RanQ

B4535f656056505381b96a4c6b90e907 s

ハゲる原因は主に3つ!早めの対策でハゲは防げる

  • Thumb dh5fpxbv0aatr03
  • 1
  • 163View

近年、10代〜20代でもハゲに悩まされる方は少なくないです。

ではなぜハゲるのでしょうか?

多くの方は老化が原因と考えますがそれは間違いです。

白髪は老化現象ですが、ハゲは異常現象なんです。

 

そもそも、なぜ人に髪の毛があるかご存知ですか?

髪の毛には、衝撃や強い太陽光から頭を守ってり、体温調節のために生えていると考えられています。

衝撃や太陽光から頭を守ることは万人に必要なことなのにハゲるのは異常です。

もちろん守る価値がなくなったわけではありません。ハゲにはハゲる原因がしっかりと存在します。

1 男性のハゲる原因で最も多い『AGA』

男性のハゲの原因の大半はAGA(男性型脱毛症)です

AGAの特徴は髪の毛がだんだん細くなり、産毛のような細い毛ばかりになることです。

また、後頭部と側頭部の髪の毛がしっかりと残っていることです。

 

10〜20代の薄毛の進行はAGAが原因と考えて間違えないでしょう。

AGAのメカニズムと原因と対策についてお教えします。

 

 

AGAのメカニズム

AGAと男性ホルモンは密接な関係にあります。

男性ホルモンの1種に「テストステロン」があります。このテストステロンがAGAには関係しますが、テストステロンのみでは直接的に脱毛は促進されません。

テストステロンと「5α-リアクターゼ」という頭皮に存在する還元酵素が出会ってしまうとDHT(ジヒドロテストステロン)という、物質に変化します。

このDHTに、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)が反応すると毛が十分に成長する前に抜けます。

 

 

AGAの原因

AGAの原因は2つあり、5α-リアクターゼの活性度の高さとアンドロゲンレセプターの感受性の高さが原因です。

5α-リアクターゼの活性度が高いとテストステロンがDHTに変化しやすくなり、薄毛につながります。

アンドロゲンレセプターの感受性が高いとDHTに反応しやすくなり、これも薄毛につながります。

DHTを多量に作る人やDHTの影響が受けやすい人がハゲやすいということですね。

 

5α-リアクターゼの活性度やアンドロゲンレセプターの感受性は遺伝が原因の場合と、生活習慣や食事が原因の場合の二つがあります。

遺伝が原因の場合

親からは薄毛になりやすい体質を遺伝します。

5α-リアクターゼの活性度は両親から優性遺伝し、アンドロゲンレセプターの感受性は母親の遺伝子を受け継ぐと言われています。

 

生活習慣が原因の場合

食生活が偏ったり、睡眠時間が少なかったり、ストレスが大きいと代謝が落ちホルモンバランスが崩れAGAに影響すると考えられています。

 

 

AGAの対策

食生活の改善の改善やAGAに効果的な育毛剤の利用をオススメします。

食生活は、亜鉛やイソフラボン、ノコギリヤシなどの成分を摂取することで体の内側から育毛をサポートしてくれます。

育毛剤は、AGA用の育毛剤以外では効果がありませんので、公式サイトで5α-リアクターゼの働きを阻害と明記された育毛剤の利用を選ぶことが重要です。

 

2 不規則な生活習慣

ハゲる原因には不規則な生活習慣も挙げられます。

代謝が落ちると、髪に栄養が十分に行き届かなくなるため毛根が弱まり、髪が抜けやすくなります。

そこで、不規則な生活習慣の例を挙げていきます。

 

睡眠不足

寝ている間に分泌される成長ホルモンが髪の成長に関係してきます。

成長ホルモンにより、髪が成長しダメージの修復を行ってくれます。

なので、睡眠が不足すると元気のない弱々しい髪になってしまいます。

また、寝ている間は頭皮の血行が良くなるので睡眠時間が短いと薄毛の原因になります。

 

偏った食生活

高脂肪、高コレステロールの食品ばかり食べていると皮脂の分泌が過剰になります。

皮脂の分泌が過剰になると、毛穴が詰まりやすくなり毛根が酸欠状態になってしまい、栄養を十分に取れず抜けやすくなってしまいます。

バランスの良い食事を心がけることが重要です。

 

射精のしすぎ

男性が射精をした後は、精子を作る必要があります。精子を作る際に亜鉛を消費します。

亜鉛には、テストステロンをDHTに変化するのを防ぐ働きがあるので亜鉛が不足するとハゲる原因になります。

 

タバコ

ニコチンの作用で、毛細血管が収縮し血流が悪くなるので栄養が毛根まで届かなくなり抜け毛が増えたり、発毛がうまくいかなくなります。

 

ストレス

ストレスによって、血行が悪くなるの良くありません。

現代社会においてストレスをなくすのは難しいですが、趣味などでストレスを解消することが重要です。

 

 

3 髪や頭皮へのダメージ

頭皮へのダメージが積み重なると、抜け毛や薄毛の原因になります。

男性は特に髪の毛に対しての意識が低いので髪や頭皮へのダメージが大きいです。

 

ヘアスタイル

いつも同じところで分け目を作ると、地肌が見える頭皮は紫外線の影響を受けやすくなります。

また、髪の毛を無理に引っ張ったり、同じ縛り方をするようなヘアスタイルは毛根に負担がかかりハゲる原因になります。

 

刺激の強いシャンプー

市販されているシャンプーには香りやツヤを出すために頭皮への刺激が強い成分や、泡が多く出るような成分が多いようです。

これらの成分は頭皮にダメージを与え、毛根に負担がかかるので抜け毛の原因になってしまいます。

 

髪を乾かさず放置

髪を洗った後に乾かさず放置すると湿気によって頭皮に微生物や菌が繁殖します。

この微生物や菌の中には、頭皮の皮脂腺に入り込んで毛根の栄養分を食べるものもいると言われています。

また、フケや頭皮のかゆみの原因になるので良く乾かすことが重要です。

 

紫外線に長時間髪や頭皮をさらす

紫外線を長時間浴びると、髪のキューティクルが剥がれ、髪が痛み切れ毛や枝毛の原因になります。

また、頭皮の皮脂を酸化させる作用があるので、毛穴を詰まらせたり、毛根を収縮させるなど頭皮の環境の悪化につながります。

 

朝シャン

朝シャンプーすると頭皮に必要な皮脂まで取ってしまうため、頭皮が紫外線に弱い環境になってしまいます。

また、しっかりとすすぎができていないと頭皮や髪にシャンプー剤が残ってしまい、炎症を引き起こします。

 

 

 

ハゲるには様々な原因があるので一つ一つ改善することを心がけてください。

ハゲの原因の一つであるAGAは最も厄介なので自分がAGAなのかどうかを知って、しっかりと対処することが大切です。

Thumb dh5fpxbv0aatr03

GBF

Girls Beauty Face 主に女性に役立つ美容情報について書いていきます。