RanQ



音楽ファイルの情報タグ編集に最適!「Mp3Tag」でラクラク音楽整理♪

Fb share Tw tweet
  • Thumb img 5336
  • 2
  • 137View

こんにちは、Yukiです。

 

突然ですが、私は音楽が大好きです。

家にある外付けHDDの中に自分が高校2年生の頃から

貯めこんだ音楽ファイルが入っているのですが、その容量が

30GB以上あります(これは異常かもしれませんが...)。

 

今の時代はYoutubeで音楽を聴く!という方も多いかもしれませんが、

オンライン上で音楽を聴くとなると気になってしまうのが

回線の接続とスマホならマシンの動作に負担がかかってしまうこと。

今は音楽アプリもありますが、大人の事情でアプリごと削除されたり

法律的にグレーであまり気持ちが進まなかったり...。

 

同じ曲を繰り返し聞くのなら、ローカルに曲を取り込んで聞きたい!

でも、取り込んだ曲の整理ができない、方法がわからない(´;ω;`)

 

そのような方のために、今回は昔から私が使っている

「Mp3Tag」という音楽ファイルの情報タグの整理ソフトについて

使い方などを解説していきたいと思います。

1 「Mp3Tag」でできること

「Mp3Tag」は、音楽ファイルの情報タグを編集するソフトです。

 

動作が早く、置換やワイルドカード機能など

非常に使い勝手の良い機能が豊富なので私Yukiは重宝しています。

 

音楽ファイルの情報タグを編集すると、以下の利点があります。

・iTunesなどで取り込んだ音楽ファイルの情報修正ができる

・一つのアルバムに複数あるCDを同じアルバム名でまとめて、聴きやすくする

・ジャケット画像を設定することで、曲を聴く時に分かりやすくできる

・取り込んだ時についてくる余計な情報をまとめて消せる

 

...などなどです。

音楽を作るソフトではありませんが、音楽ファイルがある時に

それを整理する際に非常に使えるソフトです。

2 「Mp3Tag」をインストールする

以下の公式サイトからダウンロードできます(英語)。

Mp3Tag - 公式サイト

 

上のメニューバーから、「DOWNLOAD」をクリックします。

 

最新版のダウンロードリンクが表示されるので、

クリックしてローカルにダウンロードします。

インストール時に表示言語を聞かれますので、

今は何もしなくて大丈夫です。

 

ダウンロードしたexeファイルを実行して、

インストールを開始します。

 

ライセンス契約書を読んで、同意できる場合は

「同意する」をクリックします。

 

ここだけ英語ですが、普通にパソコンにインストールする場合は

「Standard Installation」、ソフトの持ち運びなどを考慮して

ポータブル版をインストールしたい場合はその下の

「Portable Installation」をクリックして「次へ」をクリックします。

 

コンポーネントの設定画面になりました。

初期設定ではすべての設定にチェックが入っていますので、

不要なものはチェックを外します。

 

インストール先を指定します。

初期設定の方が一番不都合がないと思われます。

 

スタートメニューフォルダの名前を指定したら、

インストールを押してインストール開始です!

 

インストールが完了しましたら、さっそくインストールした

Mp3Tagを起動してみましょう。

3 「Mp3Tag」の使い方

Mp3Tagの使い方を解説します。

普通に、普段からソフトを触っている方には説明は不要だと思うのですが(;^_^A

 

初期設定では、左側の画面に「今選択している音楽ファイルの情報タグの情報」、

右側の画面に「今選択しているフォルダの中にある音楽ファイルの一覧」が

表示されます。

 

画面表示やバーは、それぞれマウスドラッグで動かすことができます。

誤ってウィンドウなどを消してしまった場合は、画面上側のバーの

「表示」から再表示・非表示させることができます。

 

画面下側の「フィルタ」という項目はいわゆる検索機能です。

入力した内容を含む情報が、現在選択中のフォルダ内にある

音楽ファイルにある場合、それのみを表示します

(ここの項目にもワイルドカード機能を利用可能です)。

 

私も自分で使える機能しか使っておらず、どれほどの機能が

Mp3Tagにあるのか知りませんが、とても高性能のソフトだと思います。

4 「Mp3Tag」活用術

私は普段からiPhoneを使っており、iPhone公式のMusicアプリの仕様上

情報タグを編集しておいた方が曲の整理がしやすいです。

 

 

iPhoneのMusicアプリには表示する項目が以下のようになっており、

・プレイリスト

・アーティスト(アルバムアーティスト)

・アルバム

・曲

・ミュージックビデオ

・ジャンル

・コンピレーション

・作曲者

・ダウンロード済み

で一度に画面に表示する曲を切り替えることができます

(ここも右上の編集ボタンからそれぞれ表示・非表示を設定可能です)。

 

この中で私がMp3Tagで設定しているタグの項目は、

主にアルバムアーティストです。

アルバムや曲名はCDを取り込んだ時に同じアーティストでも

同じ名前で固定されている場合は多いですが、

アルバムアーティストはそもそも設定されていない、違うCDで

固定されていなかったりする場合が多いです。

 

アルバムで曲を聴こうとしても、iTunesからたくさんアルバムを

入れてしまうと一度に画面に表示されるアルバム数は

iPhone内に入っている全てのアルバムになってしまいます

(アルバムでソート、表示しているから当たり前ですね(;^_^A)。

 

mp3の情報タグで一番整理しやすそうな項目はないかな、と

当時高校2年生の私がタグの情報を眺めていたところ、

一番使い勝手が良かったのがアルバムアーティストタグでした。

アルバムアーティストタグで同じアーティスト名をつけておけば、

アルバムほどはかさばりませんし、程よい量のアルバムや

曲を表示させることができます(他の情報タグでも、同じことができます)。

 

Mp3Tagを活用しての音楽ファイル整理術は無限大です。

皆さんも、よいミュージックライフを!

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事