RanQ



大学生でも起業する方法2019

Fb share Tw tweet
  • Thumb s  3653637
  • 4
  • 253View

「起業したい」

「学生のうちから稼ぎの柱を作っておきたい」

そう思ってこの記事に辿り着いた大学生がほとんどだと思います。

 

起業はリスクがあるよな・・・

初期費用貯めないと・・・

そもそも起業アイディアがない・・・

 

そう思ってまだ行動に移せていないのだと思います。

しかし、起業アイディア次第では初期費用0円で直ぐにでも立ち上げることができたりします。

 

今回はそんなあなたに向けて『初期費用0円で出来る起業アイディア集』を紹介していきます。僕自身も今大学3年生で実際に月80万以上稼げています。その起業アイディアも紹介していますので、ご覧ください。

 

あ、あと令和初日にtwitter始めました!!

良かったらフォローして下さい^^

⬇︎⬇︎

 

 

1 学生起業家のメリット

そもそも本当に起業しようか迷っているという人に向けてまずは、学生のうちに起業するメリットを紹介します。

 

メリット1:大学の校舎を拠点に使いやすい

大学の校舎をミーティングや開発、マーケティングの拠点にしやすいです。オフィスを別途構える必要が無いため、事業立ち上げの際に必要な予算を抑えることができます。

PCルームの自由利用が許可されている大学であれば、アプリケーション開発やウェブサイト更新、ミーティング資料の作成に学内のパソコンを使うことも可能です。また、学内には他の学生もいるので、人を巻き込みやすいという点もメリットに挙げられます。

メリット2:校内でテストマーケティング出来る

同年代のユーザーにアプローチしやすいことも、学生起業家の強みです。学園祭でのブース出展、学生向けイベントやセミナーなど学生向けに製品やサービスをアプローチできる機会が多いです。

もちろん学内での宣伝や販売のみで、ビジネスを大きく育てることは難しいです。ただし、スモールスタートしやすい環境であることも確かです。

メリット3:評価されやすい

学生起業家は、会社の経営者や上層部に「学生なのにすごいね」と評価されやすいです。評価されれば可愛がられます。そうすれば、起業のアイデアをくれたり、ダメなところを指摘してくれたりと、起業のサポートをしてくれます。

メリット4:就活でも有利

大学生のうちから起業のようなことをしている学生は、就職活動でもとても有利になります。「〇〇を運営していました。」「□□件の契約をとりました。」と就活の面接時に言うことができ、起業経験自体を評価されます。企業が一番欲しい人材は、”給料以上のお金を稼げる人”ですからね。

メリット5:お金の価値を知れる

学生のうちから起業しているとお金の価値を知ることができます。時給1000円で貰える1000円より自分自身で起業して1から創り出した2時間1000円の方が物凄く価値があることに気づけます。

 

学生起業家のメリットはもっとたくさんあります。

アルバイトという狭い枠に囚われず、自分自身でお金を創り出してみましょう!

 

2 学生起業のデメリット

 

デメリット1:課題が進まなくなる

起業は時間がかかります。今まで課題に当ていたような時間も起業の準備に使うようになってきます。そうなると、大学の課題が手につかなくなる可能性が高くなってしまいます。

 

 

 

3 学生起業アイデア1 課題代行

学生起業の王道といったらこれですよね。

下は小学生、上は大学生から院生まで幅広い利用者が存在します。

レポート代行の価格相場は、おおよそ500文字で2000円前後。1文字4円程度です。

 

価格の相場

  • 読書感想文(400字詰め原稿用紙1枚につき) 約3~5,000円
  • 自由研究 約10,000円~
  • 丸写し 1文字0.8円など
  • 基礎科目の問題1問につき 約300円
  • ポスター、イラスト 15,000円~20,000円

といった感じです。

 

課題代行は、クライアントの字や使いがちな言葉などの癖を知らないとうまくいかなかったりするので、最初は友達の代行サービスをしてみるといいでしょう。

クライアントの多くが中学受験などで塾や習い事(スポーツ)などに忙しい子供の親だそうです。子供の負担を減らしてあげたいという理由から頼む親が多いそうです。

 

