RanQ



消えた芸人の理由と現在まとめてみた(にゃんこスター、ピスタチオ、安村、8.6秒)

Fb share Tw tweet
  • Thumb 1381271
  • 2
  • 232View

かつて芸能界でブレイクしたいわゆる『一発屋』の芸人をまとめました!
芸能会は厳しいですね泣
残念ながら一世風靡して、その世界からは消えていった人が大半なのです。しかし、まぁ一発当てるだけでも大変だと思いますね。

それでは行ってみましょう!

1 にゃんこスターの消えた理由と今

2017年

ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ。
メンバーは、「スーパー3助」と「アンゴラ村長」。

キングオブコント2017の決勝で「リズムなわとび」ネタを披露して、2位の好成績を収めた。

実はキングオブコント決勝当日までは事務所に所属せずフリーで活動していたが、後日アンゴラ村長が出戻るかたちでワタナベエンターテインメントへの所属となったことを発表した。

消えた理由

①トーク力を持ちあわせておらず、コントの力だけでのし上がろうとしたにゃんこスターは、すぐに飽きられて消えてしまった。
②一緒にコンビを組んでいる男性と交際していることが発覚しちゃった。その結果、アンゴラ村長の男性ファンが一気に離れていき、にゃんこスター自体が炎上してしまい、テレビから消えてしまったとのこと。
 

にゃんこスターの現在


にゃんこスターはテレビから消えた現在も芸人として活動しており、地方の営業活動をメインに活躍しているそうです。

2 ピスタチオの消えた理由と今

NSC13期生として出会った伊地知、小澤の二人で結成。

コンビ名は「響きがかわいい」ということで名付けた。なお、他にコンビ名候補には「じゃがいも」があったという。

最初はネタがウケず、正統派漫才、動きのあるネタ、リズムネタなどライブの度にネタを変えていろいろ試したが、反応が無く、やってはスベるという日々を送っていた。

そんな中誕生したのが、しゃべるたびに変顔をして白目を剥く独特のスタイルの「白目漫才」だった。

伊地知さんは、元歌舞伎町ホストでNo.1にもなったことがあり、小澤さんは、有名おもちゃメーカー「ダイヤブロック」の創設者の家系で、父親はIT企業の社長と、超金持ち。

 

ピスタチオの消えた理由

①芸人はどちらかと言えば「可哀相な人」が人気になることが多く(マツコさんとか有吉さんとか)、恵まれている環境にある人というのは敬遠する傾向にもある。さらには、最終的にはお金に困ることは無いため、ハングリー精神も低かったのでは。

②白目や喋りで笑いを誘うだけで実際は面白くないといった理由も、消えた原因のようです。確かにお笑い芸人はずっと同じネタをやり続けると面白さがなくなりますよね。

ピスタチオの現在

元No1ホストの伊知地の経歴は需要があるようで、ガチの恋愛講演によく呼ばれるらしい。

小澤は、別荘をお土産で買ってくるレベルの金持ち実家なので、お金には困らない。

ピスタチオの芸人としての収益は二人合わせて1000万あるかないかぐらい。

私生活もジム通いをしたり、充実した生活を送っている。

3 とにかく明るい安村の消えた理由と今

2000年から栗山直人とアームストロングというコンビで活動。

2014年解散、以降はとにかく明るい安村と芸名を変えピンで活動。

パンツ一丁で様々な設定における「全裸に見えるポーズ」を披露するネタをしている。
ブリッジに「安心してください、穿いてますよ」と言い、ネタの最後にダイジェストとして連発でポーズを取る。ネタのヒントとなったのは渡辺麻友ファースト写真集の表紙。

 

とにかく明るい安村の消えた理由


①不倫報道で人気がガタ落ち
文春掲載された浮気報道!!ナイナイアンサーで、子煩悩、愛妻家なイメージが付いていただけに、衝撃的な記事となりましたね。

②痩せたせいで面白くなくなった
とあるい番とで約93kg→約80㎏の減量を宣言しました。そしてその宣言通り減量に成功したわけですが、芸風が裸芸ということもあって、「パンツが隠れていない」や、「裸芸は痩せたら面白くない」などの声が相次いでいるようです。

とにかく明るい安村の現在

劇場での仕事で食いつないでいる?

以前のように、テレビではあまり見かけなくなってしまいましたが、現在でも劇場では活躍されているようです。
テレビに出ていた頃のような収入はないかもしれませんが、完全に消えてしまったわけではないので再起を伺っているようですね。

4 8.6秒バズーカーの消えた理由と今

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。

メンバーは「はまやねん」と「田中シングル」。
元々は普通に漫才をしていたが、はまやねんが口下手で、ネタを言うタイミングがうまく行かなかったことから「リズムに乗せればネタもタイミング良く言える」という発想でリズムネタを行うこととなった。

「ラッスンゴレライ」というフレーズがお馴染み・・・でした。消えちゃいましたね・・・。

 

8.6秒バズーカーの消えた理由
①「リズムネタの限界」

リズムネタはこれまでも、何人ものお笑いコンビ(オリラジ・藤崎マーケット・ピコ太郎等)を世に送り出すきっかけになりましたが、その後はそれぞれ苦戦してきた歴史が確かにあります。
トーク力や漫才など本来の芸人としての能力を持つ人は再び浮上してきますが、それらがない8.6秒バズーカーには、リズムネタのその後の展開が難しい状況にあったことが言えそうです。リズムネタということで、最初の掴みとしては良かったのかもしれませんが、その後につながるネタやトーク力が致命的に無かった8.6秒バズーカーです。

②半日疑惑

015年3月22日、「8.6秒バズーカ=8月6日の原爆」、「ラッスンゴレライ=落寸号令雷」というネタが出回る 
↓ 
(ほとんどの人に、こじつけだと思われる)←※当然の反応 
↓ 
立ちポーズが広島の「原爆の子の像」に似ていると話題に 
↓ 
(偶然にしては似てるなw、おまえらよく探してくるなw)←※きわめて普通の反応 
↓ 
原爆を落とした爆撃機B29(エノラ・ゲイ)の同機種に、「chotto matte」号が存在 
↓ 
(偶然・・・なのかな?) 
↓ 
はまやねん(イケメン小太りの方)「8.6秒バズーカの由来ははまやねんの50m走のタイム」→「足が速かった」と書かれた昔のブログ記事が見つかり嘘だと判明 
↓ 
はまやねんの個人ブログ・個人ツイ垢等が掘られ、反日的な発言が見つかる 
↓ 
はまやねんが、原爆投下の8月6日にこだわってるツイートも見つかる。在日韓国人疑惑が深まる
↓ 
はまやねん、個人ツイッター垢を非公開に 

はまやねんの学生時代のTwitterアカウントが特定され、 
「日本オワタ。中国と韓国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)植民地ぷぎゃあ」 (2012年8月16日)
というツイートが見つかる。

 

8.6秒バズーカーの現在

2017年現在では、全国各地のお笑いライブに出演しているようです。
お笑いライブのほかにもDJなどをしていて最近の月収は70,50, 30万ともいわれています。

5 まとめ

いやあ、芸能界厳しすぎです。

これから芸能界挑戦する人は、ここの失敗から学んでいきましょう!

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事