RanQ

Bff78230

犬を飼う前と飼い始めた後の親父、違う人格説。

  • Thumb 023 o
  • 9
  • 993View

 

あんなに反対していたのに…。飼い始めた途端に、態度を変えてデレデレになってしまった親父たちをまとめてみました。

 

1 この親父、「犬は欲しくない」と言っていたそうです

 

眠るときも、ジムのときも、お仕事さえも一緒なんですね笑

2 「いやこの犬はな、ソファで寝るのを許してないのでな、わしがソファの代わりにだな…」

 

なんという言い訳…

3 犬を飼うことに反対していた親父の部屋から見つかった写真がこちら

 

動かぬ証拠ですね。

4 犬を飼いたくないと言っていた親父が…

 

まくらにされてる…

5 親父「iPadなんて欲しくない、犬なんて欲しくない」

 

適応能力が高い。

6 頑なに犬を飼うことを拒否していた親父が…

 

我が子のように抱きしめています。

7 私たちが可愛がっている愛犬のことを決して認めないと言っていた親父

 

ものすごい笑顔。

それにしても散歩するのによさそうな芝生ですね。

8 犬と一緒に何かをするなんてごめんだぜ!と言っていた親父

 

一緒にクリスマスを過ごしているようですね。

9 親父は犬は欲しくないと。それからしばらくして、二匹目の犬は欲しくないと言っていた。

 

二匹にベタベタです。

10 親父「犬は全く望んでいないぞ」のその後

 

懐に入れるほど可愛がっていますが笑

11 自分がどれだけ犬嫌いかを切々と語っていた親父

 

お仕事中の親父の膝の上でうとうとさせてます。

12 ペットは飼わない主義といっていた親父だったが

 

愛犬を抱えて微笑んでおります。

13 大反対した親父が…

 

今では相棒のようです。

14 犬を飼うと言った時、全然興味を示さなかった親父だったが…

 

こんなにもべったり。

15 親父「犬派じゃないから」のその後

 

「犬派ですが、何か?」と言わんばかりの表情。

16 いかがでしたか

私の父親は逆で、犬を飼うことに賛成していましたが、世の中のお父さんはこうなのかも。

誰かに反対されるということも、それを乗り越えて挑戦するということで、自分にも他の誰かにとっても良い結果をもたらすのかもしれません。

Thumb 023 o

Motoki

大学2年生。ハッチ好き。MINI F56 COOPER D 乗り。