RanQ


慶應義塾大学・総合政策学部の学生が就職する上位企業ランキング

  • Thumb 1381271
  • 1
  • 35View

 

 

3月に入り、2020年卒業の大学生による就職活動についての話題を耳にするようになってきました。業界研究や企業研究に時間をかけているという学生も多いのではないでしょうか。

シリーズでお伝えしている「就活企業研究シリーズ」。今回はその中でも慶應義塾大学総合政策学部の卒業生が就職する就職先人数が上位企業ランキング及びその上場企業1社についてピックアップをし、有価証券報告書をもとに過去5年間の業績動向、従業員数、年間平均給与や最近1年間の株価動向について見ていきましょう。

慶應義塾大学総合政策学部の卒業生が就職する上位企業ランキング

慶應義塾大学が発表した2018年4月現在の同大学総合政策学部を卒業した上位就職先は以下の通りです。

 ・アクセンチュア:10人(2人)
 ・デロイトトーマツコンサルティング合同会社:7人(2人)
 ・三井住友銀行:7人(0人)
 ・電通:7人(2人)
 ・みずほ銀行:6人(3人)
 ・楽天:6人(6人)
 ・三菱UFJ銀行:5人(3人)
 ・野村證券:5人(1人)
 ・アビームコンサルティング:4人(1人)
 ・三井物産:4人(0人)
 ・三菱商事:4人(1人)
 ・損害保険ジャパン日本興亜:4人(2人)
 ・日本放送協会:4人(1人)
 ・野村総合研究所:4人(1人)
 ・PwCコンサルティング合同会社:3人(2人)
 ・エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ:3人(1人)
 ・サイバーエージェント:3人(0人)
 ・ソフトバンク:3人(1人)
 ・リクルートキャリア:3人(3人)
 ・伊藤忠商事:3人(0人)
 ・三井住友信託銀行:3人(1人)
 ・住友商事:3人(1人)
 ・全日本空輸:3人(1人)
 ・東京都:3人(1人)
 ・日本生命保険相互会社:3人(1人)
 ・博報堂:3人(1人)
※カッコ内は女子で内数

就職先企業の業績、従業員数、給与と最近の株価

さて、上位就職先企業について、特徴的な企業の業績動向や従業員数、給与とともに最近の株価を見ていきましょう。

大学に入学する際には自分が勉強したいことがさらにできる大学、また自分の学力や偏差値にあった学校を選ぶというのは熱心に誰もがしてきたかと思います。

一方で、高校生の段階で「大学卒業後にどの企業に就職しているのか」というところまでは気が回らないと思います。ただ、大学を卒業して就職する企業を事前に知っておくというのはよいのではないでしょうか。

 サイバーエージェント

同社の過去5年の業績動向を見ていきましょう。

経常利益は200から300億円台のレンジで推移しています。2018年9月期は285億円でちゃくちしていますが、2016年9月期は353億円を計上しています。

また、投資家が注目する(親会社株主に帰属する)当期純利益は40億円から140億円台で推移しています。2017年から2018年9月期は40億円台での推移となっています。2018年9月期は48億円でちゃくちしています。

では、同社の従業員数や給料はどうなっているのでしょうか。

連結の従業員数は4853人となっています。また単体の従業員数は1540人となっており、平均年間給与は709万円となっています。

ちなみに、単体の経常利益を従業員数で割った一人当たり経常利益は1646万円となっています。

最後に同社の過去1年の株価動向について見てみましょう。

同社の株価は2018年夏までは上昇基調でありましたが、その後は下落トレンドに。1年前は5000円台で推移していましたが、2019年2月までは下落基調となり、一時は3000円をつけようかという場面も。現在は3700円台で推移しています。

まとめにかえて

ここでお示ししたランキングや企業が必ずしも学生の人気ランキング順というわけではありません。

積極的に採用する企業が結果として上位就職先企業となっている側面もあります。ただ、学生が就職を希望しないことには最終的には就職先にはなりません。その観点からも、採用側の企業と大学生の需要と供給が一致した結果といえるでしょう。

また、注意すべきは連結従業員数と単体従業員数の違いです。たとえば、連結子会社が多い企業は一見すると従業員数が多く見えます。自分がどの会社に応募をしようとしているのかは改めて注意するのが良いでしょう。連結での従業員数が多く見えても、自分が応募している企業の従業員数が少ないこともあります。

最後に、企業研究をする際には、今回参考したような有価証券報告書や決算説明会資料なども参考にするとよいでしょう。決算説明会資料はどの投資家にもわかるように説明がされていることも多く、学生にとっても有益な資料といえます。決算説明会資料はアニュアルレポートほど堅苦しくなく、事業ごとの業績が分かりやすい資料といえます。

 【参考文献】

慶應義塾大学「慶應義塾大学 2017年度 上位就職先企業(3名以上上位20社)」