近づいてきた「平成最後のエイプリルフール」。今年はどのようなネタが流行るのか? | RanQ [ランク]

RanQ



近づいてきた「平成最後のエイプリルフール」。今年はどのようなネタが流行るのか?

Fb share Tw tweet
  • Thumb images
    Thumb images Yuki ステータス:ホワイト
    Perfect Promotion
  • 2
  • 261View

4月1日は、世間は「エイプリルフール」です。

 

 

 

こんにちは、Yukiです。

毎年のことなのか、歳のせいなのか、あまり「4月バカ」という

行事に驚かなくなってきました...。

 

去年のこの時期は調子が悪く、今年も同じ感じの体調なので

4月1日は寝てるかパソコンをいじっているかでしょうね、ワタシは。

 

...そんなことないですか?

やっぱり、周りの人が気になります???

 

インターネットが普及してきてから、個人のサイトや

メディアなどで「トップページを大々的に」変えたり、

SNSの公式アカウントで何の予兆もなくつぶやいたりと、

毎年の4月1日ネタにもずいぶんと磨きがかかってきた印象があります。

 

世間がバカ騒ぎしているのに、自分だけ冷めてるなんて、

それこそバカヤロウ!と、思う方のために、

今までに存在した面白い「4月バカ」ネタをご用意し、

今年のエイプリルフールはどのようなネタが流行るのか、を

予想してみました。

1 「4月バカ」起源

おさらいに入る前に、起源やその様子のお話から。

 

 

 

エイプリルフールは、起源が不明です。

 

 

 

地味に、どこでどう始まったのかも分からないんですね...。

これは怖い(;´・ω・)

 

4月1日になると、公的私的機関を問わず、みんながみんな突然

嘘の情報を流し始めます。その内容を楽しむのが、エイプリルフールでしたね。

 

有名なところでは、イギリスの国営放送局BBCが嘘の情報を流したり、

日本では有名な会社(あそことか、あそことか...)が流したり...。

 

エイプリルフールは、4月1日の午前中だけ嘘をついていい

という地味に浸透している決まりがあります。

なので、4月1日の午前中を過ぎるとネタや情報元が消滅してしまう

ケースが非常に多く、ネット上にも残っているものも多くありません。

 

ずっと嘘の情報を残していないで、時期が来たらそっと消すことも、

マナーの一つとして浸透しているのかもしれませんね。

2 「4月バカ」おさらい

・タカラトミー & セガ (2016年)

 

 

 

やばいっす。

 

 

 

・シャープ (2016年)

 

 

アスキーアートも用いて内輪ネタとは...。まずいですよ!

 

 

 

・キリンビール (2017年)

 

 

「トリさん」とは、サ◯トリーのことでしょうか?大丈夫なのでしょうか...。

 

 

 

・サントリー (2017年)

 

 

名前、長すぎますね。でも普通に女子力高くなりそうです。

 

 

 

・マクドナルド (2018年)

 

 

食べられなさそうですけど、データの中身が気になります!

 

 

 

・プロジェクトイーブイ (2018年)

 

 

技名がカッコイイですが、他の選手から絶対やられそうです。

3 今年の「4月バカ」

「4月バカ」ネタをおさらいしてきましたが...。

今年は、一体どのようなネタが流行るのでしょうかね?

 

私Yukiの個人的な意見ですが、今年は

「平成最後のエイプリルフール」であることをうたって、

「平成初期の時代から今まで時系列的にタイムワープ」...

なんていうネタとかも十分あり得そうです。

この日のために、全力で準備を進めている企業もあるとか、ないとか。

 

でも、こういうネタは予想したところよりも

自分の予想が外れたときが、一番面白いものだとは思いますが...。

 

2019年4月1日まで、あと2週間を切りました。

今年は、どのようなネタが出てくるのでしょうか...。

 

最後にお伝えしますが、

「ウソは他の人を不幸にさせるものではあってはいけません」

それだけしっかり守って、エイプリルフールを楽しみましょう。

Thumb images
Perfect Promotion
  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事