RanQ



東大合格で今年も3018名の東大生が誕生。文系の序列に変化が?模範解答も

Fb share Tw tweet
  • Thumb 1381271
  • 6
  • 1074View

「駒場」の画像検索結果

例年、国立大で最後に合格発表を行う東京大学。
今年も合格発表が終わり、あらたに3018名の東大生が誕生した。

今年の特筆すべき点は

・最低点が文Ⅰ<文Ⅱになったこと
・東大が模範解答を公表するということ

であろう。

合格最低点の文Ⅰ>文Ⅱ>文Ⅲという序列は何十年単位で崩れることはなかったが
なんと、今年は合格最低点が一番高いのは文Ⅱとなった。
(もちろん、科類によって採点基準が違うという噂もあるので何とも言えないところではあるが)


とはいえ、これは文Ⅰ→法学部から官僚や法曹界に行くルートよりかも
文Ⅱから経済に行き、民間のゴールドマンサックスやマッキンゼー、メリルボスコンなどのトップ外資を筆頭として
大手外資もしくは、日系大手の商社やテレビ局・広告代理店に行くというルートの人気が高まってきたことの表れであることは間違いなさそうだ。(もしくは学生起業)

(実は2年ほど前から、学内では理系から経済学部へ転学部する生徒が大幅に増え、経済学部進学の難易度が上がるなど兆しは見えていた)


また、今年はなんと東大が模範解答もしくは設問の意図を公表するとのことだ。

特に現代文に関しては、予備校講師ですら正解が分かっているのだか分かっていないのだか怪しいようなブラックボックスと化しているものだったこともあり

東大公式の見解が公表されるのは注目したいところだ。
 

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事