“大谷級”右腕・佐々木にスカウトが熱視線…日米18球団45人が集結 | RanQ [ランク]

RanQ



“大谷級”右腕・佐々木にスカウトが熱視線…日米18球団45人が集結

Fb share Tw tweet
  • Thumb 1381271
    Thumb 1381271 funly_ ステータス:レッド
  • 4
  • 262View

ベールを脱いだ怪物は大谷の再来だった―。今秋ドラフト1位候補の157キロ右腕、大船渡(岩手)の佐々木朗希(ろうき)投手(3年)が31日、作新学院(栃木)との練習試合に先発。気温5度、今季初登板ながら「8割」の力で最速156キロを計時した。集結した日米18球団45人のスカウトは「大谷に肩を並べる素材」「大谷くらいのスケール」と最大級の賛辞を口にしていた。

 弾丸のようなストレートが冷気を切り裂いた。佐々木がリリースに少し力を加えると、複数のスピードガンが「156」を表示した。この日の最速は2回1死三塁からのウィニングショット。「久しぶりにマウンドに立てて楽しかったです」。成長途上の原石は、冬を越え、規格外の怪物へとスケールアップしていた。

 底知れぬ能力を示す46球だった。2回無死三塁から3者連続三振を奪うなど予定の3回で2安打1失点、6K。今季初登板、気温5度の中で153キロの奥川(星稜)、同152キロの西(創志学園)、及川(横浜)を上回るスピードを見せ、ネット裏には電流が走った。センバツ中ながら日米18球団45人のスカウトが集結。ヤクルトは6人、巨人と楽天は5人態勢で視察し、衝撃を口にしていた。

 巨人・長谷川スカウト部長「ビックリした…。こんな選手、いるんだね。直球の切れは今プロに入っても三指に入る」

 フィリーズ・大慈彌環太平洋担当部長「大谷君クラス。十分に肩を並べる素材。球速は大谷君より上。(1打数1安打の)打撃も捨てがたい」

 菊池、大谷に続き、またまた岩手からドラフトの超目玉に躍り出たが、160キロを目指す本人は涼しい顔。「今日は8割くらいで投げました。まだ本調子ではない。練習すれば球速は自然と出てくると思います」。ひと冬で体重は5キロ増の86キロ、身長も1センチ伸びて190センチになった。まだまだ成長の余地を残す17歳に多くの注目が集まっている。

 

DAZNならMLBの試合も見逃し配信で見れる!

プロ野球もヤクルト、広島のホーム戦以外は全試合配信!


無料トライアルで1ヶ月間無料視聴はこちらから

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事