RanQ



もう光老化に負けない 光老化対策はどうすればいいの?

Fb share Tw tweet
  • Thumb dsc 0122 2
  • 1
  • 294View

光老化(ひかりろうか)とは、主に太陽光を浴びることによって起こる肌の老化です。

そして、肌の老化の原因の80%は光老化によるものであると言われています。

つまり、光老化を上手に防ぐ事ができれば、肌の老化の80%は防ぐ事ができるという事になります。

光老化とはどのようなものなのか、また、光老化を防ぐためにはどのような事をすればいいのか、詳しくみ見ていきましょう。

1 肌の通常の老化と光老化の違い

肌の通常の老化と光老化についての違いを見てみましょう。

まずは通常の老化についてです。

年をとるにつれ、ハリがなくなり、シワが増えていきますが、これは女性ホルモンの減少などにより、肌のターンオーバーが正常になされなくなるためです。

肌のターンオーバーが正常になされなくなると、だんだん肌が薄くなってきて、保湿の力も衰えてきます。

角質層を説明する場合、よく角質細胞をレンガに例えて、角質細胞間脂質はこのレンガの隙間を埋めるモルタル(接着剤)に例えられます。

角質細胞間脂質は、セラミド、コレステロール、遊離脂肪酸などにより構成されてるのですが、年をとるとこれらが減少するために、保湿力が低下し、ハリがなくなったり、シワができる原因になります。

一方、光老化の特徴は、肌が黒っぽくなり、ゴワゴワし、シミや深いシワができるというものです。

例えば腕の外側は日光にあたるため黒くてゴワゴワしているけども、腕の内側は白くて柔らかいという状態はすぐに想像できると思います。

まとめると、肌が白っぽく、なめらかだけどもハリが失われていて浅いシワがある場合は通常の老化、肌が黒っぽく、ゴワゴワしていて深いシワやシミがある場合は光老化と言えると思います。

2 光老化はどのようにして起こるの?

光老化は主に太陽光に含まれる紫外線によって起こります。

太陽光に含まれる紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cがあります。

UV-Aは太陽光に含まれる紫外線の90%を占めるのですが、これが光老化の原因となるものです。

危険性の順番でいうとUV-C、UV-B、UV-Aの順番なのですが、今回は光老化の話なので、紫外線の危険性についての話はまた別の機会にしましょう。

UV-Aは、表皮の下にある真皮にまで達する事から、このUV-Aが真皮にある線維芽細胞(せんいがさいぼう)にダメージを与えます。

線維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をつくり出す大事な細胞であるため、この数が減ると肌のハリが失われたり、深いシワが出来たりといった肌の悩みにつながります。

コラーゲンやヒアルロン酸は化粧品等でおなじみの成分ですが、エラスチンというのはあまり聞かないですよね?

エラスチンは真皮の線維成分として3%程度しか含まれていないものの、コラーゲンの線維を支える役割を担っており、肌のハリを保つのに重要な役割を果たしています。

UV-Aはこのエラスチンに変性をもたらし、塊状になったエラスチンは正常に保湿の役割を果たせなくなるので、これも光老化の原因となります。

また、紫外線を浴びると日焼けをするというのは誰もが知っている事だと思いますが、紫外線を浴び続ける事によって、メラニン色素が沈着してしまい、これがシミの原因になります。

このようにして光老化が起こります。

3 ブルーライトも光老化の原因になるって本当?

ブルーライトが光老化の原因になるという話を聞いた事がある方もいらっしゃるかもしれません。

実際ブルーライトがどの程度肌に影響を与えるのかはよく分かっていません。あなたの実感としても、例えばパソコンを使いすぎて肌にシワができたなどというのはあまりピンとこないのではないでしょうか。

ただ、紫外線の波長は10nm~400nmなのですが、ブルーライトは400nm~500nmの波長なので、紫外線に近い働きをするというのは説得力のある話です。

ブルーライトも光老化の原因の一つだと言っている医師もいるため、ブルーライトにも注意するにこした事はないと思います。

パソコンのディスプレー用のブルーライトカットのフィルターも売られているため、毎日長時間パソコンの前にいる方は、フィルターでブルーライトをカットしてみるといいと思います。

ただし、1日8時間程度パソコンの前にいる程度であれば問題ないと言われているため、あまり神経質になる必要はないと思います。

4 光老化を防ぐにはどうすればいいの?

光老化を防ぐためには、日光に当たる機会を極力減らす必要があります。

とは言え、顔や腕に日光を浴びる事によって体内でビタミンDが生成されるので、あまり極端に日光を避けすぎるのも考え物です。

ビタミンDには食べ物からのカルシウムの吸収を促進したり、免疫機能を調節する事により、最近やウイルスにより引き起こされる病気にかかりにくくする働きがあるからです。

例えば日差しが弱い時期の通勤や通学のみ日光にさらされるような場合は、特に対策は必要ないと思います。

ただし、日差しが強い時期の通勤や通学、屋外で行うスポーツやバーベキューなどで長時間日光に晒される場合には、日焼け止め対策をしっかりしましょう。

日傘を使ってできるだけ日光そのものを浴びないようにしたり、日焼け止めクリームを細目に塗るなどしてしっかり対策する事が必要です。

5 光老化対策のためのサプリメント

光老化を防止するには、日焼け止めクリームなどでしっかり日焼け止めをするのはもちろんのこと、肌に有害な活性酸素を除去し、肌をいつも健康な状態に保つ事が必要です。

アストリウムは、ナノアスタキサンチンとアルガトリウムで強力に活性酸素の除去ができるサプリメントなので、とてもおすすめです。

 

↓アストリウムの公式ページを見てみる(ここをクリック)

アストリウムについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご閲ください。

6 関連記事

http://slowtea-ratte.com/wordpress/wp-content/uploads/2015/11/photofacial_image.jpg

肌荒れや日焼け、シミ、シワなどの原因とその対策をまとめてみた

 

 

https://www.sunsorit.co.jp/_cms/wp-content/uploads/2016/04/005-1.jpg

顔の皮むけの原因4つ

 


 

 

 

 

Thumb dsc 0122 2

健康美容を中心に痒いとことに手が届く情報をお届けします。

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事