RanQ

Dsc 5247

FIAT500の選び方はエンジンが重要!1.2Lより0.9Lターボがハイパワー!

  • Thumb 023 o
  • 2
  • 161View

 

夏のイタリア車の相性は抜群です。

中でも、フィアットの「500」(チンクエチェント)はイタリア車の入門的なモデル。

 

コンパクトな車体と余裕のある、時に過剰なほどのパワーを発揮するエンジン。

そしてその見た目の可愛らしさから日本でも人気!かなり見かけるイタリア車です。

 

クルマ好きな男性から、おしゃれな女性まで乗っている層も厚いと、個人的には感じています。

男の人が乗ってても、ぜんぜん変じゃない面白いクルマですよ!

1 どれくらいコンパクト?

全長が、3,570 mm

全幅が、1,625 mm

全高が、1,515 mm

 

 

この車体で小回りが、4.7 m くらいあります。

 

 

比較画像がありますので、こちらが参考になると思います。

 

 

これだったら軽でいいじゃん。と思うかもしれませんが、案外そうでもないんです。

次の項でわかってもらえると思います。

2 どれくらいハイパワー?

どれくらいハイパワーなのか。

軽との違いはどこにあるのか。

ここらへんは話し出したらキリがないですが、主にエンジンの違いによるところが大きいでしょうか。

 

 

こちらがフィアット「500」のエンジン性能です。

1.2LのNA(過給器なし)と0.9Lターボ、ふたつのエンジンの比較表なのですが、

主に0.9Lターボの方を見てもらえれば、と思います。

 

まず、85PS(フランス馬力)!

軽には馬力に制限があります。これについては Wiki の馬力規制について見てもらえばわかると思います。

軽は64馬力までなんですね。これに対してフィアットは約20ほど高くなっていますよね。

 

それにトルク。

軽のガソリンエンジンでは、ホンダNシリーズの10.6 kgm が最大です。

その他ターボモデルでも10 kgm くらいまでが標準といったところでしょうか。

 

そう考えるとこちらの 14.8 kgm 、軽とは違うと思えるのではないでしょうか。

 

 

ちなみに0.9Lターボは、エコモードを使用することによって、最大出力が77馬力、最大トルク 10.2kgm まで低下しますが、

低回転域でのパワーが高いので、一般道での力不足は感じることはないはずです。

低回転域でのパワーも排気量アップの嬉しい恩恵ですよね。

やっぱり軽の660ccだと厳しいところもあります。

3 エンジンの違い

先ほどの表にもありましたが、やはりハイパワーなのは0.9Lターボです。

 

この0.9Lターボ、楽しいクルマというのがもちろんのコンセプトではあるのですが、

楽しさの売りはパワーだけではありません。

なんとこのエンジン、2気筒なんです。

軽自動車でも3気筒がスタンダード。軽自動車って割と振動しますよね?

それよりも1気筒すくない2気筒!バイクと一緒ですよ笑

もうブルンブルンに振動します。車に酔う人には多少厳しいものがあるかもしれませんが、

これ、めちゃめちゃ楽しいんです!ぜひ乗ってみてくださいね。

 

あとエンジンブレーキがちょっと弱いです。この2気筒。

うまく運転すれば燃費UPには繋がるかと思います。

 

 

では1.2Lはどうなのかというと、4気筒になります。

ミニの1.5ターボでも3気筒、かなりの静粛性ですので、こちらはもっと静かに走るんじゃないかなと思います。

おしゃれな車に乗りたいってだけならこちらのエンジンがおすすめです。

価格もこちらの方が低くなりますから。

また、イタリア車とのことで故障が気になる方、いると思います。

2気筒よりも倍の4気筒ですので、故障のリスクは相対的に大きくはなります。

本当に相対的ですので、そこまで念を押して言いたいことではないのですが、恐ければ2気筒がオススメにはなります。

 

 

現状では2気筒を選ぶメリットのほうが大きいとは思いますが、

そこはお財布と乗ってみた感じで決めるのが一番です。

乗り比べないのはちょっともったいないですね。

 

4 中古車を探すのでしたら!

中古車を探すならガリバーがオススメです。

毎日多くのクルマを買い付けておりますので、毎日在庫が入れ替わります。

 

 

あなたも是非、お気に入りの個体を探してみてください!

Thumb 023 o

Motoki

大学2年生。ハッチ好き。MINI F56 COOPER D 乗り。