RanQ

Img201509191227280 e1442661885153

Apple製品初心者がいきなりiPhoneXを買おうとするのは馬鹿げている

  • Thumb ttip4o9j
  • 1
  • 200View

iPhoneXの発表もあり、これから新製品に乗り換えようと考える方も多くなるでしょう。

しかしApple製品を今まで使ったことない人が急に乗り換えるのはオススメしません。

その理由をこれから書き連ねていきます。

1 iPhoneXを買う際の注意点

iPhoneX(256GBモデル)の価格

129,800¥(税込140,184¥)

 

アイフォン一つで14万円を超えます。

更にiPhoneXではワイヤレス充電に対応するため背面もガラス仕様となっています。

そのため落とした時に画面に加え背面も割れるリスクが高いです。

かなーりお高い製品なため、AppleCare+の二年保証に入っておいた方が良いです。そうすると

 

ApplecCare+の価格

22,800¥(税込24,624¥)

 

この二つを合わせると合計164,808¥となります。

さすがにスマホ一台に16万も出すのはコスパが悪いと言わざるをえません。

スマホ一台でそこそこ性能良いノートPCが買えてしまいます。

2 iPhoneSE+MacBookAirの組み合わせが一番コスパが良い

iPhoneSE(32GBモデル)の価格

39,800¥(税込42,984¥)

 

AppleCareによる保証は12,800円(税別)となるため、SE本体価格の30%以上の値段が必要になります。

そのため保証は不要、壊れたら次モデルに買い替えの運用方法で良いかと思います。

 

iPhoneはMacとの連動機能が豊富なため、Macがあった方がiTunes含め色々と便利です。

iPhoneX単体で運用するより実際、iPhoneSE+Macbookの方が機能も用途も広がるのでおすすめします。

 

MacBookAir(128GBモデル)の価格

98,800¥(税込106,704¥)

 

これで二つ合わせても149,688¥となります。

iPhoneXを保証つきで買うより大体1万5,000円ほど安いです。

性能差はありますが、壊れるリスクなどを考えるとiPhoneSEで十分過ぎると思うんですよね。

MacBookの方にバックアップできるので、保証をつけなくても気軽に運用できますし。

 

iPhoneXの発表によってiPhoneSEが5,000円値下げしたのに対して、iPhoneXのAppleCare+保証の料金はSEの保証より1万円もお高いです。

MacBookAirに関しても、学割や公式整備済み製品、中古品を探せば更に安く手に入れることができます。

 

特に高校生や大学生など、自分専用のスマホとPCどちらも必要となった場合にはSEとAirの組み合わせが一番コスパが良いでしょう。

MacOSとIOSどちらにも慣れるきっかけになりますし、WindowsとMacどちらも使いこなせるようになる経験は早い内に積んでおいた方が良いです。

3 Apple製品に慣れるためには

いきなり最新機種を買うのはやめた方が無難でしょう。

性能を求めるとかなりお高くなりますし、Apple製品は型落ちでもそこそこのお値段で売ることができます。

まずは自分に合うかどうかエントリーモデルを試してみて、そこから拡張していくことをオススメします。

 

特にiPhoneSEはスティーブ・ジョブズの遺作となったiPhone5を踏襲してますし、同じくMacBookAirもジョブズが手がけています。

新型には及ばない点はあるにせよ、旧作にも良い点は色々あります。

むしろ新型は先鋭化され過ぎてて初心者が使うには難しい部分もあります。

例を挙げると

(iPhone7以降のイヤホンジャック廃止)

(MacBookの端子がUSB-Cのみ対応、キーボードが打ちづらい)

などなど。

 

Apple製品に慣れるにはiPhoneSE+MacBookAirが一番賢い選択でしょう。

Thumb ttip4o9j

snowman

サブカルとグルメが大好きなそこらへんのライター twitter: @Y_Minamo