RanQ



お金をかけず自炊も不要!コンビニでダイエットできるメニュー選び術

Fb share Tw tweet
  • Thumb depositphotos 20669189 s 2015
  • 2
  • 179View

「ダイエットしたいけど自炊はしたくない」

「外食はカロリー過多だしお金もかかる」

そんな風に、楽してコスパよくダイエットしたいなんて思っていませんか?

実は、意外なところに、その両方を叶える場所があるんです。

それが「コンビニ」です。

 

コンビニと聞けば、カロリーが高いし、ダイエットには不向きだと思ってしまいますよね。

でも、最近のコンビニは、健康重視のメニューを開発し、たくさんの品揃えをしているところが多いんです。

更に、ほとんどの商品には、カロリー表示がされているので、ダイエットを目指すあなたには好都合です。

 

あなたも、低カロリーのメニューを組み合わせることで、コンビニダイエットを目指してみてください。

この記事では、お金が無くても自炊できなくても、コンビニでダイエットできるメニュー選び術をお伝えします。

1 【コンビニダイエットで組み合わせるべき3つの栄養素とメニュー】

ここでは、コンビニダイエットで組み合わせるべき3つの栄養素とメニューをまとめてみました。ぜひ参考にして観てくださいね!(^^)

2 コンビニでも買える「食物繊維」を多く含む食品とメニュー

■食物繊維

食物繊維は、ダイエットに欠かせませんが、1日の必要量を摂取するのに大変な栄養素です。

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。

 

・水溶性食物繊維

水分を保持するので、粘りのある状態にすることで、栄養素の消化吸収を遅らせます。

・不溶性食物繊維

腸壁を刺激して腸の働きを盛んにし、便の排泄を促進します。

 

この2つの食物繊維を上手く組み合わせて摂りましょう。


★食物繊維を摂るメニュー

もち麦

水溶性食物繊維が豊富です。
おにぎりやサラダ、スープなどと併せて売られています。

 

オクラ・もずく・めかぶ・なめこ

ネバネバ系は、水溶性食物繊維が豊富です。
パックで売っていたり、カップの味噌汁で売っていたりもするので手軽に食物繊維を摂れますね。

 

納豆

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいます。
手軽にパックで食べれるのでお勧めです。

 

海藻サラダ

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいます。

 

ごぼうサラダ

ごぼうには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれています。

 

ラッキョウ

水溶性食物繊維がたっぷり含まれています。

3 コンビニでも買える「タンパク質」を多く含む食品とメニュー

タンパク質

タンパク質は、筋肉を作るために必要な栄養素です。
ダイエットでは、筋肉を作り、代謝を上げることも大切ですからね。

タンパク質と言えば「肉」だけを思い浮かべそうですが、
「魚」にも、良質なたんぱく質が多く含まれています。


・肉

脂質を避けて、赤身を選ぶのが良いでしょう。

・魚

鮭に含まれている「レプチン」は、ダイエットにお勧めです。

・大豆

良質のタンパク質が摂れ、腸内環境を整える働きが期待できます。
また、脂肪の代謝を促進する働きも期待できます。


★タンパク質を摂るメニュー

生ハム

タンパク質が多く含まれ、どこでも手に入りやすい商品ですね。

 

サラダチキン

脂質の少ない鶏むね肉を使っているので、高タンパク低カロリーで、栄養を摂れます。

 

鮭の塩焼き

たんぱく質が豊富であるだけではなく、ビタミンB群も豊富です。

 

ツナ缶

ノンオイルの場合は余分な油分を含んでいないため、タンパク質を純粋に摂ることができます。

 

納豆

植物性タンパク質、カルシウム、ミネラル、鉄分も含み、納豆菌は腸内環境も整えます。
 

4 コンビニでも買える「糖質」を多く含む食品とメニュー

■糖質

「糖質」と聞くと、ダイエットの大敵のように思われるかもしれませんが、摂らないのは逆効果です。

「糖質」を無理に減らしても、栄養をバランスよく摂らないと、ダイエットに繋がりません。

★糖質を摂るメニュー


おにぎり

おにぎりは、カロリーも、そう高くは無く、腹持ちも良いのでお勧めです。
いろんな具材のものがありますが、具材によってはカロリーが高めのものもあるので気を付けましょう。

 

お粥

お粥はカロリーが低めです。
ただし、水分が多く、お腹は空きやすくなります。

5 【まとめ】

お金が無くても自炊できなくても、コンビニでダイエットできるメニューをお伝えしました。

今は、コンビニメニューも多彩です。

 

低カロリーのものも多いので、ダイエットにはもってこいです。

「食物繊維」「タンパク質」「糖質」、これらの各メニューを上手く組み合わせることで、ダイエットに励んでみてください。

 

更に、今話題のこうじ酵素などの栄養補助食品も、調理をする手間暇もなく、なおかつダイエット体質に導いてくれるので、忙しくて時間の無い方も、メニューの一つとして取り入れてみるのもオススメです!

  • Fb share Tw tweet


    あなたにおすすめの記事