RanQ



DeNA・ロペス 1517連続守備機会無失策でプロ野球記録更新

Fb share Tw tweet
  • Thumb 1381271
  • 1
  • 35View

DeNAのホセ・ロペス内野手(35)が16日の中日戦(横浜)で連続守備機会無失策のプロ野球記録を51年ぶりに塗り替えた。

1506守備機会連続無失策で迎えた中日戦(横浜)に「5番・一塁」で先発出場。初回に一ゴロと遊ゴロ、2回に二ゴロ…と順調に数字を重ね、7回に阿部の遊ゴロを捕球してプロ野球タイ記録。同じ7回、ロメロの二ゴロを一塁で難なく処理して1517守備機会連続無失策のプロ野球記録更新。

 従来のプロ野球記録は1967年から68年にかけて榎本喜八(東京)が記録した1516守備機会連続無失策でロペスはその記録を51年ぶりに塗り替えることとなった。

 ロペスは昨季、一塁手として946守備機会を無失策で乗り切り守備率10割をマーク。一塁手では2008年年新井(阪神)の・999を抜くプロ野球新記録で、バッテリーを除く内野手の守備率1・000は史上初だった。

 

DAZNならMLBの試合も見逃し配信で見れる!

プロ野球もヤクルト、広島のホーム戦以外は全試合配信!


無料トライアルで1ヶ月間無料視聴はこちらから

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事