RanQ


【ロッテ】ドラ1藤原が公式戦初猛打賞 柿木との大阪桐蔭対決で安打も

  • Thumb 1381271
  • 2
  • 48View

ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)が14日、イースタン・リーグ、日本ハム戦(鎌ケ谷)に「1番・中堅」で先発出場し、6打数3安打1打点と公式戦初の猛打賞をマークする結果だった。

 相手先発は大阪桐蔭の同級生・柿木。初回先頭では三邪飛に打ち取られたが、3回先頭では初球の140キロをはじき返す左前安打で出塁し、次打者の2球目には二盗に成功し、その後、4番・安田の右前適時打で先制のホームを踏んだ。5回2死二塁の第3打席は、日本ハム2番手の吉田侑から左翼線への適時二塁打。7回無死一塁でも3番手の福田から右前安打を打った。

 柿木との初対戦は2打数1安打で「少しは違うところもあるんですけどそんなに変わらずしっかり振っていこうと思っていました」。開幕スタメンをつかみながら、6試合で19打数2安打の打率1割5厘とプロの壁にぶつかり7日に2軍降格。降格後は重心を落としていた打撃フォームから、棒立ちに近い形に変更するなどの工夫が奏功し、「少しずつ状態も良くなって来ているので、引き続き成長というか、鍛えながらやっていきたい」と表情を引き締め話した。