4 学生起業アイデア2 ホームページ 記事作成代行

ネットの世界にはとてもたくさんのホームページや記事がありますよね。しかし、そのほとんどのホームページはホームページ作成代行サービスを利用したものになっています。IT系の企業を抜いたらプログラミングができない限り自社でホームページを作成するのがとても難しいのです。

 

あなたももしプログラミングができるのであれば、

ホームページ作成代行サービスを始めてみてはいかがでしょうか。

 

もし、あなたがプログラミングできないのであれば、無料ブログサイトなどで企業の商品を紹介するような記事を書いてその企業からお金をもらうのもいいかもしれませんね。

 

 

5 一番将来性あって効率がいいSNS事業

一番将来性があるのがSNS事業です。

SNSは使用時代は無料ですよね。

つまり、初期投資0円でできる最高のビジネスモデルなのです。

 

スマホ時代によってTV業界が衰退していますね。それはTVに使っていた時間をSNSに使うようになっているためです。SNSの利用者数は年々増加しており、利用頻度も高くなっています。これから先何十年も伸び続ける可能性が高いのです。

そんな時代だからこそSNSなら効率よくお金を稼ぐことができるのですね!

 

では、SNS事業とは一体何をするのか。大きく分けて2つあります。

1インフルエンサーとして集客代行をする

2インフルエンサーになる方法をコンサルする

1インフルエンサーとして集客代行をする

インフルエンサーとは

世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと
その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいる。(引用元:インフルエンサー – Wikipedia)”

です。わかりやすく言うとクラスの人気者のようなイメージです。クラスの人気者がカッコいいシャープペンシルを使うようになってからだんだんとそのシャープペンシルを使うクライメイトが増えて行きますよね。まさにその人気者がインフルエンサーです。

インフルエンサーはその影響力を使った事業です。

 

インフルエンサーになると企業から商品紹介の依頼が来ます。それは人気者が使ってくれれば、影響されて購入してくれる人が出てくるからです。報酬はフォロワーの多さによって変わって来ますが、大体1件につき3万〜8万貰えます。

そのインフルエンサーにあなた自身がSNS上でなるのです。「クラスで陰キャだった私にはムリ、、、」と諦めないで下さい。インフルエンサーにはSNS投稿の仕方を工夫するだけで誰でもなることができます。

 

2インフルエンサーになる方法をコンサルする

インフルエンサーになったら次は、インフルエンサーになりたい人にコンサルティングができるようになります。

SNSのコンサルティングはとても簡単です。

Lineかなんかで投稿の仕方やプロフィールの書き方などを教えてあげるだけでいいので、直接会ってコンサルする必要がありません。

インフルエンサーになるまでにした事などを素直に伝えることがコンサルになります。コンサルは一人につき10万〜30万円ほどもらう事ができます。

 

SNSは今最も伸びている業態です。

だからこそインフルエンサーになりたいという人が沢山いるのです。最近は企業もインフルエンサーを欲しがっています。TVよりSNSの方が広告費が安く済むし、影響力がすごいですからね!あなたがインフルエンサーになれば、企業からコンサルをお願いされる可能性も十分にあります。その時は数百万単位の報酬に期待できます。

インフルエンサーは商品紹介するよりもコンサルをした方が圧倒的に効率よく稼ぐ事ができます。コンサルをするためにもまずは、あなたがインフルエンサーになりましょう!

 

じゃどうすればインフルエンサーになる事が出来るのか。とても簡単な事です。インフルエンサーなる為のノウハウというものを知ってしまえばいいのです。元々SNSインフルエンサーは一般の人です。ノウハウさえ知ってしまえば簡単にインフルエンサーになる事ができます。

 

ノウハウはネット上でも乗っていますが、誰もができるようなものは少ないので、たくさんの情報の中から見極める必要があります。

「私には難しそう、、、」という方もいると思います。そういう方は下記のサイトに応募して見てください^^

 

 

このACEGlobalというサービスはSNSを軸に毎月海外旅行に行くことを目的としたサービスでSNS事業の始め方を1から教えてくれる仕様になっています。僕も最初はこのサイトに応募して1ヶ月でインスタグラムのフォロワー2500人超えました!

今このACEGlobalというサービスがSNSでお金を稼ぎたいという方に注目されており、応募が殺到しているそうです。人数制限もあるそうなので、ご興味がある方はぜひ応募して見てください。

 

 

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事