RanQ



元KARAのク・ハラが自殺未遂。自殺をする人の心理とは

Fb share Tw tweet
  • Thumb omimai kids
  • 1
  • 157View

元KARAのク・ハラさんが自殺未遂により、自宅で意識不明であるところを

今月26日、マネージャーにより発見されました。

 

 

KARAといえば韓国の女性アイドルグループであり、歌手や女優としての

活躍で有名な方ではありますが、自殺を図るほど、

一体彼女には何があったのでしょうか?

 

KARAは2016年に解散され、彼女の情報を日本では特別流れてくることは

なかったように思われますが、今回は私こころの経験も含めて

自殺を図る方の心理をまとめてみたいと思います。

1 生きることに対する強烈な苦しさ

私こころは、社交不安障害(SAD)とともにうつ病、統合失調症と診断され

精神科に通う9年目になっても現在治療中です。

 

自殺の原因となる病気はうつ病であると言われていますが、

うつ病は脳の病気であることが分かっています。

脳を何かしらの方法で観察すると健常者の方と比べて脳が委縮しており、

完治は不可能(不可逆)であり、症状を抑える寛解(かんかい)の状態を

目指すことが今の医療の限界であると言われています。

 

 

今回、ク・ハラさんが自殺未遂を起こした原因...。

インターネットで調べた段階では、

・日本と韓国との関係による不安

・以前整形をしたことに対する世間からの批判

・2018年に彼氏への暴力を起こしたことによる憔悴

 

などの情報が挙がっています。

 

私こころの勝手な推測ですが、私は

原因の一部ではあるとは思いますが、自殺の原因そのものではない

と。考えています。

 

私こころが初めて自殺を考えた時は、小学校3年生の春でした。

当時の私の担当の先生は女性だったのですが、大柄な女性の先生で

気も強く、ヒステリー気質が強かった私の母親と重なったのか、

「とても苦手な先生だ」という印象が強かったです。

 

ある日、学校で配布されるべきプリントが

私のランドセルの中に入っていないことが分かりました。

私は、そのことをすぐに親に報告しました。すると、

「明日、学校の先生に言ってもらってきたら」と言いました。

 

私は、それだけで「死にたい」という感覚を初めて覚えました。

それだけ、私はその先生を苦手な先生と考えていたのです。

翌日、その先生に言ったら特に何も起きることはなく、

普通に資料となるプリントはもらえたのですが...。

 

つまり今回のク・ハラさんの自殺未遂は、私こころから見ると

特別自殺を起こす原因があったわけではなく、

様々なことが彼女の余裕を奪っていき、結果的に自殺を図った

考えられます。

 

彼女に何があった?と考えるよりも、

彼女は普段、どのような生活を送っているのか?

考える方が、自殺を起こす原因は見つかりやすいとは思います。

 

普段、どのような人と会い、話し、どのような生活習慣や

生活スタイルを送っているのか?ということを見ていくと、

人が自殺を起こす理由も見えてきやすいとは思います。

 

自殺の原因は、強烈な大きなストレスです。

彼女は、自分の悩みを一人で抱え込んでしまうほど生活に余裕がなく、

彼女を支えてくれる人もいないということが推測されます。

2 自殺は9割以上失敗する?

私こころも、何度も自殺を試みました。

全て失敗に終わりました。

だから、今こうして記事を書いています。

 

 

自殺は、ほぼすべて失敗に終わると言われています。

自殺は99.9%以上の確率で失敗する...というのは少し言い過ぎかもしれませんが、

自分で自分を殺すことが、どれほど難しいか?ということが

自分でも、なかなか分からないのです...。

 

自殺は、世間では良くないとされています。

それを承知で自殺を試み、結果的になかなか自殺はできません。

 

今回のク・ハラさんの自殺が未遂で終わったのは良かったのですが、

彼女の今後の生活は今回のことを含め、身の回りのことなど

かなり苦しいことが予想されます...。

 

彼女は、今は休むべきであると思われます。

陰ながら、そっと応援していきたいと思っています。

Thumb omimai kids

メンタル系のツイートを発信します。あくまでも私の意見ですが、参考になれば幸いです。

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事