RanQ



京大卒の小説家!【人気モデル七瀬さん】にインタビュー!

Fb share Tw tweet
  • Thumb newspic
  • 5
  • 380View

今、Instagramで注目を集めている人にスポットを当てる企画です!

今回、紹介する方は2019年5月2日時点で1万人以上のフォロワーを抱えていて、フリーでモデル活動をしながらライターとしても活動されている「ななせ(@lilyrose0330)」さんです!

 

 

 

 

1 モデル・小説家のななせさんのプロフィールを紹介!

モデル・物書き・ライター

生年月日 : 3月30日
出身地 : 愛知県豊橋市
現住所:大阪市
血液型 :0 型

最終学歴:​京都大学文学部人文学科 国語学国文学専修
趣味:読書・京都巡り
​特技:ピアノ・トランペット

2 信念がすごい!インタビューで見えたななせさんの性格!

モデルと小説家という反対ともいえる仕事をこなすななせさん!インタビューを通して見えた彼女の性格がとてもすごかったです!

それは「信念がものすごく強いこと」です!

それを裏付けるエピソードが人生で一番努力したと語る大学受験でのエピソードです!

彼女が通った大学は京都大学というちょっとやそっとの努力では到底いけない大学です。

その大学を志望した理由を聞いたところ

「京都が大好きで、当時はどうしても京都に行きたかったんです!」と語ってくれました。

 

 

しかも、最初は両親からは猛反対されていたそうです。普通ならそれだけでも心が揺らぎそうですがななせさんは違いました!

両親を説得しようと、定期テストで過去最高得点を2度も出し、何とか説得して、京都大学を受けさせてもらい、そして合格したのだそう。

京都に行きたいという一心でここまでできる彼女の信念に私は圧倒されてしまいました!

 

 

 

3 フリーモデルになったきっかけ

そんな彼女がフリーモデルとして活動されるようになったきっかけを聞いてみました!

ーーモデルを始めたきっかけは何だったんですか?

「実はもともと会社員として働いていたんですけど、やはり小説を執筆するための時間を優先させよう、と考えたことがきっかけです。
モデルを始めたのは転職活動をしている時、知り合いに勧められてキャスティング事務所に登録したことがきっかけでした。
そこから徐々にモデルとしての活動が増えていきました」
 

 

 

自分の思いに従って行動することはとても難しいことです。それをしっかりとできるななせさんは周りの人とは一味も二味違いました!

4 小説家を本格的に目指す!

次に、小説家を目指したきっかけについて聞いてみました!

ーーそれでは、小説家を目指そうとしたきっかけは何だったんですか?

 

「10歳頃に母親から言われた「本が好きだったら自分でも書いてみたら?」という言葉がき

っかけだったと思います。昔すぎてよく覚えていないですけど(笑)そこから小説家になりた

いと思うようになりました」
 

『リリィローズの花言葉』

10歳の時から小説を書いているなんて、とてもすごいな!と思ってしまいました!

大体の小説家が書き始めるのが高校生、早くても中学生からというのを考えるとものすごく早く行動されているのがわかりますよね!

5 小説を書く中での苦悩

ーー小説を書ていて苦労する部分はどんなところですか?

 

「まず、チャンスが少ないことですね。応募する小説を書くのに大体2年、原稿用紙400枚くらいになるんですよ。それだけでチャレンジできる回数がかなり少なくて。
それに、賞を受賞できるのが1500作品の応募で1作品ぐらいしか通らないので、そこがつらいですね。

あとは、構成がうまくできなくて、3~4か月悩み続けることもあったりして、行き詰まるときもつらいですね」

 

ーー行き詰ってしまったとき、どのように乗り越えていますか?

 

「いくつか並行して小説を書いているので、違う小説に移ってみたり、小説ごとに決めているテーマソング的なものを聞いてみたり、それでもどうしても無理な時はその小説から1週間くらい離れてみたりします」

 

ーー小説を書く時のモチベーションはどのようにされていますか?

 

「実は、小説については生活の一部というか、食事をするみたいな感じなんですよね(笑) なので、あまりモチベーションっていうのは意識していないです!」

 

小説を書くことが、仕事としてではなく、生活の一部にまでなっていることが、さすがだなと感じました!やはり、彼女の軸のようなものが普通の人とはとても違うということが改めて実感できました!

6 『夢と知りせば』

そんな彼女にさらにいくつか質問してみました!

ーー小説を書いていて、嬉しいことは何ですか?

 

「やっぱり、自分が悩んで、時間をかけて書いたものを好きと言って貰える時ですね!」

 

ーー最近、そういうことはありましたか?

「今書いている、『夢と知りせば』という京都が舞台の小説で、「毎回楽しみにしてます!」って言ってくれるファンの方がたくさん増えたり、実際に舞台となった場所に足を運んでくれて、報告してくれる方もいるのが嬉しいですね!

普段、小説は自分一人だけで作っているんですけど、『夢と知りせば』はカメラマンさんとイラストレーターさんと一緒に作り上げているので、なおさら嬉しいです」

 


『夢と知りせば』

私も、『夢と知りせば』を読み、京都にはまだまだこんな魅力があるのだと、足を運びたくなりました!

7 ななせさんのこれからの意気込み!

ーー今後の展望はどのように考えていますか?

 

「小説家として力をつけて、小説でしっかり生活していけるようにしていきたいです!」

 

ーー小説を書いていくうえで、目標、もしくは参考にしている人はいますか?

 

「太宰治や桜庭一樹さんを参考にしていて、文体がものすごく好きなんです!特に桜庭一樹さんの『私の男』という小説の心理描写がとても素敵で気に入っています」

 

小説家としてのこれからの活動が非常に楽しみですね!

我々も応援しています!

そして、皆さんもぜひ『リリィローズの花言葉』『夢と知りせば』をチェックしてみてくださいね!

 

 

『夢と知りせば』←こちらからチェック!

 

『リリィローズの花言葉』←こちらからチェック!

 

Thumb newspic

素敵な人たちにインタビューをしています。 より深い話を引き出すのがモットー

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事