あきらめたけど、やっぱりやりたいんだなと思って、大学受けなおしたんだよ。”

 

25話、半さんのアトリエにメンバーを呼んでの作業中の発言。

 

女性メンバー「建築士はいつから目指してたの?」

 

 

半さん「もうね幼稚園のころから

   ずっとこういう道にすすもうと思ってた。

     一回あきらめたけど、やっぱりやりたいんだなと思って

   大学受けなおしたんだよ。」

 

 

スタジオのトリンドルさんが100点だと言ったほどの理由。

諦めて早稲田大学に入ったものの、小さいころに幼稚園で大工さんと一緒に小屋を作ったのが忘れられなくて、卒業後また受験して東京藝術大学に入りなおしたそうです。

 

夢を一生懸命追い求める姿、そしてそれを叶えるために着実に前に進む姿勢や行動力。

 

女性メンバーは「私も頑張らなきゃ」って

思いますよね。そこで半さんに対して尊敬の気持ちが芽生えるわけです。

 

 

 

 

 

”今行こう、飲み行こう。

 緊急事態だ。お酒が飲みたくなってきたよ。”

 

28話で夏美からの釣りの誘いを断ったシーン。このシーンも好きな人多いと思います(笑)

 

これ本当にかっこいいシーンなのでぜひ動画で見てもらいたいですね。

 

他のメンバーと上手くいかない、そして唯一相談できて頼れる半さんに断られる 

と行き場を失い、夏美が泣き出してしまう。

 

そこで半さんが

「今行こう、飲み行こう!

 緊急事態だ!!。お酒が飲みたくなってきたよ。」

 

これ動画見てないとわからないのですが、励ますように声高らかに誘っているんです。

 

精神が不安定な相手に対して、深夜でもすぐに相談できる優しさ。

 

緊急事態だ! これは確実にメモですね(笑)

 

まさに女性が惚れる瞬間です。

もしあなたがモテたいならこのシーンを見るべきですね。てか見ないと損です。ほかのシーンも見てもらいたいですが、このシーンは絶対です!!

 

 

 

 

 

”もっと自信満々でいいのにと思うけど。自分の考え方に。”

”いいじゃん、それはむちゃくちゃすごいことだから。

ほんとに怖いんだみんな嫌われるのが。”

 

28話、女性メンバー同士で揉め事を起こした夏美が居酒屋で半さんに相談するシーン。

 

なつみは少し癖のある方で、テラスハウス内でも問題児でした。(※人の悪いところをあら捜しするキャラの山ちゃんにとっては大好物のメンバー)

その夏美に対し、半さんがどんな言い方をするのか気になるところでしたが、

 

「もっと自信満々でいいのにと思うけど。自分の考え方に。

いいじゃん、それはむちゃくちゃすごいことだから。

ほんとに怖いんだみんな嫌われるのが。

俺も夏美みたいにモノを言えるようになりたいし」

 

視聴者目線で行くと、夏美の癖のある性格に

物申したいところですけど、

まさかの半さんは、相手の考えを肯定して、支えてあげる という行動をとりました。

 

日本人はとても空気を読むことを良しとする風潮があるため、”普通”=正解 という考え方の人が多いです。だから少し稀な性格の人が居ると、そいつが間違っていると否定しまいがちです。

だから半さんがとった行動は、そう出来ないことですね。

 

このようにみんなの考え・価値観を認めることで、

みんなに頼られる存在になるんですねー

すると知らぬ間に、みんなにとってテラスハウスに欠けてはいけない存在になるわけですね。

 

ちなみにこのシーンは徳井義実が「これが不倫の始まりです」と断言して、少し話題になっていました(徳井「これが不倫の始まりです」持論を述べる

 

 

 

 

 

 

”どうした?絶対イライラしてただろ。”

”あの時どう思ったの?”

 

 26話、半さんの歓迎会で、光るが美咲にたいして態度が悪く、せっかくの歓迎会が台無しになってしまう。

(↓太田光る )

 

そこで部屋に戻って、光るの意見を聞いたうえで、

"でも一緒に住んでいく以上さ、相手が嫌がんないようにさ、したほうがいいかなとは思うよ"

と一言添えるシーンです。

 

 

兄貴感も出す」と徳井さんがおっしゃっていましたが、まさにそうですね。

 

まず否定するのではなく、相手の意見を聞く。そこから意見を優しく添えてあげる。

これがなかなか難しいですよね。

 

案外これ出来てると勘違いしている方、結構いらっしゃいます.

相談に乗ってあげよう(この子の悩みを解決させたい!)
   ↓

口数の多い一方的なアドバイス。
 

これしてる人自覚していないだけで、多いはずです。

言葉のキャッチボールが出来ている状況なら良いですが、

一方的にアドバイスするのは、気分を害する人もいます。

 

何も悩みに対して解決しようとする必要はなくて

半さんのように優しく添えてあげるだけでいいんです。

 

そうすれば相手もなんでこんなことで悩んでたのかと、

勝手に解決するかもしれないですから。

 

それで相手がまた相談してきたら、また話せばいいんです。

 

このキャッチボール皆さんも心がけましょう。

 

 

3 終始完璧だった半さん YOU、トリンドル玲奈も興奮!!

トリンドルさんも「わたし、すごいタイプかもしれないー」と叫んで、あまりの興奮ぐあいに、徳井さんも思わず「オシッコもらしてるやろ、お前。うれションしとるやろ」とツッコんだほど。

 

トリンドルさんは半さんが何かするたびに、褒めていましたね(笑)


 

次に

山チャンネル Vol.25で山ちゃんは、あまりの完璧さに、「何か欠点見つけてやるぞ」

おっしゃっていましたが、終始何も言えず。山ちゃんが一つも悪いところを指摘できないメンバーって過去にいたのでしょうか。

 

そして

半さんが徹夜作業で疲れて帰ってきて、「疲れてないよー」って言って疲れてる半さんのしぐさに対しYOUさんは

「たまんないすわ。作れる料理全部作りますよ」

とおっしゃるほど

 

彼はまさにパーフェクトヒューマンですね!

 

4 【半田悠人 動画】テラスハウスインタビュー

半田悠人 テラスハウス入居&卒業インタビュー

夏美 テラスハウス卒業インタビュ―

 

夏美
「半さんは先生かな。

こんなにも自分を犠牲にして相手のために何かを全力でする人って初めて見て、

自分の足りないものを全部持ってる人でした。」

 

「この人が彼氏だったらっていう想像は何回かしました。」

5 【半さん E-Girls Ami熱愛報道】ネットの声は

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事