RanQ


歌舞伎町No1ホストが教える〜ブスでもモテる男を落とす方法〜

  • Thumb %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 12 21 14.37.08
  • 2
  • 1389View

 

あなたにとってモテる男とはどんな人物でしょうか?

 

モテる男には、大きく分けて3つのタイプが存在します。

 

それは

①生まれ持ったきれいな顔立ちのイケメンや雰囲気イケメン

②お金持ちの家庭で育ち周りに羽振りのいい人や仕事で財を成した人

③愛嬌があり会話上手で人を楽しませることができる人

あなたが今まで見てきたモテる男にはこのどれかに当てはまる場合がほとんどかと思います。

 

私もイケメンやお金持ちと呼ばれる人は数多く見てきましたが、確かに彼らと付き合うためには他の女性にはない魅力を見せる必要がありますし、競争率も高いです。

女性は特に自分から積極的に口説くということが男性に比べると少ないですから、そういった意味では、すぐ彼氏ができるといった人でもいつも自分の理想の男性と付き合えるという人はなかなかいないのではないでしょうか。

 

もし、あなたがお世辞にもすごく美人でもないし、可愛くなかったとしても、モテる男性を虜にさせる方法があります。

 

今回は、そんなブスでもモテる男を落とす方法について解説していきます。

1 ツンデレ作戦

男というは、追えば追うほど逃げていく生き物です。

それは、相手のことが好きでもです。

なんでやねんと思うかもしれませんがそういうものです。

モテる男は追われ慣れています。

ですので、追うのではなく、追われるように仕向けてください。

女性に不自由のないモテるカッコいい男性であればあるほど追う恋が好きです。

男はよく狩猟本能があるなんて言いますよね?

狩猟本能を掻き立てて、追いたい気持ちをくすぐればモテる男性だって女子を追います。

追われて付き合うよりも、自分で追いかけて付き合った方が達成感があるのです。

 

そのためには、まずはエサをまかないと食らいついてはきません。

よく恋愛の駆け引きで使われる押して引くという技を使って彼を振り向かせましょう。

 

初めは彼を褒めたり尊敬したりチヤホヤして、連絡もほんの少し積極的に送ってみましょう。

モテる男なら「この子俺に気があるんだな。」ということに気付きます。
一定期間、彼を積極的にアプローチした後は、ピタリとアプローチをやめて、普段通りに接してみてください。
連絡も自分から送らないようにしましょう。

もし彼から連絡が来た場合は、時間をおいて返信してください。
すると、大抵の男子は表に見せないでも「あれどうしたのかな?俺に興味あったんじゃないの?」と気になり始めます。

 

ただここで注意したいのは、引くということは冷たくするということではありません。

話しかけられて無視したり、連絡が来たのにシカトなどはしないようにしてください。

気まずくなり関係が悪くなくなってしまいます。

普段通りに接するということを心がけてください。

 

2 彼を少し雑に扱う

モテる男はイケメンも多いので、カッコいいとかイケメンとかは言われ慣れています。

言われて嬉しくないわけではないですが、またかと思われ、笑顔でありがとうとかわされるだけです。

ですので、少し雑に扱うというのがポイントです。

雑に扱うというのがいまいちピンと来ないかもしれませんが、あえてその人よりもカッコいい人の話なんかをすると良いでしょう。

また、もし彼が先輩であれば普段敬語なところをプライベートな話では少しタメ口を混ぜてみたり、いじったりからかうというのも有効です。

そうすることで距離が縮みやすくなるでしょう。

ただし、よほど会話慣れしていない限り毒舌になりすぎるのも危険なので、肝心なところでは、みんなが褒めないところをさりげなく褒めるというのを忘れないでください。

イケメンの彼を落としたいのなら、内面の真面目さや素直さ、仕事に対する姿勢を。

お金持ちな彼であれば、庶民的な部分や謙虚さ、仕事の業績など。


しかもただ褒めるだけでなく、尊敬しているという気持ちを見せることで、より相手の気持ちを動かすことができます。

こういった些細なことが完璧にできる女性はほとんどいないので、ぜひやってみてください。

 

3 忙しい女を演じる

ここまでくると、彼は今まで全く気にしてなかった女子でも少し気になり始めます。


ここで浮かれずに注意をして欲しいことがあります。

それは、彼がこちらを振り向いた瞬間にわかりやすく反応してしまわないようにするということです。

女性は好きな相手を前にすると、目の瞳孔が開いたり、話す時に少し前のめりになる場合が多いので、本人が気づいてなくても、周りから見ると好きだとバレやすいです。

目の瞳孔は、心理学を学んでいたり観察力に優れた男性以外は分からない場合もありますし、ごまかしも効くので、とにかく好きだと思いっきりアクションを起こしてはいけません。


