ダルビッシュが330日ぶりの今季初白星…背番号42で6回途中2失点、8Kの好投 | RanQ [ランク]

RanQ



ダルビッシュが330日ぶりの今季初白星…背番号42で6回途中2失点、8Kの好投

Fb share Tw tweet
  • Thumb 1381271
    Thumb 1381271 funly_ ステータス:レッド
  • 3
  • 223View

マーリンズ2-7カブスでカブスが勝利した。

 カブス・ダルビッシュ有投手(32)が15日(日本時間16日)、敵地のマーリンズ戦に先発し、6回途中で今季最多96球を投げ、4安打2失点8奪三振の好投で今季初勝利を手にした。昨季は度重なる故障で1勝に終わった右腕は、昨年5月20日のレッズ戦以来330日ぶりの勝利となった。

今季4試合目の先発となったダルビッシュは初回に3点の援護をもらうと、リードを守った。2回に2四球などで1点を失い、4回にもソロを被弾。だが、味方打線の追加点にも助けられて、堂々たる投球を見せた。5―2と3点リードの6回2死一塁でマウンドを救援陣に譲った。

 昨季は故障に苦しんだ右腕。6年総額1億2600万ドル(約139億円)の大型契約で入団したが、1勝3敗。右腕に痛みが出てメジャーの登板は5月が最後で、復帰を目指して8月にはマイナーのマウンドに上がったが、9月に右肘骨棘(こっきょく)の除去手術を受けた。今季もこれまで3試合は白星をつかめずにいた。メジャー8年目。今季から通訳をつけずに過ごすなど、メジャーにすっかりなじんだダルビッシュだが、苦しんでメジャー2019年に入り初勝利を手にすることができた。

 この日(現地時間4月15日)は有色人種初のメジャーリーガーであるジャッキー・ロビンソンに敬意を表し、全選手が全球団共通の永久欠番でもある背番号「42」をつけて試合に出場。ダルビッシュも慣れ親しんだ「11」ではなく「42」を背負って試合に挑んだ。

 

DAZNならMLBの試合も見逃し配信で見れる!

プロ野球もヤクルト、広島のホーム戦以外は全試合配信!


無料トライアルで1ヶ月間無料視聴はこちらから

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事