駆け引きだと気付かれれば、せっかく築き上げた立ち位置から、格下の女性へとランクダウンしてしまいます。

彼にしっかり追われるためにも、魅力的な女性になる必要があります。

駆け引きとわからないよう忙しい女性になりましょう。

学校や仕事、趣味に友達付き合いと忙しい女子になることで、彼は自分の入る隙間が欲しいと思うようになるはずです。

暇で時間を持て余している女子は、LINEの返信も早ければ、なんでも予定を合わせてくれるため、モテる男性にとっては魅力的に映りませんし都合のいい女にされやすく、大事にされにくいのです。

 

4 男心をくすぐる

いよいよ彼がこちらに好意を持ち始めている状態になったら、男心をくすぐって彼のもっと気になる女性になりましょう。

女子に頼られて嫌がる男子はそういませんので、ほどよく頼ってみてください。
ただし、あまりにもヘビーな案件を頼むと嫌がられるので、簡単にできるようなことを頼みましょう。

例えば彼がパソコンに詳しいのなら「パソコン買い換えたいんだけど、あまり詳しくなくて、教えて欲しいんだけどいい?」と頼んでみましょう。
きっと得意分野に関してなら「うん。いいよ。」と快諾してくれるはずです。

男性も手伝うことで、「ありがとう助かっちゃった♪」なんて言われたら嬉しいものですし、共同作業をこなすことでより親近感が生まれます。
ほどよく彼に頼っているといずれ「こいつは俺が付いてないとダメだな。」と思い始めることでしょう。

 

ここまでくればこっちのものです。

両思いへのステップを駆け上がってください。

5 ブスなあなたへ

もし、あなたが自分に自信がなかったとしても、人より劣っていたとしても、なんの取り柄がなかったとしても決して恋愛を諦めないでください。

 

恋することは皆に平等に与えられた権利です。

今回ターゲットにしたモテる男性、イケメン、お金持ち、また女性であれば美人というのは、持って生まれた初めから備わっていたものと思ってはいませんか?

確かに、顔が整っている人や家がボンボンであればもともと備わっていることにはなりますが、そういう人は中身が伴っていなかったり、二世であれば大きな借金をしてしまう傾向にあることが統計としてわかっていますし、なかなかいませんよね。

 

ですので、ほとんどのモテる男性は初めからモテていたわけではなく、必ずモテるための努力をしています。

身だしなみ、清潔感、髪型、ファッション、稼ぐスキル、勉強だってそうです。

これを女性に置き換えれば、たとえシジミのような目でも、5分のメイクだけでアニメのようなパッチリ二重にすることができるということです。

 

つまり何を言いたいかというと、自分磨きを常に忘れずし続けて欲しいということです。

 

まずは自分の得意な分野から伸ばしていけば良いと思います。

人間何か一つでも、人より違う得意なものを持っているだけで自信に繋がります。

その上で、あなたが今まで好きになった人がどんな女性を好きだったのか考えてみてください。

それを試行錯誤していくだけで、あなたにしかできないオリジナルの魅力的な女性へと変身できるはずです。

 

ぜひ意中の相手を落として、素敵な恋愛をしてくださいね。

 

 

もしあなたが今、出会いがなく、モテるハイスペック男子を落としたい!彼氏が欲しい!とお思いならこちらがオススメ。

 

【メンタリストDaiGo監修】運命より確実な出会いを
心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス「with」
 

 

マッチングしてからの返信率が高く、それなのに男性のレベルは高め。

さらに恋愛スタイル診断など、相性◎の女性に対して期間中、毎日10回無料でいいね!がついてくるイベントなどが多数用意されていて、今後最もホットなマッチングアプリになる可能性が高いでしょう。

 

ちなみに「with」は、Facebookを利用した安心・安全な恋愛・婚活マッチングサービスです。

「with」を使っていることはFacebook上には表示されないので、利用していることは友達にまずバレません。人気急上昇中のマッチングアプリではありますが、まだまだライバルの少ない点において出会いやすいマッチングサイトであると言えます。

 

女性は無料で利用することができますので、もし出会いがなくてお困りなら、今最も勢いのある安心安全「with」恋愛婚活マッチ を利用してみるのもありかと思います。ぜひ試してみてください。